なぜ、70歳を過ぎると階段の上がり下りが怖くなるのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

平均年齢70歳のNPO団体のメンバーのほとんどは、いつも階段を使わずにエレベーターを使う。上がるのは大変な事は分かっているが降りていく階段ぐらいはと思うのだが・・・老人は言葉に出せない理由ある。

70歳を超えると普通のシニアは体が以前よりも衰えてきたという感覚を痛烈に感じ始める。足腰がしっかりしなくなり、バランス感覚が以前よりも悪くなる。階段を上がるぐらいは出来るが、降りる時に膝の関節痛で困る。多くの70歳代のシニアはエスカレーターやエレベーターを探して使い出す。

階段の上がり下りの動作は、健康に良いという理解はあるのだが、苦労よりも楽をしたいという欲求が勝ってしまう。

足の筋肉、膝関節、バランス感覚、体力の全てで問題を抱えるシニア

足の筋肉が衰えてくると自分の体のバランスを上手く取れなくなる。息が切れる。駅の階段を上っていく老人が、何故、左や右側の手すりをつかんでゆっくりと上っていくかの理由がここにある。

私はまだ64歳なので体力がある。いつも階段を使う。駅の階段もエスカレータを使わずに足を鍛えるために階段を使う。足の筋肉を維持できているシニアと足に問題を抱えるシニアでは、生活の面で違いが出てくる。

階段は、上るよりも下る方が怖いという。確かにそうだ。足で自分の体をちゃんと支えないとバランスを崩して転げ落ちてしまう。転げ落ちて骨を骨折したら、ますます不自由な生活を強いられることになる。そんな恐れを老人は言葉には出さずに行動で示している。

老人の心理状態を理解するには、自分が老人になってみないと分からない場合が多い。今、あなたが60歳以上の方であるならば片足を上げてどれだけ立ち続けることが出来るだろうか!

片足を上げて靴の裏側を見続けることがどれぐらいの間できるか試してもらいたい。私は駅で電車を待っているときに時々これを試している。10秒以上も片足でバランスを取っていられない。若者であれば、1分ぐらい片足で立ち続けるだろう。歳を取れば取るほど自分の足でバランスを取ることが難しくなる。

階段を上るときは、足の筋肉が必要だが何故かバランスは取りやすい。手すりがあれば尚更安心して階段を上れる。これが階段を降りるとなると、何故かバランスが取りにくい。私は、緑内障で視野が狭くなっている。遠近両用眼鏡をかけている。目で足場を確認しながら足を出す着地点を体が理解する。

目も衰えているシニアは、視覚で降りる階段の着地点を正確に把握できない場合がある。足の筋肉の衰えで体を支えられない、視力の衰えで足の着地点を上手く把握できない、自分の体のバランスを上手く取りにくいなどの障害が老人に出てくる。健康そうに見えても実際は口に出せない体の不具合を感じている。

階段をゆっくり下りている老人は、視覚機能が衰えると同時に自分の体重のバランスを上手く取れていない可能性がある。通勤時に老人がゆっくり階段を下りている時は、視力と視野の面で問題を抱えていると思うべきだろう。出来るだけ老人の様子を観察して怪我をさせないように注意する。

階段は、老人にとって体の不具合を表面化させる。 

階段を普通の人と同じように上り下りできている老人は、本当に健康で体力があるシニアだ。足が丈夫な人ほど自分の動きが軽快になる。駅の階段を降りていく高齢者を見たときは、注意してみてほしい。ゆっくりと確かめながら降りていくシニアがいたら、足や視覚機能などで体に支障を持っている老人であると思ってほしい。 

老人にもプライドがある。歳を取っていても一人の人間として生きているのだと。自分で出来る事は他人のお世話にならないでやると。私も老人に見えるが、電車の中で見るからにして私よりも年寄りの方がいれば、座っている席を進んで譲ることをしている。 

老人は老人の不都合な事情を理解しやすい。 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。