どこに新規ビジネスの種が隠れているのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

Old soldiers never die, they just fade away.

Old soldiers never die, they just fade away. 
「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」ダグラス・マッカーサー元帥が米議会で演説した有名な言葉である。

いつも横浜の街中を歩いて感じる事は、シニアの方々が残り少ない時間を無駄に過ごしている姿である。全てとは言わないが、まだ現役で働ける人たちが大勢いるのにその機会が与えられていない。60歳を越えて会社を定年退職して次に何をしたいという目的がある人は別である。

今のビジネス社会で探し求められている「経験という情報」見つからない。全てシニアの人生に閉じ込められている。宝の山が未発掘されているのと同じである。

シニアの経験にある新規ビジネスの種

企業は絶えず新しいビジネスの種を探している。そのために新規事業部という部門を作る。新規事業部に所属する社員は、今の会社組織では実現できないビジネスをしたい社員と会社の上層部が決めた新規分野を開拓する社員の2タイプである。

若い社員が中心で色々な試行錯誤が行われる。

どちらの社員も新規分野に関する情報探しを行う。出来るだけ現状を把握したいからだ。そして、出来るならば新規ビジネスを立ち上げる上でどのような体制と準備が必要かを見極めたい。所属する会社にとっては新規分野かもしれないが、既にその分野でビジネスを展開している会社にとっては既存ビジネスである。

新規分野への参入は、差別化が必須である。それも、優位性が抜群にないと新規ビジネスとして参入も出来ない。既存市場の問題点を解決するだけでなく新しい市場をも作り出すぐらいのインパクトが必要だ。

定年退職したシニアの中には、あなたの会社が新規参入したい分野でビジネスを展開していた元社員がいる。彼らの経験は、新規ビジネスをこれから検討する会社や社員にとって貴重な道しるべ情報になる。

特定の経験を持ったシニアは、探しても見つからない貴重な経験値を持っている。紙やデータベースで探す情報よりも現実味がある情報を提供してくれる。定量的な情報を提供する会社の情報サービスよりも具体性があり、隠れた問題点や改善点などが分かる。

問題は、多くのシニアはインターネットで自己アピールをしていない。人づてで求めていたシニアにたどり着くというのが現状である。多くの人材ビジネス会社は、シニア人材を登録させて企業のニーズに合うシニアを紹介する、または、顧問として派遣するサービスを展開し始めている。

企業側も人材紹介会社からの紹介ならば信用度があるから安心してサービスを検討する。

ただ、

新規ビジネスを模索している会社にとっては、どうだろうか。求めているのは、新規に参入する分野で経験を積んでいる経験者である。ヘッドハンティングをすれば良いが、そう都合良く出来ない場合が多い。

一方、シニア(OB社員)で自分の経験を生かして働きたいという人ならば直ぐに企業のニーズを満たせる。インターネットのおかげでウエブで情報を発信しているシニアは検索でヒットされやすい。そんな事実を知らないシニアが多いのも確かである。

宝の山が自ら情報を発信していない。情報発信をする事で良い出会いが生まれる。人材紹介会社などに登録しないでも自分で自分をアピールするホームページがあればそれで解決する。私は、これからNPO団体のグループで自分の経験やキャリアをウエブでアピールしたいシニアのためのホームページの「場」を提供しようと思っている。

興味がある方は、お問い合わせ頂いてもかまいません。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。