シニアが出来ることは自分の健康寿命を伸ばす事ではないか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

杖をついて歩いている老人が目立っている。老人になると個人差が健康面で目立ち始める。若い時には思ってもいないことだが。初めて老人になった時に気がつく。動物は、杖をついて歩けない。人間だけだ。その分だけ長生きが出来る。

老人は社会の負担になるが、その負担を軽減できるようにする方法がある!

老人が社会の負担になり始めるタイミングがある。普通の生活が自分でできなくなる時だ。自分の力で動けなくなる時がそうだ。普通の生活をするには、他人の力を借りないで動き回れる足の力が必要だ。その足の力が衰えた時、杖を使って歩くのだが不便だ。

足の筋肉を鍛えないと時間の問題で歩けなくなる。他人の力を借りて(車いす)動かざるを得ない。これは、自分以外に負担が行く。動物は、自分で動けなくなった時点で死を意識する。人間も大昔は動物と同じ運命にあったと思う。自分の足で動けるということがどんなに重要なことであるかがわかる。

シニアが社会の負担になる原因:

  • 自分の足で動けなくなる。
  • 認知症
  • 体の障害や病気
  • 年金だけでは生活できない(生活保護に頼る)。
  • 孤独からくる精神障害

この中で自分でコントロールが出来る項目は、足で動けるようにする事とお金を稼ぐ事ぐらいしかない。体と生きていくためのお金だ。老人が、死ぬまでお金を稼げれば生活費の面で問題はなくなる。老人がお金を稼ぐには色々と知恵を働かせねばならない。誰もが出来るものではない。個人に依存する。

でも、

自分の足で身動きを出来るようにすることは、足の筋肉を鍛えればよい。これは、誰にでも出来る。やり続ける意志があれば、誰にでも可能だ。足の筋肉は、使わないと自然に衰えてくる。歩かないシニアの足は、筋肉が時間とともに減少していく。

自分の健康寿命は、まず、足の筋肉を鍛えることから始まる。

身の回りの世話を自分でできれば、社会の支援を受ける必要が少なくなる。身動きが普通にできれば、働く機会さえあれば、生活費を稼げる。持病などで健康障害がある人は、社会の庇護で生きていく選択しかない。そうでないシニアは、社会の負担をできるだけ軽減するために自分の健康寿命を伸ばす活動をする。できれば、働き続けることだ。

働くことで新しい生きがいや喜びが生まれる。時代は、少子高齢化で人口が減少し始めている。シニアも労働者として社会は求め始めている。引退生活を遊んで暮らすのはやめよう。遊んで暮らせるだけの金融資産や年金がもらえても社会負担を軽減するために困っているシニアに手を差し伸べよう。

まずは、他人のお世話にならないで他人をお世話する立場になれるよう自分の健康寿命を伸ばし、シニアの労働者になることだ。シニアはシニアなりの労働環境を作る必要がある。体力が衰えているシニアに普通の労働者と同じ労働はできない。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。