シニアのお付き合いはなぜ表面的で浅く友達付き合いまで行かないのだろうか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

歳を取ると警戒心が強くなるのだろうか。新しいお付き合いが表面的なあいさつや会話程度で終わる場合が多い。友達がほしいのだが、深く一歩入ったお付き合いが出来ない。そんなシニアの心理が歳を取ると分かってくる。シニアになると新しい友達が作り難い。社交性があるシニアならば、そんな問題はないかもしれない。

だが、多くのシニアは相手のプライベートな人生に敢えて入り込まないでいる。

相手の人生に深く入り込まないのが礼儀かな?

顔を知っている人、昔の会社の同僚、お酒飲み仲間、NPO団体の会員、自治会の知り合い、毎日顔を合わす人などは、友達とは言えない。シニアにとって友達とは、自分のプライバシーの一部を共有できる人たちだ。社会に出る前の学生時代にできた友達は、心を許せる人が多い。

利害関係が発生する社会人時代は、どうしても警戒心が生まれる。それで友達と言える友が生まれにくい。困った時に助けられ、助ける関係になればグッと関係が深まる。60歳を過ぎるとそんな関係を築く機会は少ない。友と呼ぶ人たちは、定年退職とともに疎遠になり始める。顔を合わす機会が減ると友との関係も薄れる。

色々な出会いがあるのだが、顔を認識する程度で終わる場合が多い。話をして共通な趣味などがあれば、趣味を通じてお互いに逢う機会が増える。新しい友達は、何度も顔を合わして共通の話題で親睦を深める必要がある。

子供のように新しい子供がやってきたら直ぐに遊び始める心理状態はシニアにない。

お互いに長い人生を過ごして来た。相手がプライベートな事を話してこない限りこちらもプライベートな事を聞かない。男性と女性では、新しい友達の作り方が違う。女性は、お喋り相手=お友達という関係が作りやすい。

新しい友達は、毎日顔を合わして会話をしてお互いの事を少しづつ理解していきながら顔見知りから友達に発展していくのだろう。残念ながら、今の私にはそのような関係を作れる環境がない。仕事中心に生活が回っている。利害関係を離れた仕事とは全く関係がない環境に置かれれば、それも可能かもしれない。

歳よりは孤独に陥りやすい。群衆の中にいても孤独になる。心を開ける人がいると孤独から逃れられる。心を開ける人は多くが幼友達だ。学生の頃、一緒に馬鹿な事をした連中だ。幼友達との関係を続けているシニアは、本当に羨ましい。お金で買えない宝を持っている。

社交辞令を越えたお付き合いをするには、どちらかが一歩深くプライバシーエリアに入り込む必要がある。それを可能にしてくれる出会いが必要だ。大人としてしつこくプライベートな事を聞くことは礼儀に反する。それ故、会話が途絶える場合が多い。

女性のようにお喋りが簡単にできる間柄を築ければ男性も友達付き合いが楽しくなるだろう。

 

シニア団体で簡単に情報発信ブログホームページシステム
グーグル・アドセンス広告の仕組みを導入できます。各ページにクリック広告を自動表示する設定が出来ます。
お問い合わせ

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。