Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

老いてくると体に異変が起きる。私の場合は、今までにこんな事が起きた。

  • 朝起きた時に手の指が強ばる
  • 左手の人差し指がばね指になる
  • 両肘の筋が痛くなる
  • 今まで無かった腰痛が朝起きた時にある
  • 初めての椎間板ヘルニアになる

こんな異変は、55歳を過ぎた頃から少しずつ起きてきた。体の異変が老いから来るとは思っていなかったから驚いた。

医者は出来るだけ体を動かせと助言する!

体が不自由になる年齢になると旅行に行きたくても行けない。自分でもう旅は出来ないと思い込んでしまう。多くの高齢者は、足が不自由になると外に出なくなる。心の中は、自由に外に出て新鮮な空気を吸いたいと思っている。

NHK | 世界ふれあい街歩き 私は、世界ふれあい街歩きの番組を定期的に録画して見ている。まだ、訪問したことがない国の街を紹介してくれる。足が不自由でなければ、こんな国に行ってみたいと思っている人が大勢いるはずだ。そんな人たちのための旅行パッケージがクラブツーリズムから提供されている。

杖、車椅子で楽しむバリアフリー旅行

ぎっくり腰になって治り始めたら、今度は左足にしびれが出始めた。初めての症状で慌てている。特定の角度でかがむと痛みとしびれが左足に走る。 インターネットで色々調べた。座骨神経痛、椎間板ヘルニアなどが原因として説明しているサイトが多い。

しかし、どうも別の原因がありそうだ。

仙腸関節の不具合、ロックが原因かも!

AppleのiPadやiPhoneに搭載されているSiriやAmazon.comで販売されているEchoなどが事例である。声で聞けば探している情報を音声で答えてくれる。これは、まだ初期段階の人工知能だが数年のうちに精度が高い家庭向け人工知能製品がやって来る。

AmazonのEcho製品はこれからの流れを変える!

loneliness fight

中小企業の優秀な製品やサービスを海外に知らしめる海外ポータルサイトが順調に機能し始めている。海外ポータルサイトを開設してからもうすぐ1年になる。最初は慣れないため運営面で立ち後れ気味であったが、時間に追われないシニアのNPO団体であるため地道な努力が実を結び始めている。

外国語が分かる、貿易が分かる、海外経験豊富な高齢者人材

1ヶ月1万円のお金が黙っていても降ってくるとしたら、何に使う事が出来るだろうか。6ヶ月前に始めたクリック広告ビジネスサイトで1ヶ月1万円を稼げるようになった。1万円を30日で割ると1日333円になる。この金額は、スターバックスでコーヒーを2杯飲める金額だ。

1ヶ月1万円から10万円に稼ぎを増やす!

time

新潟の田舎にオアシスホテルがある。1泊2800円。ゲーセン、トースターサンドイッチ自動販売機など古き時代の生き残りが見つかる。そんなオアシスホテルを憩いの場所にしている男たちが多い。多くは、人生の終着駅に向かう途中にいる人たち。60歳前後の男性が登場する。私も60歳。彼らの気持ちが分かる。

NHKドキュメント72時間「田んぼの中のオアシスホテル」の定点観測ドキュメント番組は、私にとって違う人間の世界を垣間見せてくれる。そして、人生を考えさせてくれる。 

憩いの場所を求めてやって来る人たち 

yawn

あくびは声を出さない「コーヒー!」の叫びだ。

横浜駅近くのスターバックスでウエブサーバーにつなげて仕事をしている。60歳過ぎのシニアがコーヒーを飲みながら何やら仕事をしている。そんなシニアを多く見かける。やっと、会社という組織による時間的制約とストレスから解放された人たち。自分のオアシスを求めてスターバックスにやって来る。

時間が過ぎていく。51歳の時に起業した時は、体力とか、年老いるとか、意識も気にもしていなかった。60歳になって自分の体がかすかに壊れ始めてきている。

60歳から70歳、70歳から80歳までの各10年間

定年退職で組織から離れた状態は、一人の子供のようなもの。学校に入る前の子供は、遊び相手がいない。一人で遊ぶことになる。子供であれば、母親が同じ年頃の子供と遊ぶ機会を作ってくれる。近くの公園に行けば、子供連れの親子がいる。

しかし、

遊びが一緒に出来ない高齢者は孤立する!

good for health

グリコから高濃度ビフィズス菌飲料Bifix1000(ビフィズス菌が1000億個)が今年の3月から販売されている。近くのスーパーなどで手ごろな価格で手に入る。腸内フローラの環境を良くすると健康が改善される。腸内に善玉菌を増やすことで私たちの体調を良くしてくれる。乳酸菌などの善玉菌は腸内を酸性にして細菌の繁殖を防ぎ、乳酸菌自身も酸性の環境で増殖する。

ビフィズス菌で体調を整える(加齢と共に低下する体内ビフィズス菌)

60歳以上の男女で仕事を探している人は多い。特に、夫と死に別れた女性や独身の女性は大変苦労している。その苦労は、男性の倍以上だろう。高齢者は、年齢、体力、時代に合った一般スキル(パソコン操作)、柔軟性、健康などの面で若い年代の就労者に負ける。これらのハンディを越える何かが求められる。

横浜の街角でアンケートをとっている年寄りの女性

年金で生活できない方を除いて経済的に食べて行くのに不自由しない人は、残りの人生をどのように考えているのだろうか。この状態は、毎日が日曜日の状態になる。働く必要も無いので収入がゼロでも生きて行ける。

収入を気にしなくていいなら、何をするか?

あなたの得意なことは何か?

street train in hiroshima

ドキュメント72時間が取り扱う内容は、色々な人の人生を垣間見させてくる内容が多い。昨日見た「路面電車に揺られて」は、広島の路面電車を定点観測している。緩やかに時間が流れるように広島の住民は路面電車を楽しんでいる。生活の一部になっている路面電車が人生の一部のように感じた。

路面電車の中は見知らぬ人の人生の交流の場

 会社が不景気になると経費節約、削減、そして、人件費を抑えるアクションを取り始める。真っ先に50歳代の社員が早期退職の対象になる。会社は、経営を維持するために社員を首にせざるを得ない。誰もがそれを求めていないのだが、背に腹はかえられないと言う事情がどうしても生まれる。

どっちみち10年後には定年退職の身にある50歳代の社員は、今から自分でお金を稼ぐ経験を積む必要がある。自分の力で1円でも良いから稼いだ体験があると新しい人生を開拓できる自信になる。

50歳代、60歳代の人は他社で雇用されにくい現実がある!

The Boy and The Beast

日本を代表するアニメ映画としてジブリの映画は世界中で知られている。スタジオ地図の最新アニメ映画「バケモノの子」は、このジブリの作品を継ぐ。是非、この夏に見てもらいたい。60歳の私でも見ながら心に伝わる親子愛と人(バケモノ)を思う情が伝わってくる。涙が自然と湧いて目頭を潤した。

ジブリやスタジオ地図製作のアニメ映画には奥深い所にメッセージがある!

高齢者世帯の所得の9割が年間500万円以下であるとは、驚いた。年金だけではこの金額には至らないので金融資産を上手く運用しているとか、投資先からの収入があるとか、自分でビジネスをしているとか、不労所得を得られる何かの仕組みを作っているとかだろう。

多くのシニア世帯の平均年収は、年金だけの場合が多いので200万円ぐらいだろう。

稼げる年齢のうちに出来るだけ稼ぐ!