高齢化社会の到来で「射精介助」というサービスが高齢者向けに生まれている - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

高齢者の性的欲求は止まらない。男女ともに性的欲求はなくならない。それは本能に根ざしている。おじいちゃん、おばあちゃんだから性的欲求はもう枯れているなんて勝手に思わないことだ。身体障害者も同様に性的欲求があり、それ故に困っている現実がある。高齢化社会では、性的欲求を上手く処理するサービスがこれから注目されるだろう。

海外でも高齢化社会の影響で老人ホームにセックスワーカーを呼び入れて性的な欲求の問題を満たしている。オーストラリアの老人ホームでは、実の娘が老人ホームにいる父親の依頼でセックスワーカーを頼んだという記事がある。

老人ホーム、介護施設で性的欲求に困っている高齢者のニーズを満たすセックスワーカーが求められている

女性の介護ヘルパーが高齢者男性の入浴介助でセクシャルハラスメント的な行為を介護男性から受けているという現実が多発している。この事実は、一般的に公にならない事実であるが多くの女性ヘルパーは何らかの性的なハラスメントを入浴介助時に受けている。そこには、高齢者男性の性的な欲求が旺盛であるという事実がある。

シニアの性的な欲求は、元気な高齢者にもある。ただ、肉体的に射精することが出来ないため欲求だけが溜まってしまう問題を抱える。その問題=ニーズを満たすサービスとして「射精介助」というサービスが表に出ない世界で生まれている。多くのニーズは、身体障害者の性的な欲求を満たしてあげるという介護的な見地でサービスが介助ヘルパーによって行われる。

このサービスを提供するには、風俗サービスライセンスが求められる。参考までにこんなYouTube動画がある。

老人ホームや介護施設で高齢者による性的な欲求からくるセクシャルハラスメント問題が大きくなる場合、デリヘリを使った風俗嬢の派遣を依頼する場合がある。当然、親族の許可を得て行われる。オランダでは、「性」=「健康管理」という見方で老人ホームや介護施設の高齢者たちに性的なサービスを提供していると言う。

日本の社会では、風俗=エロという見方で全てを判断してしまう風潮がある。高齢化社会の今、風俗のあり方も変わってくるだろう。高齢者の性的欲求を満たす健康管理という見方でシニア向け性的欲求処理サービスが確立されてくるのではないか。これは、高齢化社会になる全ての人間社会で共通する。

射精介助」というサービスは、高齢者の射精を手助けするサービスであるが肉体的に行うセックスではない。高齢者自身でオナニーをする時に介助するサービスになる。それが原則であるが、現実は色々な性的なニーズを満たすための介助サービスになっているという。 

***2017年8月3日追記***

男性は、子孫を残すために本能で自分の種を残し続ける。女性には更年期があり、その時点から子供を作るという役割を終える。私は女性ではないので更年期を終えた女性に性的な欲求が本能的に残っているかどうかは分からない。

ただ、

男性は、何歳になっても子孫を残すための本能が生きている。その証拠が、「朝立ち」である。種を残すという本能は強い。この本能が弱くなると今世間で問題になっている結婚する動機が薄れたり、少子化に発射をかけることになる。

障害者だけでなく、健常者も射精介助が必要になる時代になっている。社会はその変化にまだ気がついていない。社会的にタブーになっている性の世界は、表に出難い。

オランダでは、性産業が必要悪として公的に認められている。人間社会が抱えている問題を直視して前向きに解決しようとしている。人間の性を素直に社会が受け入れているのだ。日本社会もそんな社会的な余裕が生まれてくれば困っている高齢者男性たちを助けられる。