会社を離職した時、本当の自分の価値が分かる? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

50歳代、60歳代で会社を離職した時、誰もが自分の価値を再考する。大企業を離職した人は、今までのキャリががそのまま今の自分の価値を示すと思い込んでいる。会社組織から離れた自分は、就活の大学4年生と何か違いがあるのだろうかと考える。共通なのは、就職できていないということだ。違う点は、会社組織で働いた経験があるかないかだ。

会社組織で働いた経験が自分の価値を生み出すのだろうか?

会社で働いた経験豊富なシニアから会社を取ったらどこに価値があるのか?

60歳を過ぎたシニアは、仕事を探している。定年退職をしたシニア、リストラにあった高齢者、何らかの理由で会社から解雇された中高年。生きて行くために仕事を探している。

再雇用を前提にしたモノの考え方で自分の価値を雇用先に売り込もうとする60歳。シニアの価値観と雇用先の価値観でズレが生じているのに気がついていない。雇用する会社側は、今あなたが出来る事と会社が求めていることを比較する。過去の会社の業務履歴は参考程度だ。他社で経験した業務歴がそのまま応募先の会社で使えるとは会社側は思っていない。

60歳定年後、または、リストラされた中高年は、賞味期限が切れた労働者でしかない。

60歳代のシニアを一人雇うならば、20歳代の若者を二人雇用する方が望ましいと考える経営者が多い。雑多な社会経験を味わった大人よりも白紙に近い若者のほうが教育しやすいからだ。この事は、経営者側に立った経験がある方ならば誰もが考える。

時代は、少子高齢化で労働者不足に向かっている。飲食業界や建築・土建業界では年齢よりも人手が欲しいと探している。介護業界もそうだ。自分たちのビジネスに都合が良い労働者を探している。誰もが嫌がる使い捨てにされる労働、危険が伴う労働、動かす手があれば良い簡単な労働、雇用される人の長所を上手く活用しようと考えない単純労働が多い。

過去の会社組織で歯車として働いていた人ほど一人になった時に無力を感じさせられる。歯車では何も出来ないからだ。

朝日テレビの番組「就活家族」を夫婦で毎週見ている。主人公(大手鉄鋼メーカー・日本鉄鋼金属で人事部長を務める富川洋輔)は、役員職に昇格する予定であったがリストラ業務の中で自分に好意を寄せる女性社員によって会社を退職することになる。

退職して新しい職先を探すのだが、大企業のラベルが剥がれた本当の自分の姿を目の当たりにする。過去の業績が何も評価されない。大企業の管理職でさえ難しい再就職ならば、中小企業の社員の再就職はもっと難しい。それが、リストラや定年退職のシニアであれば、ますます、大変になる。

会社員ならば、誰もが経験する定年退職(上手く勤め上げられるならばだが)なのだがその先が今までの人生の集大成になる。定年退職後の自分が自分の人生の集大成になっていなければならない。会社で長年経験したスキルと知識、そして、業務経験が一人で生きて行く上で活用できるようになっていなければならないのだ。

会社で働いた経験という自分のリソースを使って一人で生きていける方法を作り上げなければならない。60歳代、70歳代、80歳代の世代は、定年退職=働かないで老後を楽しむという夢を抱いていた。そんな人生のキャリアがサラリーマンの人生であった。

時代とともに生活環境が激変し、会社員の楽園のような夢が壊れ、働かないと生きていけない現実が突如現れた。大企業のシニアと言えども、優雅な暮らしはできない時代だ。食べていけるが余裕が無いという大企業OBが多い。中小企業のOBならば、働かないと食べていけないという状態だ。

自分のリソースからお金を産ませる仕組みを作り上げるシニアは、今の時代を生き延びられる。生き延びられると同時に生き甲斐も獲得することが出来る。

リストラにあった中高年、定年退職後のシニアは、自分のリソースからお金を産ませる仕組み作りの試行錯誤をしなければならない。これをやらないと使い捨てのシニア労働者でしか無い。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。