シニアの起業はどのようにして始めるのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

this-is-the-way

2,3年後の自分を想像してみる。そのイメージで今の自分が持てる能力、経験、技術で何が出来るかを考える。

そして、

自分がやるべきことを固めてテストする。

60歳定年後に自分は何をしてこれから生きていけば良いのかを必然的に考えさせられる。目的なしに生きてはいけない。経済的な余裕が無い人が多いだろうから、これからの生活費を如何にして稼ぎ出すかが課題となる。再就職は難しいし、生きがいを見いだせる仕事は見つからない。

可能性は、生きがいを感じる自分のビジネスを始めることしかない。

2、3年後の自分の姿をイメージすることから出発点を探る

65歳を過ぎれば誰も雇用してくれない。起業で仕事を作るしか無い。健康で体が動けるうちは、働ける。自分の能力で何が出来るかが分かれば、突破口が見つかる。

2、3年後の働いている自分をイメージしてみる。こうありたいという自分のイメージを想像してみる。これが出発点になる。イメージが固まれば、そのイメージを現実の物にするために何が必要かを考えて動いてみる。

自分の能力、経験、技術で可能性を考える

組織の歯車で会社生活を長年過ごしてきていると自分の売りが何であるかが自覚できなくなる。誰かに言われて、ああ~そうなんだと自覚する。そんな気づきの機会が必要になる。

自分が出来ることで試行錯誤をするしかない。起業する前に自分の能力、経験、技術でお金が稼げるかの副業をやってみる。自分の売りを下記のようにリストして何が出来るかを明確にする。

私の売り:

  • 英語が使える(読み書き話す)
  • 海外での生活経験がある
  • メルマガやメールマーケティングに詳しい
  • Joomla CMSでサイト構築サービスを営む
  • シニアのニーズ分析をしている
  • 情報発信のためのウエブサイトを運営している
  • シニアが弱いインターネット関連で支援が出来る
  • インターネットのビジネスモデル作りが好きである

こんな事を書き出してみる。

これらを題材にして数年先の自分の姿をダブらせてみる。何か入り口のような物が引っかかれば、それからトライアルをしてみる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。