シニアの老化現象は体にどんな変化を起こすのか? - シニアの仕事、健康、筋トレ、暇

feelings

この写真を見て何も感じないシニアの男性は性を感じる機能が衰えている高齢者男性である。男の性欲は若さのバロメーターと言われる。女性は更年期を過ぎると女性ホルモンが急激の衰えて性に対する欲求も減少する。男性の更年期という物があるのか、無いのか分からないが、性に対する欲求でそれが分かるのでは無いだろうか。

シニアの老化は体に出てくる。年齢が70歳を過ぎれば老化が足に出る。脚力が衰えて長距離を歩けなくなる。走ることも難しくなり、体力を要求する仕事も敬遠し始める。今まで出来ていた事が出来なくなったと気がついた時に老化は既に始まっている。どうすれば老化を遅らせることが出来るのか。

老いてくると体にどんな変化が生まれてくるのか?

50歳代の時に意識もしていなかった体の部位で異変を感じた。それが60歳になってからである。今まで何ともなかった腰が朝起きる時に痛いのである。家内に言わせると夜寝る前に腰痛運動をしないと朝起きる時に腰が痛くなると言う。腰の疲れが十分回復できていないからだろう。

ぎっくり腰は以前から経験している。3ヶ月に一回程度のペースでジムで筋トレ後にやってしまう。1週間ぐらい体を休ませると痛みから回復する。最近、ぎっくり腰をやった時に椎間板ヘルニアらしき症状を呼び起こしたらしい。初期の椎間板ヘルニアの症状が3ヶ月以上経過しても良くならない。以前は、歩く時に痛みやしびれが無かったが今では歩き始めの時に軽いしびれを感じる。階段を上る時に左足に力を入れると鈍い痛みを感じたりする。

年齢から来る老化現象か?

老いてくると体の不調に敏感になる。片足スクワットの運動を自宅で週二回のペースでやっているのだが、時々、両足の膝に軽い痛みを感じる時がある。多分、負荷が高い片足スクワットの影響ではと思っているがちょっと心配である。老化により関節や骨の耐久性が衰えてきている。

緑内障が年齢とともに広がる。私はもう20年以上お付き合いしている。キサラタンという点眼液を使って進行を遅らせているがさすがに20年以上経過すると症状が悪くなる。右目から左目まで緑内障が波及してきた。両目に広がった緑内障が視野を狭くする。

生活習慣病が老いてくると病気として表面化する。胃がんの原因とされるピロリ菌が胃の中にいる、いないで人間ドックの検査が変わる。私の胃の中にはピロリ菌検査でいないことが分かった。そのおかげで人間ドックで行うバリュームを飲むX線検査が不要になった。

肥満は万病の元と言われる。中高年は普通の生活をしていても肥満になりやすい。体を動かす活動量が減って来ているのに食事量が変わらない。栄養バランスと消費カロリーについて無頓着な生活を続ける。肥満は急激に治すことはできない。定期的な運動と食事療法がどうしても必要になる。どちらも生活習慣を変えなければ成り立たない。

老化現象は生活習慣で変わってくる。不健康な生活習慣は誰が見ても老化を早める。シニアの老化は筋肉量の損失に現れる。活発に動かなくなることで体の筋肉が使われなくなる。使われない筋肉はその環境に適応しようとする。必要ない筋肉は少なくする。顕著な事例は歩行障害である。足の筋肉量があるポイントを過ぎると歩くのがしんどくなる。

歩行障害があるシニアは足の筋肉を鍛えていなかった。散歩だけでは足の筋肉は増えていかない。筋トレを意識して定期的にやらないと効果が出ない。

老化現象は性的欲求にも出てくる

hip

こんな女性を見て肉体的に興奮するかどうかで性的な若さが分かる。視覚的には興味が持つが、その刺激が局部に繋がらないシニアは確実に肉体が老いてきている。良く言われるのが朝立ちがある、無いの現象である。性的な欲求が減少すると朝立ちもなくなる。

男性の体は性的な欲求でマスタベーションを本能的にやらざるを得ない。子供を作るために睾丸で精子を作り、体外に出す訓練になる。性的な欲求が老化で弱まるとマスタベーションの行為も減少する。67歳のシニアであるが、若い頃のように勃起が続かないし射精量も少なくなっている。すべて老化による影響である。

個人差はある。テストステロンのホルモンが多いと男性としての役割を長く続けられる。筋トレはテストステロンを含む成長ホルモンを分泌させる。性的若さを増加させたいシニア男性は筋トレを始めたほうが良い。

シニアは老化する自分を若く見せるために何をすべきか?

この心理と欲求は70歳を越したら体の老いを隠しきれなくなるので半分あきらめの心地になる。私は67歳であるが筋トレのおかげで体格的に若い体を筋肉で維持できている。内脂肪を減らしながら体脂肪を減らす。オヘソの上にぽっちゃりとある脂肪がちょっとずつ減り始めた。ジムでの筋トレのおかげである。

76キロあった体重が74キロまで下がった。最終目標は72キロである。理想の標準は身長が179センチあると体重が72キロ前後になる。筋トレは筋肉量を増やし脂肪を少なくする効果があるが、タンパク質の多い食事とバランスの取れた栄養が必須になる。

顔に出ているシワや白髪は筋トレでは直せないが、枯れて来ている体の筋肉を増やし体格を良くしたり歩行障害を改善したりすることが出来る。私は長年筋トレをやり続けているので上半身が筋肉で逆三角形になっている。普通の67歳ができない懸垂も10回休み無く出来る。

60歳代は筋力運動を継続的にすることで体を若々しく作り直せる。ベンチプレスや懸垂で厚い胸が筋肉で出来上がる。胸の筋肉を自分の意志で動かすことも出来るようになる。健康寿命を伸ばしたい、若い印象を体で醸し出したいと願っているシニアならば年齢に関係なくスポーツジムでトレーナーに筋トレを指導してもらうことである。

筋トレは確実に体を若返らせる。筋肉はシニアにとって欠かせない。何もやらなければ体の筋肉量が自然と減っていくからだ。筋肉量が減ると筋力も失い自分の足で自由に動けなくなる。シニアは肉体的に楽な生活を送ってはいけない。歩ける距離であるならば自動車や自転車を使わずに自分の足で歩くことである。エスカレーターよりも階段を使う。

顔も筋肉運動をすることで張りが出てくる。顔の筋肉も鍛えられて余分な脂肪が取れる。脂肪でぽっちゃりとした輪郭が消えて張りのある輪郭に変わる。それが顔を若々しくさせる。

結論

今、60歳代であるならばジムで筋トレを始めることを勧める。筋肉運動は体の若さを持続させる。その証拠が私自身である。これは自信を持って言える。筋肉が老化で衰える前に筋トレで筋肉を鍛える習慣を身につけることがシニアの老化現象を防ぐ。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方は workgoyat@gmail.com まで。

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。