iPhone のバッテリー交換の手続きはシニアに難しいのはナゼか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

家内がiPhone 6を使っているのだが、最近、こんな事が起こった。充電をしている時にiPhone 6の電源が落ちて本体が高熱になった。充電器を外してiPhone 6を起動させるために起動ボタンを押しても起動しない。仕方なく、電源ボタンと起動ボタンを同時に押したら、生き返った。

その後、何故か、電池の持ちが非常に悪くなる現象が続いた。iPhone 6を家内に買い与えたのは2015年5月頃であったので5年経過している。リチウムイオン電池は、充電する回数と使用年数で劣化する。iPhone 6の中にあるバッテリー状態を調べる機能で劣化状態を調べたら、90%の状態であった。

5年で10%のバッテリー劣化はちょっと信じられない。通常であれば、劣化は50%近くまでなっているはずだ。バッテリーチェックソフトがベータ扱いであったので信用できなかった。

AppleがiPhone 6以降のモデルに対して新しいバッテリー交換を格安に行うサービスをやっていたのを見つけたので最寄りの正規サポート代理店に予約をした。このチャンスを逃すとバッテリー交換の料金が2倍以上になる。Apple正規サポート代理店(カメラのキタムラ)に出向いてバッテリー交換をお願いしたのだが、色々と問題にぶつかった。

Apple ID、パスワードを忘れると大変!

正規サポート代理店では、持ち込んでiPhone 6の端末に問題が無いか調べるのだが、その時に「iPhoneを探す機能」をオフにする必要がある。オフにするには、Apple IDとそのパスワードを使って「iPhoneを探す機能」をオフにする必要がある。

パスワードを3回間違えると再度入力が出来ない

今回、覚えていたパスワードが正しくなかった。3回間違えると数分待たないと再度パスワードを入力する事が出来ない。多くのiPhoneユーザーがここで手こずる。サポート代理店の担当者からは、アップルサポートセンターに電話してパスワード変更の手続きを聞いて新しいパスワードでログインすれば良いと助言を頂いた。

担当者によれば、パスワード変更が終わるまで普通のユーザーは40分ぐらいかかると話してくれた。iOSの設定に慣れていないとアップルサポートスタッフとのやり取りでどうしても時間がかかるというのだ。幸運にもIT関連の仕事をしているので15分ぐらいでパスワード変更が出来た。

iPhoneは日本で50%の市場占有率がある。若い女性からシニアの女性まで幅広く使われている。問題は、iPhoneユーザーがスマホに詳しくないという事だ。

私はアンドロイドスマホやタブレットを使っているのでApple iOSについてはあまり詳しくない。家内のiPhone 6を触りながら使い方を覚えるという感じだ。今回のバッテリー交換の手続きでApple IDとそのパスワードにつまずいた。手元に設定をした資料を書いて残しておいたメモを持ってくるのを忘れたからだ。頭の記憶に頼った。これがいけなかった。

iCloudにデータのバックアップして置くこと

正規サポート代理店にiPhoneを持っていってバッテリー交換を依頼するとiCloudにデータのバックアップがしてあることを聞かれる。この設定をしていない女性ユーザーが多い。バックアップをしていれば、iPhoneの中で使われているデータを失っても元に復元できる。バッテリー交換作業で極稀であるがデータを損失する恐れがあるため、iCloudにバックアップする事を依頼される。

ただ、LINEなどのデータをバックアップする事は出来ないという。AppleのiPhoneが提供する機能で作られてデータに限定される。そのため、LINEを使う目的でiPhoneを使い始めたユーザーは、LINEのトーク履歴をバックアップする必要がある。この部分は、Apple正規サポート代理店はサポートしてくれないので自分で対応する必要がある。LINEのトーク履歴のバックアップ方法

正規サポート代理店の担当者による端末の状態チェックで問題なければ、1時間ぐらいかけてバッテリー交換作業が始まる。交換費用は、3200円(税別)だけであった。Apple Careの補償期間が切れていたからだ。切れていなければ無償で取り換えてくれる。

もし、iPhone6以降のモデルでバッテリー交換を正規サポート代理店に依頼するならば、iPhoneの初期設定をした方と一緒に訪れたほうが問題が少ない。私は、IT業界の人間であったので担当者が説明していることが理解できていた。やるべき事は、説明してくれれば対応出来る知識と経験があった。

その結果、1時間ぐらいで新しいバッテリーに取り換える事が出来た。家内に言わせると担当者と私が何を話していたか全然わからなかったという事だ。

結論

Apple IDとそのパスワードは、必ず、事前に正しい事を確認してからApple正規サポート代理店に予約と訪問をして下さい。

  • 正規サポート代理店にiPhoneを持っていってバッテリー交換を依頼するとiCloudにデータのバックアップがしてあることを聞かれる。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。