老人は足が命だ。動けなくなったら皆に迷惑が行く! - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

自分の足が不自由になると自分が降りる駅で降りられなくなる。電車のドアが開いて優先席から身を起こし、杖を突いて立ち上がり、ドアまで歩いて行くのだが時間がかかりすぎるため電車のドアは閉まり発進してしまう。足が弱くなると動作が遅くなり周りのスピードについていけなくなる。

さらに悪くなると介護用ベッドで生活するようになる。もう、自分の身の足でカラダを支えきれなくなる。動物は、動けなくなったら死ぬ。人間も遅かれ早かれ同じ運命だ。

自分の足を鍛える事を怠ると寿命を縮め、家族の介助が必要になり負担と迷惑が発生する!

介護用ベッドを使い始めた義母の介護を初体験した。自分の足で立って身動きが出来ない苦労と不自由さを目の当たりした。自分の足で動けないという不自由さは、誰かの助けがないと何もできないという不自由さだ。

老人になってみないとこの苦しみが分からないと思う。若い人たちは、自分で歩けるのが当たり前で特別な意識をしない。ケガで松葉杖を使い始めて足の重要性に初めて気が付く。

足の重要性に気が付いていない老人ほど介護用ベッドのお世話になる。一旦、足の衰えが酷くなると足の筋力を元に戻すのが大変難しくなる。難しくなるというのは、足の筋肉のリハビリに時間と地道なトレーニングが求められるからだ。意志が強くないと続けられない。足の筋力が酷くなる前に足を鍛え始めてそれを習慣化すると助かる。

老人が目標とする足の筋力は、片足で椅子から立ち上がれる足の力だ!これができるようになるまで足の筋力を鍛え続ける。片足で椅子から立ち上がれる人は、40歳代、50歳代から少なくなる。普通の60歳代ならば、もうほとんどできない。それだけ、知らないうちに足の筋力が衰えていってしまう。70歳になれば、普通の老人は100%できない。

介護ベッド生活をしている義母の介護を経験して足で歩けられなくなった義母の口惜しさと不自由さを再認識した。来年から足のリハビリをやってくれる介護施設の担当者が毎週訪問してくれる。リハビリ担当者が提供する足の筋力トレーニングにどれだけ義母がついて行けるかだ。どのようなトレーニングをするか興味津々である。

足を鍛える事を意識している老人とそうでない老人では、日常生活で相当の違いが生まれている。同じ80歳でも杖をついて歩いている老人とそうでない老人では、生活の活動範囲が違ってくる。

足の自由が奪われた老人は、家族の介助無しで介護ベッドから這い出すことは出来ない。そんな現実があるという事を60歳代、70歳代の高齢者たちに伝えたい。介護ベッドは、自分の死期が近づいているというサインと思うべきだ。自分の足で自由に歩けることが生きていく上でもっとも重要だ。

自分の足を楽させるよりも苦労させるほうが寿命を延ばせる。エスカレーターに乗るよりも階段を昇り降りする方が足を鍛えられる。電車の中でシスにいつも座るよりも立っていたほうが足を鍛えられる。小股で歩くよりも大股で歩くほうが足の筋肉を刺激できる。いつも座っていないでアクティブに動き回る仕事をしている方が体全体に新鮮な血液を巡回させられる。足は新鮮な血液を体全体に巡回させる第2の心臓である。

足の筋肉を意識して鍛えることがアンチエイジングだ!

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。