Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

大事なものを忘れて慌てたことがあるシニア。それは私だ。昨日、自宅の鍵を別のリュックに入れたままで違うリックで自宅を出てしまった。家内は、父親の介護支援で1泊2日の実家泊だ。私は、自宅を目の前にして家に入れないという事態に直面した。一人で生活をしている人は、自宅に鍵を忘れると私と同じ境遇になる。

大事なものを忘れてもすぐに教えてくれるIoTディバイス「Mamorio Fuda」がサービスとともに販売された。まずは、どんな事をしてくれるかを動画で見て欲しい。

Mamorio Fudaが家の鍵に付けておけば、私は自宅を出る前に気がついていた!

51歳の時に起業したのだが、その時、私と同じように起業したシニアたちがいた。私を除いて副業で収入を得た経験がなく、全てが初めての経験を味わっていた。あるシニアは、社労士の資格を取得して中小企業やこれから設立する会社経営者に営業をしていた。自分のアイデアでお金を稼ごうと試行錯誤を皆が繰り返していた。

起業する前にお金を稼いだ経験がある人は、未経験の起業家と違った嗅覚を持っている。お金を稼ぐには、どこに自分のお客がいるかを探す必要がある。または、お客さんに私のビジネスを見つけてもらうしか無い。

副業で1円でも稼いでいれば、売上を増やす方法を見つけるだけで良い!

結婚して、家庭を作り、子供を育てて大人にし、独立させた。人間としての義務は、子供が巣立ちをして独立した生活を始めた時点で達成される。後は、子供の人生が始まる。残る親たちの人生は、どうなるのか。 

アユやサケが排卵のために川を上る。川の上流で排卵して川を下ってくる。川を下る途中で命が尽きて川底に沈んで行く。そんな姿を何度も子供の頃に見た。魚と違って人間は、死ぬまで元気でいられる寿命が長い。子供を育てて大人にして独り立ち出来るようにしてから10年から20年ぐらい自由に使える命がある。

老後の生活は、子育てを終えた親たちにとってどうするかで迷いを与える。自分たちの両親を介護支援する前までに与えられた自由な時間を夫婦で楽しみたい。自分たちの両親の介護をするタイミングが早いと老後の生活は大変になり、楽しめる選択が狭くなる。これだけは、自分たちの両親の運命による。

両親の介護が終えた夫婦(両親を老人ホームに任せたとか、他界したとかで)は、これから残りの人生を思う存分楽しめる時間がやってくる。

今まで我慢して出来なかった事をやる!

60歳、65歳、70歳、75歳と5年間隔で老後のキャリアを見直す必要がある。健康状態にもよるが、自分の仕事が自分でコントロールできるならば、仕事を辞めたいと思った時が辞め時だ。雇用されるキャリアならば、65歳から70歳が限界だ。その後をどう過ごすかは、考えて準備したほうが良い。

5年間隔で老後の節目があるようだ。60歳で定年退職、65歳で会社組織から卒業(追い出される)、70歳で起業するしかお金を稼ぐ道が見当たらなくなる、75歳で健康面での問題をどう解決するかで仕事が続けられるかが決まる。 

老後のキャリアで生活に困らないようにするには!

定年退職後、誰もが夢見ることは自分のキャリアが生きる再就職だ。そんな再就職場を見つけたいならば、自分のキャリアとスキルと知識を使ったビジネスを起こせば良い。自分の得意で起業が出来れば、夢を実現できるし老後の生活もエキサイティングに成る。多くの定年退職者は希望の職を探せば探すほど自分のキャリアが直接生きない、意に反するような職場に追いやられる。 

新しい職を得ることで生まれる一時的な安心と安全と引き換えに意に反する仕事をするシニアが生まれる。全て、お金のためという理由だ。自分の人生に挑戦しないシニアは皆こんな道を選択する。

楽してお金は稼げない。60歳を過ぎれば、誰もがその事実を肌で感じているはずだ。もし、一攫千金のようなお誘いビジネスや職の紹介に引き込まれたら災いが待っている。うまい話はいつの世も悪い結果を生む。なかなか簡単にお金が稼げない仕事のほうが安心して仕事ができる。知恵と工夫次第でお金の稼ぎ方が変わってくる。

苦労して稼いだお金は泡のように使わない。宝くじに当たったようなお金は泡と成ってすぐに消える。

定年退職後にどのような生活が待っているか知らない定年予備軍が多い。65歳まで現在の会社で雇用延長されてもその先が見えてこない。最終的に自分で見えていない生活を探すしかない。巷の本屋さんには、定年関連の書籍や映画「終わった人」が 脚光を浴びている。参考にはなるが、自分の人生と同じではないだろう。

還暦60歳を越えると今まで考えたこともない出来事が待っている。会社におんぶに抱っこの生活に何十年も慣れてしまったからだ。自分で人生を切り開く、自分だけの海図を作成する、老化と戦うという事に驚く。

定年後、5つの事があなたを待っている!

用事でヨドバシカメラ横浜マルチメディア店に立ち寄った。3階にあるトイレに行ったら、80歳前後のシニア男性がきちんとした身なりで休憩の長椅子にぽつーんと座っていた。その姿が今も目に残っている。奥さんがトイレから出てくるのを待っているのか、それとも、外出先の居場所として暇を潰していたのか、それは分からない。

シニア女性は、ヨドバシカメラ横浜店に一人で暇つぶしに遊びに来ることは少ない。むしろ、そごう横浜や高島屋デパートに行く。ヨドバシカメラ横浜店に来るのはシニア男性が圧倒的多い。男性と女性では、興味の対象がだいぶ違う。男性は、何歳になってもオモチャのガジェットに興味を持っている。

店内を歩き疲れてトイレにある休憩の長椅子で一服するのも分かる。一服した後はどうするのだろうか。そんな疑問を感じながらヨドバシカメラ横浜店を後にした。

シニア男性は、平日の昼間の時間をどう過ごしているのだろうか?

平成30年6月5日の朝日新聞(朝刊)オピニオン&フォーラムを読んで頂きたい。自動車運転免許は、18歳以上の人から取得可能という年齢的な制限がある。更新ができる年齢まで運転免許証をもてるのが現在だ。そのため、80歳を過ぎた老人でも運転免許の更新ができてしまえば、自動車を運転し続ける事ができる。

高齢化で老人の人口が増えてきたため、自動車事故が高齢者層で増えている。シニアに免許証返納を呼びかけているが、一度得た特権は特別な事情がない限り手放さないのが人間だ。老化による自動車運転での障害が知らない内に起こる。反射神経が鈍り、とっさにブレーキを踏めなくなったり、アクセスとブレーキを間違えたりする老人が多い。

この投書を読んで頂ければ、「運転免許の定年制と再試験での再取得制」の道理に納得がいくはずだ。

asahi article reader

自動車免許の定年と再免許制で高齢者による事故を抑制する

60歳を迎えたら自分の健康に気を使う必要が以前以上にある。特に体全体の筋肉の量が自然減少し始めるので定期的な筋トレは健康寿命を維持、伸ばすために必要になる。60歳から65歳まで働く時間に余裕があるならば、是非、1週間に1回、近くのスポーツジムに行って筋トレをする習慣を身に付けてもらいたい。

定期的な筋トレをする習慣を身に付けるだけで良い。本格的な筋トレは、体が筋トレの運動に慣れ始めてからで良い。シニアは筋トレをすべしという世間は言っている。政府も健康予防の対策としてシニアに定期的な運動を促している。

年齢が75歳を過ぎると筋トレをしていないシニアの体は筋肉不足で動き辛くなる。体を快適に動かすだけの筋肉量を維持できなくなったからだ。活動量が減少すると筋肉を刺激する機会が無くなり、食欲も減ってくる。この状態が知らないうちに続くと体の筋肉は現状に適応しようとして使わない筋肉を最適の量にする。

その結果、「サルコペニア症状」が体に現れてくる。体を動かすこと、歩く事、活動全般で快適に動くけなくなる。筋トレは、シニアの筋肉の量を維持したり、増やしたりする効果がある。

鍛え続けた筋肉は体の中に貯蓄される!

昨日のNHKスペシャル「ミッシングワーカー」を見て自分たちの介護負担が子どもたちの人生を狂わせる現実を見た。独身で非正規雇用の中高年が一番被害にあいやすいと言う。親の介護で離職せざるを得なくなった独身中高年の労働者は、もっと何かで収益を得る道を準備できなかったのだろうか。

私の知人は母親の介護で仕事を現実の世界からインターネットの世界に変えた。インターネットの仕事でお金を稼ぎ始めれば、働く場所は自宅で問題ないし、時間も自分の自由になる。今勤めている会社がリモートワークを許してくれるならば、リモートワークの場所を自宅にして親の介護ができる。

自宅で収益を得る仕事環境を作れる人は助かる!

60歳を向けようとしているシニアは、定年退職後の人生をどうしようかと考えている。直ぐに再就職先を探すか、半年から1年ぐらい人生の休暇を楽しむか決めかねている。金銭的に余裕があるシニアほど、今まで出来なかったことをやろうと遊びに走る。定年退職後に遊びや人生の休暇、一服を優先するシニアは、65歳になって驚く。

人生の休暇は十分味わったので老後資金を貯めるためにもっと働きたいと仕事を探すのだが、見つからない。60歳を過ぎてから仕事を探すよりも条件が悪くなっているのに気づく。65歳以降の生活は、自動的に人生の休暇状態になる。

65歳から仕事を探すのではなく、10年先を見つめて自分に合った仕事を作り出す方が望みがある。経営者は、特別な技能や能力があるシニアでないと65歳を過ぎたシニアを雇用しない。お客を探せる営業が出来るシニアは年齢に関係なく雇用されるが、使い捨て労働者になる。人脈が尽きたところで雇止めだ。そんな現実を知らない定年退職者が多い。

人生の休暇は65歳以降でも間に合う!

こんな定年退職者に出会う。60歳で退職して失業届けを出し、半年後に失業給付金をもらいながら次の仕事先を探すシニアだ。失業給付を受け取る前の半年間を遊びに使っている。本来ならば、現役のビジネス感覚が体に残っているうちに次の職を探すべきなのだが。ビジネス感覚は、現場を離れている期間が長いほど失っていく。

私は組織で仕事をする環境からもう12年も離れてしまった。今の感覚は、一匹オオカミでのオペレーションでないと精神的に上手く行かない。感覚は、絶えず、最新状態にして置かないと鈍くなって行く。

失業保険給付を受けながら、彼はまだ仕事先を探しているようだ。給付期間も半年ぐらいだろう。半年で新しい就職先が見つかれば幸いだ。鈍ったビジネス感覚で新しい就職先を探すのは、シニアにとってマイナスであると私は思っている。

再就職にしても、起業にしても自分が無職になった時点で10年先の自分に向かってGOだ!

筋トレを始めたシニアが必ず直面するのは、翌日の筋肉痛である。使っていなかった筋肉を鍛えると必ず筋肉痛は起こる。これは筋肉を成長させるための避けられないプロセスだ。筋トレで損傷した筋肉細胞を修復する時に痛みを発症させる。筋肉痛がない筋トレは、あまり効果が無い。

ただ、

体が筋トレを直ぐに受け付ける状態で無い時は、筋トレの運動習慣を身に付けるという目的で筋肉痛が発症しない程度の筋トレをやり続ける意味はある。体は急に筋トレに適応できない。筋肉痛の酷さを軽くする意味合いで最初は筋トレを筋肉痛にならない程度から始めるのがシニアの筋トレだ。

昨日、2時間ほど筋トレをした。今、体中の筋肉が痛み始めている。昨夜の就寝時には、体中の筋肉が熱を発している感じを味わいながら寝た。傷ついた筋肉細胞を修復する作業が体中で起きている。

私が意識して行っている筋肉痛の和らげ方

私は63歳のシニアである。夫婦二人の生活を送っている。会社生活を51歳の時に卒業して自分がやりたいと思った(チャンスと感じた)ビジネスで起業した。起業して12年が経過し、最初のビジネスモデルから次のビジネスモデルに移行している。起業して分かった事は、どんなに会社組織で出世しても会社を卒業したら、ただの人であることだ。

名刺から会社名と肩書が無くなった時に「君は何が出来るの?」と聞かれて、どう答えられるかが問われる。

過去の職歴がどんなに輝かしくてもそれは組織の歯車としての輝きでしかないと起業して悟る。会社の社長よりも八百屋のおじさんの方が偉く見える。創業者だからだ。大学卒業後、多くの若者は安全・安心を求めて大企業に就職をしようとする。それが私たちの世代では当たり前であった。既に線路が社会で引かれていた。それから外れる人は、落ちこぼれとみなされる雰囲気があった。

2018年の社会も同じだろうか。大きな社会的変化が起きていることは確かだ。変化をリスクと取る若者とチャンスと見る若者で生き方が変わってくる。シニアも同じではないか。

将来の見取り図を失って自分で海図を書いて行く老後の生活をリスクと見るか、チャンスと見るかだ。社会は、老後の生活をこうしなさいという路線をあなたのために提供してくれない。提供してくれる会社は、あなたの人生からお金を稼ごうとしている。そんな思いが頭の隅にある。

老いて行く自分はどのような生活を追い求めているのだろうか?

65歳を過ぎて働くことを辞めたシニアの生活はどのような生活になっているのだろうか。次の雇用先を探して働き続けるシニアもいるが、年金で生活が回るシニアならば働くことを辞める人もいるだろう。大手企業のOBは、働かなくても十分な年金をもらえる。国民年金+厚生年金+企業年金の3階建だからだ。

仕事をやるにしてもお金を稼ぐために仕事を探すのではなく、本当にやりたい仕事しかやらない。殆どの方は、仮の引退をする。しばらく、働かないで今後の生活をどうしようかと時間の流れの中でドリフトする。

仕事をしないで暇を持て余す生活にはいり、時々、会社の元同僚たちと酒を飲むぐらいかもしれない。私ならば、とても耐えられないだろう。絶えず、目先に何かをやるものが見えていないと気がすまない。

元上司、先輩、同僚に会っても話すことはない!

現役時代は、会社の仕事が中心で生活が回っていた。会社という組織を卒業すると人生は仕事だけではないと気がつく。60歳代は、まだ、元気だ。興味を持ったことに自分の時間を投入できる。最初から新しい仕事を探さねばと必死になる必要はないかもしれない。80歳までのロングスパンで自分の人生のマイルストーンを考えて見るのも面白いと思う。

自分の今までの人生を振り返ってみて、好きな事をやってきただろうか自問してみてもらいたい。

元会社員は、組織に飼い慣らされる。「安心と安全」との引き換えに嫌なことも積極的に仕事として割り切って働いてきた。自分が求めていない仕事を組織が押し付ける環境から、自分が興味を持つ仕事だけを追い求めることが出来る環境にテレポートした自分に戸惑うだろう。定年退職の世界はそんな世界だ。

意識をちょっと変えるだけで見ている景色がガラッと変わるのが60歳からの人生だ。

60歳から65歳までの5年間は好きな仕事を開拓する期間だ!