Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

sougi

元気なうちに自分の葬儀にかかる費用を貯めて置くことを考えている。61歳になると確実に死の世界に近づいているのがわかる。体は、顔や頭を見れば老化してきているのがわかる。20年後には、もっと年老いた老人の顔と体になる。避けられない運命が待っている。自分の葬儀がやってくるのも避けられない避けられないもので事前に準備できる事があるならば、元気なうちに準備する。

先立つものはお金だ!

続きを読む...

time

61歳のノマドワーカーを10年以上続けている。仕事場として活用しているのは仕事環境で好都合のCafeだ。この5年間ぐらいスターバックスを仕事場として利用している。私はタバコを吸わない。Wi-Fiや電源、そして、トイレなど必要なものがスタバにあるし、雰囲気がナウい。

ただ、問題も抱えている

CafeはCafeだ!仕事に専念できる環境が保証されない!

続きを読む...

sports

2016年8月14日付朝日新聞朝刊に「Rio to Tokyo シニアが輝く社会に」という記事があった。102歳のシニア女性がマスターズ水泳に参加して記録を出しているという内容だ。彼女が水泳を始めた年齢が、80歳だ。痛めた膝を治療するために始めた水泳が102歳の今も続けている。

何かの目的で始めたスポーツは目的を達成しながら続ける習性がある。

何歳になってもスポーツは始められる!

続きを読む...

cute

スタバックスのお店でいつも顔を合わす女子大生の店員が二人いる。いつも、一言二言、話をしてドリップコーヒーを注文する。二人ともそれぞれ違った魅力を持った女子大生店員だ。仮にA子さん、B子さんという名前にしよう。私の心がけは、相手の顔を見て素直に良い印象を言葉にして伝える事だ。

女性は褒められるとその男性の顔をいつも覚えていてくれる!

続きを読む...

try out

70歳を過ぎると体を動かして働く気力が薄れてもっと体力的に負担が少ない仕事を探したくなる。そんな仕事を探す場所がある。自分の社会経験と知識をサービスとして提供できる仕組みを提供している。誰でも意欲があれば、実験できる。但し、インターネットに慣れている必要がある。インターネットでサービスのやり取りをする事になるからだ。

ワンコインサービス(500円からのサービス)

続きを読む...

evening sun

デパートの休憩場所が隠れたトイレの近くにある。そこには、いつも数人の老人たちが何をするのでもなくいる。年齢的に65歳は越えている高齢者たちだ。外に出始めている老人たちは、腰を下ろしてゆっくりする場所を探す。その場所には、トイレが有ることが必須条件になる。排泄コントロールが上手く出来なくなるシニアにとって近くにトイレが有るのが安心だからだ。

自分というリソースを上手く世の中で使えないシニアが増えている。

自分だから出来ることが分かれば・・・

続きを読む...

life is fun

人生の大きな区切りとして65才がある。年金の支給が始まる年齢だ。同時に前期高齢者というラベルが貼られる。ぶら下がって働いていた会社から「これまで働いていただいてご苦労さん!」を言われて職場を後にする年齢だ。生活に必要な年金が入っても十分な額ではない。65歳以降の老後の生活プランを作らねばならない。出来るだけ楽しめる老後生活プランだ。

明日を楽しむ

続きを読む...

ikigai

「シニアの品格」著者 小林一雄の本をある人から頂いた。280ページほどの本で対話形式の物語である。「シニアの品格」とは?を読者に伝えようとしている本だ。定年退職間近のエリート会社員と88歳の素朴な老人との間で交わされる会話にシニアの生き方を垣間見る。

定年退職を控えたシニアにとって老後の生活は不安でいっぱいだ。定年退職者も残りの人生をどのように過せば良いか分からないでいる人も多い。籠から解き放された鳥になると自分が抱いていた価値観に疑問を抱き始める。「老人の品格」は、ゼロから自分独自の人生価値観を作るための参考書だ。

老後の生活は小さな喜びを味わえる機会を私たちに与える!

続きを読む...

rainy season over

年金生活になるとテレビを見る時間が増える。そんな事をいうシニアが大半だ。日本のテレビ番組は、低俗だ。一言でいってつまらない。そんな中でこれらのTV番組は素晴らしいと思うものがある。当然、個人差はあるし、趣味趣向が違うので一つのお勧めリストとして参考にしてもらいたい。ライブでない番組は意図的に加工されているので信頼性の面で疑問がある。

ありのままを伝えるテレビ番組

続きを読む...

60歳、70歳、80歳代になっても男性の性欲は生まれてくる。違うのは、射精する事が出来なくなる、または、衰えてくることだろう。肉体的な行為は年齢とともに衰えてくるが、精神的な欲求は変わらないのではないかと私は感じている。老人、高齢者のラベルが貼られる年齢になると射精する頻度が減少してくる。

男性にとって射精は健康を維持する上で必要な行為であるということを知らない人が多い。精子は精巣で定期的に製造されている。製造された精子は定期的に体の外に出す。射精しないと体のメカニズム上で健康的でない。

新陳代謝が性欲を強くする鍵!

続きを読む...

open

Pokemon GOのスマホゲームが世界中を騒がしている。スマホを持っている人ならば無料で誰でもが楽しめる。シニアも例外ではない。iOSのiPhoneやAndroid OSのスマホでPokemonのアプリをダウンロードして登録すれば直ぐにでも始められる。このゲームは、子供向けだけではない。大人でも老人でも誰でもが楽しめる仕組みになっている。

特に、自宅に居がちなシニアに色々なメリットを与えてくれる。

スマホを使っているシニアならばPokemon GOでこんな恩恵を受ける!

続きを読む...

away from loneliness

老人の誰もがいつも一緒に時間を共有する友人や知人、家族がいるとは限らない。昔は、大家族で生活するのが普通であったが現代は核家族化している。子供に迷惑がかからないように独立して生活をする親が多い。年に何回か子供や孫に会うしかない老後の生活が生まれる。老いと共に孤独がやってくる!

孤独の感じ方には個人差がある!

続きを読む...

networker

ネットワーカーとは、インターネットの世界で仕事をする労働者である。仕事の受注はインターネットから受け取る。仕事の成果もインターネット経由で提供する。現実の世界で作業したり、打ち合わせをしたり、顔をあわせたりしない。必要な物は、自分のビジネスサービスサイト(パーソナルブランディングのホームページ)、インターネット接続環境、モバイルパソコン、Wi-Fiルーター、スマートフォン or タブレットなどだ。

何故、シニアはネットワーカーに適しているのか?

続きを読む...

together

定年退職して自営を始める。数年が経過すると自分の手で生活ができるという自信がつく。こうなるともう二度と会社組織で働きたいとは思えなくなる。数年の起業で失敗すると自営の怖さを知る。もう一度、会社で働きたくなる。会社にぶら下がった生活が如何に楽な生活であるかを再認識するからだ。

ぶら下がって生きる生活にはタイムリミットがある!

続きを読む...

最近知ったことで介護現場でセクハラが横行しているという。性的欲求を抑えられない老人男性が介護ヘルパーの女性に性的な言動、依頼、タッチなどのセクハラ行為をしているケースが増えているという。介護が必要な老人が、なぜ、そんなに性的に元気なのか?一瞬、驚いてしまう。

食欲、性欲、物欲は年齢に関係なく衰えない?!

続きを読む...

pleasure

周りにいる高齢者たちを観察していると意欲的に自分の余生を楽しもうとしている老人が少ないように感じる。人生の楽しみ方にいつもお金がかかるということはない。お金をかけなくても楽しいことを味わえる。自分の感受性を高める事だ。自分の過去を振り返ってみるとそこにヒントがある。

子供のような好奇心を思い出そう!

続きを読む...