定年退職後の生き方、1番先にやるべきことは! - 仕事、健康、筋トレ、暇

シニアの仕事

会社の上司や先輩は、既に年金受給者になっている。私と同期の同僚たちは、65歳までどこかで働き続けなければならない。

元上司や先輩たちはどのような生活を送っているのだろうか。新しい仕事を探して働いているのだろうか。

興味津々である。私が知る限り会社を設立して何かしらビジネスをしている人が多い。または、大学などで非常勤講師になったり、NPO団体の理事などをしている人が多い。自分の老後を考えるときに先輩たちのライフスタイルが参考になるのではないか。

会社を退職した上司や先輩がどのような生き方をしているのかを探る!

一人社長の会社でニッチビジネスを幾つも開拓してトライアル&エラーをしている人を知っている。アンテナを高く広くあげて引っかかってくるビジネスチャンスを探している。多くは、年金で生活に困るような状況になっていない人たちである。

だから、生きがいとして自分がやれる仕事を作っている。または、自分のキャリアや技術が生かせる場所に身を置いて何やら仕事をやっている。 

会社を定年退職して会社で働く機会がないシニアには、フリーランスとして自分が出来る事を見つけてお金を稼ぐ道しかないと私は思っている。普通の会社は、60歳を過ぎたシニアを普通に雇用しようとはしない。雇用するとするならば、その会社社長と懇意な方か、特別な技術を持っているシニアだけだろう。

自分の仕事を作り出すという道

「チャンスは自分で作るものだ!」と人は言う。確かにそうである。自分が動かねば、何も起こらない。定年退職後は、他人に頼る生活ではなく自分の生きる力に頼る生活を求めるほうが良い。老いてきたシニアを雇用するよりも若者を雇用したほうが使いやすいからだ。

シニアに残されたチャンスは、自分で始めるビジネスで生きがいを作り上げることである。他人に頼って声をかけてくれるのを待つ生活は、残りの人生を台無しにする。

私の上司や先輩は、好きなことで自分を雇用している。年金を受給しているので最低限食べていける。食べていけるだけの生活はつまらない。生きがいは、好きなことに挑戦して自分でチャンスを作ることから生まれてくる。元気で健康な体がある限り、チャンスは与えられ続けられている。

そのチャンスを拾い上げて挑戦するか、しないかが定年退職後のシニアの選択肢としてある。元上司と先輩の生き方を見て、起業という道に入っていくシニアが多い。

やりたかったことでビジネスを考える

年金収入があれば、最低限の生活は保証される。足りないお金を起業することで補えれば良い。自分で小遣い稼ぎができれば年令による制限がなくなる。パートやアルバイトの仕事を得ても年齢が70歳をすぎれば雇い止め。そうなれば、もう他人に頼れなくなる。

時間の問題でそんな時期が来る。それを回避するには自分で仕事を作るしか無い。それも好きなことで仕事を作ることである。好きなことを追求していくことでその周辺にビジネスになるヒントが隠されている。好きなことをやりながらビジネスチャンスを試行錯誤で試す。シニアにはその余裕がある。貯蓄と時間である。

70歳を過ぎれば、誰も雇用してくれない。仕事は自分で作るしかなくなる。これが分かっているのであれば、今から好きなことで仕事を作れないかを検討すべきである。

起業を考えているシニアたちの集まりに参加する

起業したいが、何から始めたら良いのかが分からないというシニアが多い。そんなシニアはこんな事から始めると良い。

  1. ビジネスアイデアを10件書き出してみる
  2. 各アイデア別にターゲット市場があるか、ないかを調べる
  3. 類似のビジネスがターゲット市場にあるか、無ければ何故無いのかを調べる
  4. ターゲット市場にいる潜在的なお客を営業する方法を書き出す
  5. ここまでビジネスの概要が作成できたら、起業を考えている人達の集まりで自分のビジネスについてコメントや批判をもらう

各都道府県や市町村で起業を支援するセミナーや支援団体があるので相談をしてみる。関東では「起業・経営支援の銀座セカンドライフ株式会社」が開催しているセミナーや交流会がある。

■1 【無料・東京都】シニア起業セミナー(5回)、オンラインで実施します!
■2 【無料】起業セミナーを2種類、オンラインセミナーで実施します

https://ginza-entre.com/event-list/?so=date&scat=online-seminar

このような会合の場で自分のビジネスプランをぶつけて他の起業家はどう考えるのかを聞く。色々な情報が得られる。

結論

60歳で定年退職する人は65歳まで再雇用という選択を取る人が多い。給与は半分ぐらいになるがリスクなく今までの生活が後5年間続けられるという安心感でそうなる。65歳になるまでに次にやるべきことを準備できればよいのだが、それが出来ない人が多い。

自分を雇用するという起業を考えて実行するシニアが最近増えてきている。生きがいは自分がやりたいことで生まれてくるからである。好きなことでお金を稼ぎ、生活リズムを作れればそれが老後のライフスタイルになる。これが出来る機会は定年退職後しか無い。60歳代で始めるのがお勧めである。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。