シニアの婚活の結果として「通い婚」と「週末婚」もある - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳を過ぎると離婚する夫婦が多い。定年退職離婚だ。健康寿命が伸びるとシングルのシニアが増えてくる。これは避けられない。人間の運命はわからないからだ。伴侶が不幸にも先に他界したとき、一人で生きていかねばならない。男性、女性ともに抱える問題は孤独だ。

定年退職離婚と伴侶の他界で元気なシニアがシングルライフを始めるが、孤独とどう戦うかだ。1日に会話をする機会が激減する。会話のない生活は、寂しい。何か心に隙間風が吹いているような感じになる。

孤独を和らげるには、新しい人生のパートナーを見つけることだ。

シニア同士の結婚には幾つかの問題がある!

シニアの婚活で素敵な候補者に巡り会えても結婚という形を取れるシニアと取れないシニアがいる。子供や親族から反対される場合だ。または、相手が結婚という形での付き合いを求めていない場合だ。

一般的に女性は、経済力があるシニア男性を求める場合が多い。女性の年金だけでは生活が出来ないからだ。どうしても生きて行く上でお金が必要だ。男性は、女性に自分の身の回りのお世話と話し相手を求める。お金持ちのシニア女性を探す男性は少ないかもしれない。

シニアの婚活は、シニア同士が納得が行く形で良いのではないか。色々なケースが有る。

  1. 正式な結婚をするケース
  2. 籍を入れないで同棲するケース
  3. 毎日通って生活するケース
  4. 週末だけ会うケース
  5. 親密なお友達になるケース

お互いのニーズを正直に話してGive and Takeの生活を送っても良いだろう。典型的なケースは、男性が女性の生活費を支援する。女性は、男性の身の回りのお世話をする。これだけの関係でも一人で生活をする以上に人生を楽しめる。

お互いを助け合う関係を作るためシニアの婚活があっても良いだろう。婚活と言っても必ずしも結婚する必要はない。残り少ない時間を一緒にシェアするパートナー探しで良いのではないか。結果として一緒に生活をする。または、一緒にいる時間を多く持つだけでも良い。

お互いが求めていることを相手に正直に伝えて受け入れられるならば、具体的な生活方法について決めていく。米国の学生がよく行うことにルームシェアやハウスシェアがある。一軒家を借りて二人、または、複数人で生活をする。協力して共同生活をする。シニアの婚活はそんな形でも良いのではないか。