Windows 10へのアップデートができないパソコン:Ubuntu OSに入れ替える - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

Windows XPやWindows 7のパソコンでWindows 10にアップグレードできないケースが生まれている。私が所有しているThinkPad Edge 13もその部類だ。グラフィックボードがWindows 10の条件に合っていないため、正常な表示画面にならない。Windows XPもWindows 7もOSのセキュリティーアップデートがなくなるためマルウエアに感染するリスクが高まる。

マルウエアに感染しないパソコンにするにはどうしたら良いか?

Windows OSからUbuntu OSに変えることである。Ubuntu OSは、無償ライセンスのOSでLinuxベースである。デスクトップのユーザーインターフェイスは、Windowsと変わらないぐらい使いやすい。このブログ記事もUbuntu OSに入れ替えたThinkPad Edge 13で書いている。

Ubuntu OSは、自動的にアップデートするデータが届いていることを知らせてくれる。ワンクリックでOSや付属のアプリを更新してくれる。LinuxベースのOSはマルウエアに感染しないため、マウルエア対策のソフトを購入する必要がない。

問題は、Ubuntu OSをどのようにしてWindows 10にアップデートできなかったパソコンに導入するかだ。とても古いハードウエア(スペック)のパソコンは、対応していないので下記の条件を満たすWindows XPやWindows 7に限定される。

  • 32bits or 64bits
  • CPU: Celeron B800 (1.5GHz)以上
  • Memory: 2GB以上
  • HDD: 200GB以上

このシステム要件は、Ubuntu 15.04バージョン(平成28年2月6日現時点での最新版)で快適に使えるシステム条件である。

Ubuntuの特徴 ›

Ubuntuサーバーの特徴 ›

Ubuntuの入手 ›

Ubuntu OSを導入するパソコンが、Windows 8や64bit CPU搭載のマシンならそのまま「64bit」をダウンロードする。Windows 7や32bit CPUで、搭載メモリが2GB以下なら「32bit」を選択してダウンロードする。

PCにダウンロード(ISOイメージファイル)したZIPファイルを解凍する。解凍されたフォルダーの中にあるUbuntu 15.04のISOイメージ「ubuntu-15.04-desktop-amd64.iso (64bit, 1.1GB )」、または「ubuntu-15.04-desktop-i386.iso (32bit, 1.1GB )」のどちらかを選択して、(Windows 8や10の場合)マウスの右クリックメニューから「書き込む」を選びDVDにディスクイメージを書き込む。

データが1GB以上あるためCD-Rでは対応ができない。DVDにディスクイメージを書き込んでください(このあたりは素人さんには難しいと思うのでPCの慣れている人の助けを借りてください)。Windows 8や10のパソコンでUbuntu OSをダウンロードしてDVDにディスクイメージを書き込む事をお勧めする。その理由は、XPや7のOSでは、DVDにUbuntu OSディスクイメージを書き込もうためのステップが面倒であるからである。

Ubuntu OSをDVDに書き込むことが完了すれば、Ubuntu OSを導入したい古いパソコンにインストールすることができるのだが、最後の壁がある。インストールするパソコンをDVDからブートする(起動する)必要がある。パソコンを再起動してWindowsが立ち上がる前にEscキーを押してDVDから起動するようにする。

あとは、Ubuntuのインストールナビゲーションに従って設定していくだけである。

Ubuntu OSのインストール過程を説明したページがあるのでそちらで詳細を学んでください。

Ubuntu OSを導入すると同時に便利なアプリケーションソフトも使えるようになる。マイクロソフト・オフィスのようなLibreOffice Writer, Spreadsheet, PowerPoint、Thunderbirdメールソフト、Firfoxブラウザーなどがある。必要なアプリは、アプリケーションセンターというアイコンをクリックしてダウンロード・インストールができる。全て無料である。

インターネットでウエブサイトを閲覧して情報収集するだけならば、Ubuntu OSをインストール後何もする必要がない。すぐに使える。Ubuntu OSを使っている人は近くにいない場合が多いので自分で勉強することになるだろう。

時間がたくさんあるシニアは、勉強の意味合いで試してみてはどうだろうか。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。