定年退職後の第二の人生をどう考えるか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

90%運命で10%が努力

自分の人生が定年退職で一区切りする。子供頃から一般的な戦後の出世街道の線路:良い小学校、中学校、高校、大学を出て一流大企業に就職という路線を走らせられた。これが一般的な人生だとは思わない。これは一つの人生である。このような路線を走らないで自分独自の人生を送っているシニアは多い。

定年退職を迎えたシニアは、今までの人生をリセットする機会を得る。今までと類似の人生を送ることは年齢的に難しい。シニアは、年齢にあった老後の生活を自分で作らねばならない。誰かが事前に線路を引いてそこを走りなさいと言ってくれない。

65歳まで再雇用されてもその先には今と同じ問題が待っている。第二の人生は、自分で作らねばならない。(故)松下幸之助氏が人生は90%の運命と10%の努力であると言っている。

定年退職がある人生を送ってきたシニアはそれが運命であり、その後は10%の努力で自分の老後を開拓するしかない。

90%の運命と10%の努力(松下幸之助)で第二の人生を開拓する

残り10%の努力が運命を切り拓くという東洋経済オンラインの記事を読んだ。人生60年を過ぎてその意味が分かるような気がする。自分の人生を振り返ってみれば、自分で全てをナビゲートしてきたとは思えない。あまりにも不思議な転機が何度も発生していた。転機は自分でコントロールできない。

自分の意志でこの世に生まれてきていない。生まれてきた家庭も選択できない。生まれてきた時代も環境も選択できない。最初から生きて行くための諸条件が決められて生まれてきている。

ある人は、口に銀のスプーンをくわえて生まれてきた。ある人は、貧困の家庭に生まれてきた。私の両親は、第二次世界大戦を味わった。そんな時代で生きてきた。自分たちで選択できる状況ではなかったはずだ。

60歳を過ぎて第二の人生を歩み始めているあなたは、90%の自分の運命と残りの10%の努力で第二の人生を満足が行くように生活をしていかねばならない。

会社を定年退職して困るのは、毎日行く場所がない事だ。会社勤めの頃は、こんな事を考える事はなかった。毎日が日曜日である。朝日新聞の社員採用募集ページを眺めながら仕事を探すが、60歳を越えたシニア向けの仕事は(自分が望む仕事)はない。

第二の人生は、10%の努力で切り開かれる。60年間の人生経験から何かをあなたは学んだはずだ。学んだ中から何か役に立つ経験や知識があるはずである。他人があなたを雇用してくれなければ、あなたがあなたを雇用すれば良い。そんな選択が目の前にある。

10%の努力は、自分の残りの人生を自分で開拓する努力ではないか。そう、考える事が出来ないか。ちょっとしたアイデアに自分の人生経験や知識を合わせれば、何かが生まれるのでは。アイデアがあれば、そのアイデアで仕事が作れるかを知人、友人に相談して検討する。

最終的には、自分がこれならばやってみたい!という気持ちになるかだ。新しい事への挑戦と好奇心が情熱と面白さを生み出す。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。