若い人たちと会って話をする機会が減ってきている - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

一人でインターネットビジネスJoomla CMSを使ってポータルサイトやコーポレイトサイトを構築、保守)をやっている。仕事場は、インターネットでレンタルサーバーにアクセスできる場所であれば何処でも良い。その日の気分で仕事場を変える。いつも、お客が少ないスターバックスのお店でコーヒーを飲みながらサーバーにアクセスしてサイト構築をしている。

だが、

スターバックスの店員(可愛い女子大学生たち)ぐらいしか、若い人に会って会話をしていない。会社組織から離れてしまったので必然的に若い人との接点がなくなってしまった。若い人たちが集まる同好会やサークルに所属すれば良いのだが、年齢を問わず参加できる団体が見つからない。自分の興味の対象になる物が見つからないと言って良いだろう。

若さを保つ秘訣!

 

若さは若者にある。若者たちと一緒に活動していると自然と若さが自分にも移ってくる。情報も流行も考え方も。過去のことだけを振り返って昔を懐かしむことなんて若者はやらない。いつも、今と未来を夢見ている。私を含めて年老いてくるとエスカレーターのように自動的に若い人たちとの触れ合い接点がなくなってくる。

シニアはシニア同士固まる。若者もだ。

シニアと若者が一緒になって人生を楽しむ機会があれば楽しいだろうな。

若者たちは、年上の人に対して構える。気楽に話しかけられないのだろう。何を話したら良いかも分からない。シニアも同様だ。若者たちの考え方や興味も分からない。当然、話をするトリガー的話題も見つかりにくい。

誰もが飛びつきやすい話題は、金儲けかな?男性ならば、美しい女性の話。女性ならば、海外旅行などだろう。若い人たちは欲求芯が強い。お金が足りない。お金さえあれば、あれを買いたい、これを食べたい、あそこに行きたい、などなど。お金を使って自分の欲求を満たしたいと思っている。

一方でシニアたちは?

ある程度の生活が維持できているシニアは、若者のような欲求は既に満たされている。物欲は少なくなり、もっと、精神的な欲求を満たそうとする。若者と会って色々なことをやってみたいとか、若者と一緒にプロジェクトを運営してみたいとか、若者と一緒にいることを望んでいる。

若者から若さというエネルギーをもらいたいためだ。ビーチで若い女の子にサーフィンを教えてもらいたいとか。

若者との自然な触れ合いがシニアにとって価値がある。さて、どのような触れ合いをこれから作り出す事が出来るだろうか。これが出来る人は、シニア市場で新しいビジネスを創出できると私は思っている。

goyat.biz