Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

私の義父は91歳になろうとしている。外出時にはいつもトイレを探しながら歩いている。尿漏れがあるかだと思う。老いて来ると失禁しやすくなるようだ。そのため、紙パンツをはいている。そんな状況を認識していたので何かもっと便利なものがないかとHealth Care IT展示会(東京ビックサイト)に行ってきた。

面白い道具を見つけた。誰にでも便利で使えるというものではないかもしれないがこの道具があれば助かるという老人男性がいるはずだ。ご紹介したい。

ズボンの中にこっそりトイレ「自立化多彩尿器」

私は、2015年11月にFreetel製Miyabiと言うスマホを2万円ぐらいで購入した。購入の決断をした要因は、バッテリーの取り換えが出来るからだ。バッテリーさえ買えれば、数年間は本体を使える。現在販売されているスマホの殆どがバッテリーの取替えが自分で出来ないようになっている。購入したお店に行ってバッテリー交換依頼をしなければならない。そのコストが1万円以上だ。自分でバッテリー交換が出来るスマホは、数千円で済む。

残念ながら、現在販売されているスマホの殆どがバッテリーの取替えが自分で出来ない製品だ。つまり、バッテリー交換のコストが高い。

シニアは買ったスマホを長く使うので価格よりもバッテリー容量が沢山あるスマホを選ぶべき!

相鉄線横浜駅改札口を出ると右側にThe Suit Company横浜西口店が見える。店舗の入り口にこんな告知があった。今までは無かったのだが。人材不足なのか、人件費削減なのかは分からない。洋服の店舗販売に興味があるシニアは電話してみる価値がある。全国各地の店舗で人材募集をしている。

employment

時給1100円は魅力的だ。労働時間は相談できるようだ。

探せば直ぐにアルバイト先は見つかるほど人材不足なのか?シニアでもチャンスがある!

60歳を過ぎると離婚する夫婦が多い。定年退職離婚だ。健康寿命が伸びるとシングルのシニアが増えてくる。これは避けられない。人間の運命はわからないからだ。伴侶が不幸にも先に他界したとき、一人で生きていかねばならない。男性、女性ともに抱える問題は孤独だ。

定年退職離婚と伴侶の他界で元気なシニアがシングルライフを始めるが、孤独とどう戦うかだ。1日に会話をする機会が激減する。会話のない生活は、寂しい。何か心に隙間風が吹いているような感じになる。

孤独を和らげるには、新しい人生のパートナーを見つけることだ。

シニア同士の結婚には幾つかの問題がある!

毎日楽しい事を考えている、思い描いている人はどれだけいるのだろうか。

多くの人は、私同様に今日はあれ、これをやらないとダメだなと頭で考えている。今日はこんな楽しいことがあるからウキウキするなあ!こんな思いを1週間に何度も経験している人は本当に幸せだ。

最近経験した楽しい事は、「Ghost in the Shell」の映画を見に行ったことぐらいだ。あと何があっただろうか?思い出せない。

今日、何か楽しいことがあっただろうか。OKストアで好きなランチのお弁当を500円以内で買えたことかなあ。悲しいかな、楽しいことがあまりにも少ない!

毎日、楽しくなることを一つ作りたい!

Coffee, Tea, or Me?"というペーパーバックを学生時代に読んだことがある。このペーパーバックスの物語とは直接関係がないが、今日のような春日和の日は、ケーキ屋のテラス席でケーキとコーヒーを楽しみながら桜並木を歩く人たちを眺めるのが気持ち良い。

京王線上北沢駅近くにある「パティスリーミヤハラ」は、桜並木の道に面している。お店の前には、テラス席があり、シニアのお嬢様たちがケーキとコーヒーを味わっている。

シニアのお嬢様たち:テラス席ではケーキとコーヒーが似合う!

65歳になったから、お金を稼ぐ仕事が無くなったと嘆いているあなた!

今の時代は、65歳から安定したお金の稼ぎ方が始まる。簡單ではないが、努力と挑戦するシニアならば誰でも出来る。私は以前から3インカム・ストリーム(3つの収入の流れ)を意識して作るべきだと書いている。3つの収入の流れは、65歳から作りやすくなる。

定年退職をした元会社員ならば、1つの収入の流れは出来上がっているからだ。年金収入の流れだ!後、2つの収入の流れを作れば3つになる。

あと2つの収入の流れとは?

今、横浜のみなとみらいに来ている。みなとみらいのスタバでブログを書いている。横浜駅から歩いてみなとみらいまで歩いて来たのだが、途中で色々な高齢者と行き交う。行き交う高齢者の顔を私は必ず見ることにしている。人生の大部分を過ごしてきた顔だ。顔にはその人の人生が描かれている。その顔はその人の心理状態を発信している。

日産ビルに行く橋を渡る途中で出会った70歳過ぎの高齢者男性の顔は、気が抜けた顔をしてメガネを歪んで掛けていた。とても、元気が良いハツラツとした顔とはいえない。精神的に何か病んでいる感じであった。

顔の表情は正直だ!

横浜ビジネスパークにある野外のテーブルでちょっと早いランチをしていたら、どこから一人の老人男性が近くのテーブルに座った。手には、缶ビールとつまみのビスタチオを持っていた。しばらくするとビールを飲みだした。そして、ピスタチオも食べ始めた。

その老人(75歳ぐらい)の椅子の下を見たら、ピスタチオの殻が沢山落ちていた。ビールを飲んでピスタチオの殻をむいて食べてという事を繰り返していた。ランチ時間に缶ビールとピスタチオだ。

公衆マナーに欠ける老人

横浜駅から海に向かって徒歩15分の場所に臨海パークがある。今日のランチは、OKストアで野菜天丼とソース焼きそばを買って臨海パークの公園内にあるベンチで海を眺めながら食べた。天気が良く気温が上がっていたので近くに住んでいる若い家族(母親と子供連れ)たちがピクニックに来ていた。

公園のベンチには、ホームレスらしき老人が荷物と一緒に寝ていた。彼を見ていると孤独と孤立が見えた。社会の中で目撃できる孤独と孤立ならば、問題を意識できる。これが、一人住まいのアパートに住んでいる高齢者であるならば、誰も気がつかない!孤立と孤独は隣り合わせだ。

孤立と孤独を自分の問題として考えたら・・・・

昨日、家内と一緒に「日本初の洋式競馬場の跡地に生まれた根岸森林公園」に桜見学と散策ドライブに行ってきた。桜は、まだ、開花していなかったが多くの家族連れがピクニックをしていた。その帰りにニトリ根岸店に立ち寄りお買い物。ニトリの出入り口に貼られたアルバイト・パート募集の張り紙に気がついた。時給が1,100円となっていた。アルバイト・パートの需要が高いのだろうと感じた。

シニアの方も採用しているらしい。

まだ働ける健康と体力があるシニアならば、肩慣らしにアルバイト・パートの仕事を試してみてはどうか。

未経験者歓迎とある!

65歳になったら何か生活に変化があるのだろうか。65歳になる前にいつもそんなことを考えているシニアが多いのでは無いか。多くのシニアは65歳で会社勤めを辞めるだろう。平日の出勤は無くなる。好きな時間に朝起きることが出来る。

今まで再雇用、再就職で65歳まで働いていた人にとっては、大きな生活の変化がやってくる。大きな生活の変化は、今までの生活習慣を改めることを強制する。

金融資産を確認して新しい借金をしないでローンを無くす!

世の中は上手く出来ている。次から次に体と頭を使わせてくれる。体をゆっくりさせようと思っていると仕事で技術的な問題が発生する。今もその問題解決で悩んでいる。昨年の12月から2月まで家内の母親が骨折で介護ベッド状態になり、介護支援で生活パターンが崩れた。

義母の回復まで後どれ位の月数がかかるか分からないが、体力を回復して自分の足で自由に歩けるようになるまで私たち夫婦の介護支援は続くだろう。当分、1週間を越える夫婦の旅行はいけない。もう少し、夫婦が楽しめる時間があると期待していたのだが、老夫婦の介護問題がやって来てしまった

人生に息抜きは必要だ!

人生に疲れたら非日常のイベントを楽しむことだ!

「てるみくらぶ」安売りトラベル会社が151億の負債を抱えて詐欺的な倒産(計画倒産)した。多くの旅行者がクレジットカードや現金振り込みで旅券や旅行代金を支払っていた。99億円が被害の対象額だという。クレジットカードで旅券を購入していれば、クレジットカード付帯の保証でカバーされると私は思っていた。セゾン AMERICAN EXPRESS CARDショッピング安心保険の内容を確認したら、旅券は保険の対象外となっていた。

三井住友銀行発行のVISAやMaster Cardも同様に旅券の代金を保険の対象外にしている。購入した旅券の代金はクレジットカードの付帯保険ではカバーしないという事実を再確認した。

セゾンAmerican Express cardで保険対象外になるもの

どのシニア夫婦の間で良くある話だ。家庭では、妻が主人。妻の手の平の上で夫は泳いでいる。妻なしには生活が回らない。それが、世の中全ての夫ではないか。別に日本だけではない。どの国でも類似な現象が夫婦間にあるのではないか。

歳を取ってくると妻の暴言が激しくなる。知らない人がその暴言を聞けば、喧嘩を仕掛けているように聞こえる。あの言葉は何がなんでもないだろう!と一瞬思えてしまう。そんな夫婦間の会話というか、妻からの一方的な暴言をスタバのカフェで聞いていた。

シニアの夫を子供扱いにする妻

tea2

毎日利用させて頂いているスターバックスが、珈琲屋からお茶屋に変身していた。最近、やっと気がついた。Teavana(ティバーナ)というお茶ビジネスをプロモーションしている。コーヒーのイメージからお茶のイメージに面舵一杯と行った感じだ。注文カウンターの上に見えるメニューでTeavanaのメニューが最初に表示されている。

tea1

注文時にアルバイトの女性にスターバックスは、珈琲屋からお茶屋に変わったんだね!と話したら、「Coffee & Teaがスターバックスなので!」という返答が帰ってきた。そうか、これからは、Coffee & Teaのスターバックスなのか。コーヒー飲料の競争が激しいのだろうなあ!

スタバは私にとって仕事をするオフィス!CoffeeであろうとTeaであろうと問題なし!