シニアは感動する事で生きがいを見いだせるのでは? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

"Miracle on 6 train"というタイトルで2013年にアップされたYouTube動画がある。貧しい黒人の女性がニューヨークの地下鉄の電車の中でバラの花を販売していた。お客の男性が、そのバラ1本いくらと?聞いていた。女性は1本1ドル、15本買えば14ドルでいいよと答えていた。その時、この若い男性は、思わぬ行動に出た。貧しい黒人の女性は、聞いた言葉を信じられなかった。

この動画を見た私も途中で目頭が熱くなり涙が出てくるほど感動した。いつか、私もこんなことをやってみたいと思わざるを得なかった!

感動したいシニアはぜひこのYouTube動画を見て下さい!

男性は、こう言った。全部で何本あるんだい?140本だよと女性は答えた。140本だね。それじゃあ、140本全部くれ!140ドルだねと。女性は、え?140本全部?男性は、一つだけ約束してくれと女性に頼んだ。私が購入したバラすべてをこの電車の乗客にあげてくれ!売らないでタダであげてくれと!

貧しい黒人の女性は、感動と驚きのあまりに泣き出してしまった。

YouTubeのコメント欄を読むとこの男性はバイラル動画を創るために敢えてこのような事をしたと書いてある。黒人の女性は、実際の人である。これが本当かどうかは定かではないが、貧しい黒人の女性と電車に乗っていた乗客は、今までに体験したことが無い幸せと感動をこの男性から頂いた。これは確かだ。

老いてくると感動することが非常に少なくなる感じがする。子どもたちは、知らないことを知ったり、発見する度に感動を覚える。そんな感覚を持つ大人がいれば、感動の嵐で人生が毎日楽しいのではないだろうか。私の妻、60歳、はそんな大人である。

彼女の感じ方は、大人の感じ方ではなく子供が感じるようだ。ちょっとした事でいつも感動している。老人は、感動する度に感情が高ぶり涙が出やすくなる。それが新しいエネルギーを体に与えている。

シニアは、意識的に感動を求める生活をするべきではないか。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。