老人の歩行中の交通ルール違反 - 仕事、健康、筋トレ、暇

80歳前後の老人男性が道路を横断しようとして自動車に引かれそうになった!その現場を私は見ていた。悪いのは、その老人だ。

(1)信号機がある横断歩道が近くにあるのにそこまで行かないで斜め横断をした

(2)自動車が来るのが分かっているのに横断した

完全な交通ルール違反だ。面白いことにこんな場面を私は何度も目撃している。まだ、実際に交通事故で亡くなった老人は目撃していないが。

自動車は、クラクションを鳴らして老人男性に警告したのだが、その老人は無視して道路を渡り続けた。横断歩道以外の道路だ。あたかも自動車が勝手に止まってくれるかのような態度であった。こんなシニアを目撃すると何故なんだと考え込む。常識では考えられない行動であるからだ。

交通ルールを守る人、守らない人、それぞれに生き方がある。米国人的な考え方をするならば、交通ルールを守らない人は守らないことで起きるリスクを自分で取るという責任を負う。今回目撃した老人はそんな考え方をしていたとは思えない。

80歳から84歳の老人が道路横断で一番死亡事故が多い!

老人の歩行中の交通違反で事故に遭うのは、

  1. 「自動車の直前直後の横断」
  2. 「横断歩道以外の横断」
  3. 「斜め横断」
  4. 「信号無視」

である。

今日目撃した80歳前後のシニア男性は、横断歩道以外の場所での斜め横断であった。歩く姿が弱々しい印象があった。目的の場所に行くために近道をする感じで道路を横断した印象がある。

60歳代のシニアと比較すると7倍ぐらい交通違反で歩行中に事故にあっている。加齢による何らかの原因なのかもしれない。常識では考えられない行動を老人は時々起こす傾向が強い。

老人特有の事情で常識では考えられない行動をする

老人は体だけでなく精神も衰えて来ているのかもしれない。なんで、あんな行動をするのか分からない。台風の時に海や川の様子を見に出かけていく老人と似ている。私の常識では考えられない行動である。危険が目の前にあるのに危険がないような錯覚で行動を起こしている感じだ。死神に誘われているような印象がある。

70歳代の元気な知人女性に「何故、老人は交通ルールを無視して横断するのか?」を聞いてみた。こんな回答が帰ってきた。

  1. 衰えた体に楽をさせることを考えてしまう(横断歩道まで歩かなくても目の前の道を横断すれば渡れるからと)
  2. 歩行者が横断していれば自動車が勝手に停まってくれるはずと考える
  3. 視野と聴覚の衰えで信号機があるのが気が付かない
  4. 急いでいる時に道を渡るということだけに気が行ってしまい左右を注意しない
  5. 自分の都合が良いように状況を判断する

肉体と精神的理由で道路を渡る時の交通ルールを無視してしまう。常識で考える心の余裕がない。道路を渡るという目的を達成出来れば良いという方法を老人は取りがち。そこにあるリスクや交通ルールは頭にない場合が多い。

私の義父は最近介護付き老人ホームに移り住んでいる。足が不自由で座ってしまうと自分で立ち上がれなくなる。年齢が96歳なので足腰の筋肉が衰えている。ある日、彼はこんな行動をした。部屋の中で床に水をまいた。その理由が部屋が乾燥しているから床に水をまけば解決すると判断した。

常識で考えると普通の人はそんなことをしない。タオルを水で濡らしてハンガーにかけておくことを考える。義父にはそれをするだけの体力がなかった。後日、老人ホームの担当者から私達夫婦に加湿器を購入していただくよう依頼があった。

80歳過ぎの老人は道路を横断するだけでも苦労する

横断歩道で青色の信号がついている時間が短い。80歳代の老人の足では信号機が赤になってしまう場合が多い。そんな経験を一度でもすると時間内に道路を渡らねばならないという意識で頭が一杯になる老人がいる。左右を見ないで前だけを見て一生懸命横断歩道を渡ろうとする。

私は信号機がある横断歩道を渡る時、信号が青になっても直ぐに渡り始めないで一度左右を見て確実に自動車が停まっていることを確認している。信号が青から赤に変わろうとするときは走って渡れる脚力がある。80歳代の老人にはそんな余裕がない。

加齢で体力を失っている老人は常識や交通ルールよりも目前にある問題を解決することだけに気と目が行きがちになる。

この世は、不可不思議なことが沢山ある。普通の人ならばやらないことを老人はやっってしまう。交通違反で歩行中に事故にあう老人は、それが運命なのかもしれない。80歳過ぎの老人は、自分の命を大切にしない何かがあるのかもしれない。

結論

老人の歩行中の交通ルール違反には老人特有の事情がある。肉体と精神的な理由で常識では考えられない行動をしてしまう。80歳代の老人は加齢で体力を失っている。そんな老人は常識や交通ルールよりも目前にある問題を解決することだけに気と目が行く。信号機がある横断歩道よりも道路を渡るという目的を果たせる手短な解決方法を取る。交通ルール違反であると分かっていても自分の都合を優先してしまうのである。 

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。