これから求められるシニアの仕事は何か? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

社会との接点をつなぐために仕事をするシニアが増えている。年金で生活が可能な65歳以上の高齢者ならば、十分可能である。どのような仕事で社会との接点を持とうとしているかは個人差がある。今日、日曜日の朝日新聞のシニア人材募集ページを見るとマンション管理関連の募集が多い。その次にビル清掃、警備、介護と続いていた。

10年前とあまり変わっていない!シニア人材の新しい働き口は増えているのだろうか。

シニアは人間しか出来ない新しい仕事を作り出すしかない!

既存の企業は、わざわざシニアのために仕事を作り出さない。若い人が嫌う仕事、人が集まらない仕事にシニア人材を募集する。既存の企業ニーズをベースにしたシニア向け仕事は、過去の発想から離れられない。

団塊世代を中心とした高齢化社会は、もう一度、団塊世代に一肌脱いて頂くしかないのかもしれない。次の世代が高齢者になる時に団塊世代がシニアのための仕事を作り出して後に続く高齢者に見える道を構築することで社会貢献が出来る。

AIやロボットなどの技術革新で社会は人情味がある生活から感情が感じられない冷たい社会に向かっている。効率と利便性を追い求めるとAIとロボットに人間がやる仕事を代行させるようになる。これからは、シニアだけでなく一般労働者も仕事を失い始める。

これから求められるシニアの仕事は人間らしい仕事

もっと人間らしい仕事に労働者を移動させないと失業者がうなぎのぼりに増えていく。そんな世の中を推測できる今、比較的時間とお金に余裕があるシニア層が、積極的に人間らしい、人間しか出来ない新しい仕事を創造すべきだ。

多分、私と同様なことを感じているシニアが大勢いるのではないだろうか。

頭で感じ、言葉だけで訴えるのは誰でも出来るが、アクションに結びつけるにはシニアのリソースをシニアの体力で活用できる新しい発想を見つけるしか無い。今のシニアは、使える現代のツールを活用すべきだ。インターネットは、日常生活の情報流通路になっている。スマホを使えば知らないうちにインターネットを使っている。

インターネットの使い方を学ぶことは、シニアにとって必須になる。

インターネットを使って人間味を売る仕事が出来ないか。こんな仕事で会社を作っている人達がいる。レンタル家族サービスである。便利屋サービスの一部メニューになっている。このようなサービスは、人間でしか出来ない。シニアがレンタルシニアサービスを展開できないか。既にやっている業者もある。

シニアの発想でシニアのリソースを活用すれば、シニアの強みを出せるようになる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。