Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

高齢者が若い人たちと一緒に人生を楽しむ事がないか探してみた。

高齢者と若者たちとの接点は少ない。どちらかが意識的に接触を持とうとしない限り高齢者は高齢者でグループを作る。若者は若者たちと。世代を越えた交流は自然に生まれてこないように見える

Pokemon Goは、スマホを使っていない高齢者には無縁な遊びであったが使っているシニアは多少なりとも若者たちと同じトピックで話が出来たようだ。でも、決定打の方法ではない。

seattle

多世代の人たちと自然に会話が生まれる設定・環境が必要だ!

続きを読む...

何処のスターバックスでも祭日や週末は、混む。長居をするお客が多い。そのため、入り口にメッセージ・ボードが置かれている。「祭日や週末は混雑をしますので勉強や仕事での長居はご遠慮ください。」午前10時現在、まだ席は空いている。starbucksの朝は、混まない。混むのは、ランチ時間を過ぎた頃だ。特に午後3時頃が酷い。

祭日や週末をスターバックスでゆっくりしたいならば、午前中がオススメである。

どんなお客がいるのか?

続きを読む...

今日は、家内の要望で逗子・葉山近くにある佐島マリーナホテルでランチを楽しんできた。平日の月曜日だ。宿泊客以外にランチをしているのは私たち夫婦だけだった。レストランは、こんな感じだ。このレストランで接客をしてくれたシニア男性の印象が良かった。私の年齢以上、65歳以上では。レストランでのサービスはロボットなんかではなく人間にやってもらいたいと思う。

sajima marina hotel

AIに取られない職業として接客業がある!

続きを読む...

61歳になって皮膚の老化が目立ってきた感じがする。紫外線を多く受けてきた手の表面にシミのような褐色の平たい”できもの”が目立ってきた。小さいが数が目立つ。お風呂に入る前に洗面所の鏡に映った自分の脇下の一部に同じような”できもの”が3つほど見つけた。ちょっと、目立つので皮膚科クリニックに行って相談した。

senile warts

老人性いぼ、または、脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)Senile Warts

続きを読む...

今朝、横浜駅に隣接しているそごうデパート3階にある広場で多くの高齢者集団を見つけた。リュック、帽子、運動靴、ジャンパーの姿で地図パンフレットを持っていた。ウォーキングのグループ団体だとすぐに分かった。

男女ともに同じぐらいの割合だ。年齢的に70歳以上の高齢者が多い。健康を意識して歩く老人が増えているのだろう。どうせ歩くならば皆で一緒にという事だろう。紅葉の季節である今頃は、自然を楽しみながら歩くのが老人にとって一番健康に良い。電車に乗ってハイキングコースがある場所に移動し、散策を始めるのだろう。

そのために駅に隣接しているそごうデパートの3階広場に集合していたのかもしれない。

歩け歩け運動を推進するKWA-神奈川県ウオーキング協会

続きを読む...

家内の両親は90歳と85歳の夫婦である。毎年春と秋にドライブ旅行に連れて行っている。宿泊先のホテル料金は別々に清算している。私たち夫婦はAMEXでクレジットカード支払いをしているが、両親は現金での支払いだ。今までのドライブ旅行で両親がクレジットカード支払いをしている姿を見たことがない。

60歳代の私にとってクレジットカードは、普通に使う決済道具だ。高額の買い物ならばクレジットカードを使うのが習慣になっている。一方、両親はいつもキャッシュを持ち歩いている。旅行先ではいつも部屋にある金庫に大金を入れている。 

クレジットカードが作れない、作らない、知らない、仕組みが分からない!

続きを読む...

家内の両親(90歳と85歳)を伊豆今井浜東急ホテルでゆっくり過ごして楽しんで頂くドライブ旅行を企画した。既に杖なく自由に歩ける体ではない。それで部屋のベランダにある椅子で海や砂浜を眺めながら自然を味わってもらう事にした。私たちよりも先が短いので一緒にいる時間を作りたいと思って企画した。

まだ元気な内に私たち夫婦で出来ることをやってあげたいということで每年春と秋にドライブ旅行に連れ出している。

美味しい食事と自然を楽しむ旅行は高齢者向き!

続きを読む...

若い人たちから「年寄り」と呼ばれ始める年齢になると今まで知らなかった、分からなかった高齢者だけが知る事実を体験し始める。この現象は、いったい何なんだろうかと戸惑いが始まる。一番最初に気が付いた事は、左手の人差し指にこわばりが生じたことだ。

高齢者になると理解できない体の変化に気が付き始める。良く言われる事は、「今まで出来ていた事が出来なくなる!」という言葉だ。自分自身がシニアと呼ばれる年齢になってその意味が肌で理解できるようになった。今までその言葉を言っている人の意味が良く理解できなかった。

肉体的な事だけでなく精神的な面でも・・・

続きを読む...

ヨーロッパで有名なチョコレートブランドがある。Lindt(リンツ)というブランドだ。Lindtの看板チョコレートにLindor(リンドール)がある。球型チョコレートで一度食べると忘れられないほど美味しいチョコレートだ。1つ、100円ぐらいする。このリンドールチョコを無料で頂ける方法がある。

海外食品雑貨を専門に輸入販売しているKaldi(カルディ)というお店チェーンがある。カルディは、海外食品雑貨を比較的安く購入できるお店だ。このお店では、コーヒー豆の販売もしている。このお店の入り口では、美味しいコーヒーを無料でお客さんに手渡している。

美味しいチョコとコーヒーを楽しむには

続きを読む...

自宅にある古いノートパソコンが突然起動しなくなったという問題で困ったシニアが多いのではないか。ノートパソコンを使う事が出来るがノートパソコンの事に詳しくないシニアが多い。そのため、いつも使っているノートパソコンがいつも通り動かなくなるとお手上げになる。多くは、ネットでパソコン修理サービスの問い合わせをする。調査だけでも最低5000円はする。修理を依頼すると数万円以上を請求する場合が多い。

今時数万円を支払って古いノートパソコンを生き返させるよりも新しいノートパソコンを購入したほうが良いと考える人がきっと多いはずだ。問題は、動かなくなったノートパソコンの中に保存してあるデータだ

故障したノートパソコンHDDを取り出す!

続きを読む...

会社人生は、55歳でほぼ終わる。長くても65歳までだろう。多くは、55歳で第二の人生キャリアを模索しなければならない。どうせ、第二の人生キャリアを模索するならば、一生続けられるライフワークを探せば良い。そのライフワークが仕事になればそれが一番だ。

ライフワークが仕事になると言っても自分のライフワークが見えていないと出来ない。

自分が望むライフワーク

続きを読む...

65歳になると嬉しい事がある。年金をフルで受け取れることだ。65歳になったら年金生活を送るか、仕事を継続してもっと豊かな生活を送るかの決断をする必要がある。問題は、65歳時に現在の仕事を継続できるかどうかだ。会社勤めをしているならば、契約更新が出来ればぜひ仕事を続けたほうが良い。

仕事を継続できない状況ならば、大きな決断をする必要がある。

65歳は老後の生活をどの様にするかの岐路に立つ!

続きを読む...

50歳代の時は、新しい事をやる気力が体中に湧き出ていた。60歳代になったら、そのやる気が減少してきている。そんな感じがある。これが、70歳代、80歳代になったら今よりも新しい事をやる気力が少なくなると想像できる。

体力が落ちて静けさを自然に求め、人混みを避けた生活を送り始める。これは典型的な老人の生活だろうか。

歳を取ってきたら1年に一つ新しい習慣を身に付ける

続きを読む...

55歳になると会社から第二の人生を考えるように指示が出る。第二キャリアを模索する研修も提供される場合もある。この時点で会社は、55歳になるあなたに会社の立場を教えている。あなたは、60歳で定年退職ですよ。契約社員として働くオプションもあるかもしれないが、一部の社員だけだろう。

60歳になる前に自分の第二の人生とキャリアを模索して方向を決めなければならない。 

5年かけて副業の基盤を作ることだ!

続きを読む...

「今年5月に結婚した長男」の嫁の誕生日を祝う食事会を今月予定している。嫁の両親が息子の誕生日を祝う食事会を先にしてくれたからだ。新しく生まれた新婚と顔を合わす機会を増やすのはお互いの両親にとって自然な成り行きではないか。誕生日の食事会は、良い口実だ。

新しい嫁を迎えて私達の生活が変わったということはない。一緒に生活をしていないからだ。 

新婚さん、こんにちは!

続きを読む...

自分には、友達という人がいない。知人や仲間はいる。ただ、友達と本当に言える人がいない。学生時代に同じ地域で生活をしていれば、幼馴染や中学校、高校の友達関係が続いていたかもしれない。生憎、中学校から大学まで同じ場所で生活をしていなかったため、学生時代からずっと付き合いをしている人がいない。当然、個人差がある。社交的な人はどこで何をしていても友達を作るのがうまい。

私個人の観察からインターネット業界で個人事業者(フリーランス)として働いている人に友達と言われる人がいないのではと感じる。

仲間、知人は多いが友人は出来にくい!

続きを読む...