Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳を向けようとしているシニアは、定年退職後の人生をどうしようかと考えている。直ぐに再就職先を探すか、半年から1年ぐらい人生の休暇を楽しむか決めかねている。金銭的に余裕があるシニアほど、今まで出来なかったことをやろうと遊びに走る。定年退職後に遊びや人生の休暇、一服を優先するシニアは、65歳になって驚く。

人生の休暇は十分味わったので老後資金を貯めるためにもっと働きたいと仕事を探すのだが、見つからない。60歳を過ぎてから仕事を探すよりも条件が悪くなっているのに気づく。65歳以降の生活は、自動的に人生の休暇状態になる。

65歳から仕事を探すのではなく、10年先を見つめて自分に合った仕事を作り出す方が望みがある。経営者は、特別な技能や能力があるシニアでないと65歳を過ぎたシニアを雇用しない。お客を探せる営業が出来るシニアは年齢に関係なく雇用されるが、使い捨て労働者になる。人脈が尽きたところで雇止めだ。そんな現実を知らない定年退職者が多い。

人生の休暇は65歳以降でも間に合う!

こんな定年退職者に出会う。60歳で退職して失業届けを出し、半年後に失業給付金をもらいながら次の仕事先を探すシニアだ。失業給付を受け取る前の半年間を遊びに使っている。本来ならば、現役のビジネス感覚が体に残っているうちに次の職を探すべきなのだが。ビジネス感覚は、現場を離れている期間が長いほど失っていく。

私は組織で仕事をする環境からもう12年も離れてしまった。今の感覚は、一匹オオカミでのオペレーションでないと精神的に上手く行かない。感覚は、絶えず、最新状態にして置かないと鈍くなって行く。

失業保険給付を受けながら、彼はまだ仕事先を探しているようだ。給付期間も半年ぐらいだろう。半年で新しい就職先が見つかれば幸いだ。鈍ったビジネス感覚で新しい就職先を探すのは、シニアにとってマイナスであると私は思っている。

再就職にしても、起業にしても自分が無職になった時点で10年先の自分に向かってGOだ!

筋トレを始めたシニアが必ず直面するのは、翌日の筋肉痛である。使っていなかった筋肉を鍛えると必ず筋肉痛は起こる。これは筋肉を成長させるための避けられないプロセスだ。筋トレで損傷した筋肉細胞を修復する時に痛みを発症させる。筋肉痛がない筋トレは、あまり効果が無い。

ただ、

体が筋トレを直ぐに受け付ける状態で無い時は、筋トレの運動習慣を身に付けるという目的で筋肉痛が発症しない程度の筋トレをやり続ける意味はある。体は急に筋トレに適応できない。筋肉痛の酷さを軽くする意味合いで最初は筋トレを筋肉痛にならない程度から始めるのがシニアの筋トレだ。

昨日、2時間ほど筋トレをした。今、体中の筋肉が痛み始めている。昨夜の就寝時には、体中の筋肉が熱を発している感じを味わいながら寝た。傷ついた筋肉細胞を修復する作業が体中で起きている。

私が意識して行っている筋肉痛の和らげ方

私は63歳のシニアである。夫婦二人の生活を送っている。会社生活を51歳の時に卒業して自分がやりたいと思った(チャンスと感じた)ビジネスで起業した。起業して12年が経過し、最初のビジネスモデルから次のビジネスモデルに移行している。起業して分かった事は、どんなに会社組織で出世しても会社を卒業したら、ただの人であることだ。

名刺から会社名と肩書が無くなった時に「君は何が出来るの?」と聞かれて、どう答えられるかが問われる。

過去の職歴がどんなに輝かしくてもそれは組織の歯車としての輝きでしかないと起業して悟る。会社の社長よりも八百屋のおじさんの方が偉く見える。創業者だからだ。大学卒業後、多くの若者は安全・安心を求めて大企業に就職をしようとする。それが私たちの世代では当たり前であった。既に線路が社会で引かれていた。それから外れる人は、落ちこぼれとみなされる雰囲気があった。

2018年の社会も同じだろうか。大きな社会的変化が起きていることは確かだ。変化をリスクと取る若者とチャンスと見る若者で生き方が変わってくる。シニアも同じではないか。

将来の見取り図を失って自分で海図を書いて行く老後の生活をリスクと見るか、チャンスと見るかだ。社会は、老後の生活をこうしなさいという路線をあなたのために提供してくれない。提供してくれる会社は、あなたの人生からお金を稼ごうとしている。そんな思いが頭の隅にある。

老いて行く自分はどのような生活を追い求めているのだろうか?

65歳を過ぎて働くことを辞めたシニアの生活はどのような生活になっているのだろうか。次の雇用先を探して働き続けるシニアもいるが、年金で生活が回るシニアならば働くことを辞める人もいるだろう。大手企業のOBは、働かなくても十分な年金をもらえる。国民年金+厚生年金+企業年金の3階建だからだ。

仕事をやるにしてもお金を稼ぐために仕事を探すのではなく、本当にやりたい仕事しかやらない。殆どの方は、仮の引退をする。しばらく、働かないで今後の生活をどうしようかと時間の流れの中でドリフトする。

仕事をしないで暇を持て余す生活にはいり、時々、会社の元同僚たちと酒を飲むぐらいかもしれない。私ならば、とても耐えられないだろう。絶えず、目先に何かをやるものが見えていないと気がすまない。

元上司、先輩、同僚に会っても話すことはない!

現役時代は、会社の仕事が中心で生活が回っていた。会社という組織を卒業すると人生は仕事だけではないと気がつく。60歳代は、まだ、元気だ。興味を持ったことに自分の時間を投入できる。最初から新しい仕事を探さねばと必死になる必要はないかもしれない。80歳までのロングスパンで自分の人生のマイルストーンを考えて見るのも面白いと思う。

自分の今までの人生を振り返ってみて、好きな事をやってきただろうか自問してみてもらいたい。

元会社員は、組織に飼い慣らされる。「安心と安全」との引き換えに嫌なことも積極的に仕事として割り切って働いてきた。自分が求めていない仕事を組織が押し付ける環境から、自分が興味を持つ仕事だけを追い求めることが出来る環境にテレポートした自分に戸惑うだろう。定年退職の世界はそんな世界だ。

意識をちょっと変えるだけで見ている景色がガラッと変わるのが60歳からの人生だ。

60歳から65歳までの5年間は好きな仕事を開拓する期間だ!

5月19日から22日まで夫婦で実家に帰って年に一度の墓参りをした。その延長でドライブ旅行を続けた。実家に1泊、岐阜の郡上八幡に1泊、そして、愛知県の半田市に1泊して横浜に昨日帰ってきた。旅行中であったのでブログは更新しなかった。今回のドライブ旅行で色々な出会いと発見があった。少しずつ体験談をブログにして行きたい。

年に2回夫婦で2泊3日、または、3泊4日のドライブ旅行に出かける。毎日家内に飯を作って頂いているのでたまには家内の骨休みで旅行で美味しい料理を食べる機会を作っている。ドライブ旅行は自由で良い。好きな場所に行って、適当な場所を観光できる。体が元気なうちに夫婦でドライブ旅行をするのが一番楽しい。

自動車免許証を返納する年齢になったら、どうしようか?

60歳、65歳、70歳代のシニアが起業に挑戦している。60歳以上のシニアを雇用する動きは以前より増えているが、シニア人材のリソースを活用するような分野ではない。誰もがやりたがらない仕事をシニア労働者にやってもらおうという職が多い。働きたいシニアにとっては、魅力を感じない。どうしても働かなければ食べていけないというシニア層がそんな職に身を置いている。本来のシニアの能力を活かしていない。

その結果、

定年退職後、初めての起業に挑戦しようと頑張るシニアが増えている。

起業はお客がいて始まる!

最近、朝日新聞の朝刊を読むたびに目に入ってくる全面広告がある。ロコモア(サントリーの健康食品製品)や味の素のアミノエールの宣伝だ。若い人たちは、インターネットで情報を入手するため新聞を読まないが、シニア層は新聞で情報を取得している。その意味では、影響力がシニアに及びやすい。

ロコモアもアミノエールも体力低下(筋力の衰え)を飲めば直ぐにでも改善できるかのような印象を宣伝している。現実は、違う。

ロコモアもアミノエールも健康食品であり、病状を治す薬ではない。あくまでも食事で十分とれない栄養を補足する役割しかない。体力や筋力の衰えは、老化や生活習慣から起きている。特に足腰の筋力低下は、運動不足から来ている

定期的な運動をせずにロコモアやアミノエールなど健康食品だけで筋力を改善できると思い込んでいるシニアが多い。

楽して体力や筋力を改善できると思うべきではない!

定年退職後は、自由になる時間がたくさん生まれる。再就職を試みても上手く行かない。今後の人生の見取り図があれば、そちらに時間を費やすのだが、見取り図が無い。そんなシニアであふれている。再就職先を探すのも良い選択だが、いづれ年齢の壁で職をまた失う運命にあるという事を認識すべきだ。

誰かに雇われる人生から自分を雇う人生にシフトする時期が今である。自由になる時間がたくさん生まれれば、その時間を使って「お金を作る方法」を探せる。これに挑戦できるのは、心身共に元気でないと「お金を作る方法」を探せない。試行錯誤が必須だからだ。多くの失敗の上で初めて「お金を作る方法」を探し当てられる。

2018年の社会は、大きな変化の真っただ中にある。会社で勤める社員に副業、複業、兼業を勧める、または、義務付ける会社が生まれている。政府も新しい働き方改革というキャンペーンを試行して大手企業に弾力性がある労働環境を再構築するようプレッシャーをかけている。リクルートは、30歳までを「新卒扱い」として採用する方針を決めた。

今までの常識では考えられなかったことが起きている。

シニアは常識を覆すシニアのための仕事を作り出すべきだ!

60歳、65歳で起業するシニアが増加している。人生100年と言われるが、誰もが100歳まで生きられない。健康寿命は長くても75歳までだ。既に起業しているシニアは、70歳になる頃、引退を考え始める人が多い。その理由は、体力を要求する仕事で起業しているシニアが多いからだ。肉体は、老齢化すれば衰える。できるだけ、体に負担がない生活を求め始める。それが70歳代だ。

60歳代で起業しても肉体の老齢化で仕事が出来なくなるような起業の仕方は問題である。

肉体労働から知的生産労働にシフト

今50歳代の中高年の方は、自分たちの老後生活を安心して暮らすために3000万円から1億円ぐらいお金を貯める必要があると思っているはずだ。それが可能な方は喜ばしいことだが、多くの方はそんな大金を貯めることが出来ないと思っているはずだ。63歳の私でも無理であると思っている。

私と読者は同じ人生の船に乗船している。

多額の老後資金を貯めることが出来ない事が分かっているのであなたも私も出来ることをするしかない。ポイントは、2つある。

毎月お金が懐に入ってくる生活をできるだけ長く続ける!

横浜駅西口地下にある有隣堂書店の近くを通り過ぎようとしたら、目の前に80歳から90歳ぐらいのお爺さんが歩いていたというか、足を引きずりながら動いていた。その姿が異様な姿に見えた。足を引き上げる筋肉(腸腰筋)が衰えて足を前に引き出せないで引きずっている。膝を曲げることも出来ないため、昔のロボットのように足が棒のようになって足を引きずる。

もし、つまづいて倒れたら自分で立ち上がれないのではないかと心配した。

脚力を失う一歩手前の状態がこのお爺さんの歩き方ではないか。足を棒のように引きずりながら、ぎこちないロボット歩きだ。この方はまだ幸せかもしれない。自分の足で外出ができるからだ。できるだけ外出して歩く運動を心がける意志があるお爺さんだからだ。これが出来なくなると車椅子生活が始まる。自分で動ける範囲が制限される生活だ。

定年退職後、自宅で体を動かさずにゴロゴロしているシニアはこのお爺さんの足のようになる!

定年退職後にやりたい事が決まっているシニアは少ない。多くの定年退職者は、何を本当にやりたいのかが分からない状態で第二のキャリア探しをする。とりあえず、生活に困らないように仕事口を探すというパターンだ。自然な行動パターンだが、先を見て動いていない。新しい職が見つかっても短命で終わるのは見えている。

65歳の壁がある。

60歳でさえ新しい仕事先を見つけるのに苦労したのに65歳になった時は、それ以上の苦労が待っている。もう、65歳で雇用してくれるだけで幸運であると思い始めるはずだ。そんな現実を事前に理解し、その困難を回避する対策を今から準備すべきだ。60歳で定年退職するシニアは、大きな人生の節目に直面する。

定年退職する前にこれから20年先までの人生マイルストーンを考えておくべきだ。

あなたの人生マイルストーン

これから定年退職を迎えるシニア、または、リストラ対象になっているシニアは65歳以降にどのような仕事で生計を立てたいかを考え今から準備する事だ。60歳という年齢は、雇用する側から見て魅力を感じなくなる年齢だ。特別な能力、技術力、資格、魅力をアピールできるシニアならば雇用されるチャンスはある。

今の会社の仕事より楽な仕事は60歳以降は無いと思うべきだ。好きな仕事であれば、辛くても楽に感じるかもしれない。好きだから夢中になり辛さが辛さで無くなるからだ。ここに60歳以降に探す仕事のヒントがある。

現実を受け入れて5年先(65歳になる時)に好きな仕事でお金を稼げるようにする計画を立てて実行するのが60歳のシニアがやるべきことだ。

65歳以降は好きな仕事でお金を稼ぎ、老後を楽しむ!

テレビ放送が無料の民放テレビはコマーシャル広告で対価を得ている。NHK放送は、視聴者からお金を頂いて番組制作をしている。制作費がかかる番組は、NHKが多い。民放のテレビ番組は、あまり制作費をかけないで視聴者を増やそうとする。人気がある芸人や俳優・女優を起用して番組の内容よりも出演者のブランドで引きつけようとする。

「番組の質」という視点で見ると民放のテレビ番組は落ちる。見て何かを考えさせたり、感心したり、発見したり、学べたりする番組が少ない。テレビを見る人の好みにもよるが、 時間と費用がかかるドキュメント的な番組はNHKが優れている。NHKスペシャルの特集は、感心する内容と質がある。

無料のサービスはありがたいが、質の面で満足できない。有料サービスは、質が伴わないとお金を失うリスクがあるのでそれなりの質を維持する配慮がある。NHK放送は、一度支払いを始めると止めるのが難しいのが難点だが致し方ない。他の有料サービス、例えば、Netflixなどのネットストリーミング放送は月単位で視聴契約を止められる。面白くなくなればすぐに視聴者は、その有料サービスを止められる仕組みになっている。

老い先が短いシニアは「質」を求める生活が良い!