Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

人生を振り返って奇跡に巡り合ったことが有っただろうか。若い頃は、奇跡を信じて夢を見ていた時があった。殆どの場合は、夢は夢でしかなかったが、追い求め続けていくうちにタイミングは合わないが夢が実現していたということがある。

ただ、

万事都合よく自分の人生は動いていかない。シニアの老後も同じだ。何かを求めて続けて地道な計画と努力で老後の生活を作って行かないと夢みたいな奇跡は起こらない。

ここにタカラトミーの人生ゲームのCM動画がある。「奇跡はめったに起こらない」という動画だ。就活で面接に向かう女子学生のCM動画である。見てみて夢と現実の違いを感じ取れる。中国でこの動画がすごい人気だという。

自分の人生に奇跡が有っただろうか?

パソコンを使ってウエブで情報発信をしているとキーボードを使う頻度が多くなる。必然的にキーボードの音が周りの人に伝わる。静かなカフェでパソコンを使っているとキーボードの音が気になり始める。

ただ、

仕事に夢中になり始めると知らないうちに周囲の人の目が鋭くなる。そんな経験を過去に何度かした。昔のノートパソコンのキーボードは、キーを打つ度に音がした。安いノートパソコンはまだこのようなキーの音を出す物が多い。

昨年7月に購入したChromebook Flip C302Cノートパソコンは、比較的物静かなキーボードであるがキータッチがあまり良くない。そこでキーボードの音だけでなくキータッチも改善するキーボードカバーを買った。

keyboard cover

Keyboard Coverを使うメリット

2018年7月は異常気象である。日中の気温が35度以上の日が続く。こんな時に熱中症になったら、仕事もできない。毎日自宅から20分掛けて最寄りの駅に歩く生活は、暑い日は厳しい。駅の近くにスーパーがあるので必ず立ち寄って冷たいスポーツドリンクを安く買って電車が来る間に喉を潤す。シニアは20分外を歩くだけでも体から水分と塩分が流れ出る。 

体がだるくなる前に適度の塩分と水分を体に補給しないと知らない内に熱中症になるリスクを高める。事前に暑い夏を涼しく過ごす方法を考えて実施するしか無い。

暑い夏、熱中症にならずに涼しく過ごす方法

ランチを食べにスタバを出た。向こうから同年代らしきシニアが歩いてきた。お腹はビール腹のように出っ張っていて明らかに肥満体だ。顔を見ても苦しそうに歩いている。誰が見ても先が短い感じがした。

昨日、私の携帯電話に横浜市国民健康保険から電話があった。前回行った人間ドックで血糖値が正常値よりもちょっとだけ大きかったのだ。初めて血糖値で正常範囲を超えたためなのか、特定保健指導の対象者になってしまった。私の場合、動機づけ支援対象者になっていた。定期的な運動をするようにということだ。

BMIは、23.5、血圧も標準値、中性脂肪やHDLコレステロール値も正常範囲だ。特定保健指導の対象者になる基準を参考にするとどうも腹囲サイズ86cmと血糖値だけが正常範囲を超えていたためのようだ。

肥満体の人は自分が消費する1日の消費カロリーを知る必要がある!

「お金持ちになりたければ、何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組みを作る」のが誰も望むことだ。私もそんな仕組みを作ろうと頑張っている。70歳を過ぎても働けるシニアは、労働収入+年金で経済的な生活面で余裕が生まれる。誰もが健康で働ける体を望むが、叶えられないシニアが多い。

誰かに雇用される労働形態では、限度がある。一番良いのが、簡単ではないが、自営業をすることだ。自分でビジネスをすることで自分を雇用する。これであれば、生涯現役を叶えられる。

理想を言えば、「何もせずとも自動的にお金が入ってくる仕組み」知恵と努力で作り上げることだ。この仕組を追い求めるシニアであれば、チャンスは有る。今、60歳代ならば、10年かけてその仕組みを作る挑戦をしてみると良い。最初から出来ないと思わないことだ。

体が弱くなってくる年齢75歳頃を目標にお金が苦労せずに入ってくる仕組みを作る

異常気象による豪雨で広島、愛媛、その他周辺地域で死者100人以上の災害をもたらしたニュースが毎日報道されている。豪雨による河川の氾濫と土砂崩れによる被害が多い。これから徐々に有志ボランティアによる災害支援活動が活発になる。物流網が切れてトラックによる支援物資も遅れている。

テレビでは、まだ、積極的に募金の呼びかけやボランティアの募集をしていない。二次災害が起きる可能性が強いからだろう。豪雨はまだ続くようだ。自然災害を見て私が住む地域に同じことが起きたら、どうしようかと戸惑う。土砂崩れで自宅を失ったり、家族を失ったり、家財道具を失ったり、人の人生を狂わす災害をテレビで目にする。 

福島県の津波災害のことを思い出す。今回は、津波ではないが豪雨による河川の決壊で津波と似たような水の流れが起きた。多くの住民が逃げ遅れて屋根の上で救援を待つ映像がテレビで見えた。自衛隊が派遣されて救助活動をしていても広範囲に渡る災害に手を焼いている。

災害の被害に有っていない私が出来ることは何だろうかと考える。

災害支援をしたくても出来ない、分からないことが多い!

朝から外出を余儀なくされるシニアは、いつも、リュックを背負っている。私もそうだ。私の場合、リュックの中に仕事道具が全て入っている。ノートブックパソコン、ワイヤレスモバイルルーター、SIMフリータブレット、ノートブックパソコン・スタンド、マウスなどだ。その他書類も入っている。

毎日外出すると雨の日がある。雨がキツイ時は、リュックにアメよけカバーをつける。こんな製品だ。

rain protection cover

私にとってこのレインプロテクターカバーは必須だ。何故か?

リュックに雨が入ると困ることが多い!

男は若くても老いても若い女性の美に引き付けられる。私は63歳のシニアだが、若い女性が横切ると必ず見てしまう。家内は若い男性を見る。お互い様である。若さへの魅力から目が離れない。私たち夫婦もかっては若かった。 

最初に見るのは、顔だ。顔は好き嫌いがある。Beauty is in the eye of the beholder(美は見る人によって違う)。私は、綺麗なロングヘアーが好きだ。髪を巻き上げている女性は、どうしてもうなじを見てしまう。

後ろ姿では、タイトなジーンズのヒップラインが気になる。お尻の形が綺麗な女性はそれだけで価値がある。ウエストとヒップサイズのバランスが取れていないと綺麗なヒップラインが台無しになる。

シニアの男性にとって若い女性の美は、本能から湧き出た泉のような感じだ!

51歳に起業してずっと一人社長&社員で生計を立ててきた。63歳になってまた会社員に戻り仕事をすることはもう精神的にできないと感じている。一人で自由にスケジュールを立ててお金を稼ぎ出すと上司の管理下で与えられた仕事をする環境に苦痛を感じると思うからだ。10年以上、会社という何らかの組織で働く環境から離れると組織で働くという感覚が失われる。

組織で働くという感覚は、定年退職をしたシニアも年数が立つに連れて弱くなってくる。コレは確かだ。この感覚が強くなると会社に再就職、または、派遣社員で働くということに精神的な苦痛を味わう。

私は、NPO団体のメンバーに成っているが自主参加を原則にしているので気持ち的に楽だ。これが義務になると続かないと思う。パートやアルバイトは、働く時間が短いし、自分の都合が多少反映しやすい自由がある。これを考えるとシニアの仕事は、上司からの管理や義務のストレスが多い職場では上手く行かないのではと思う。

自由を知った小鳥は元の鳥かごに帰る選択はしない!

私の住まいは、自然豊かな丘の上にある。大規模集合住宅であるが、3つの公園に囲まれて道路から離れているため非常に静かな場所である。近くには、超高級老人ホームがあり、老人ホームのロケーションとして最適なようだ。

ただ、

一つだけ欠点がある。若い家族の住民には、最高の環境であるのだが老人にとっては自動車がないと不便な場所になる。丘の上=駅まで20分の徒歩になるからだ。下りは楽だが、登りは大変。60歳代以上のシニアにとっては、特に奥様たちにとっては嫌われる欠点になっている。

この場所で定住して23年が過ぎた。入居当時の住民の平均年齢は40歳前後の感じがした。23年経てば、住民の大半が還暦を過ぎている。住民の出入りがあったとしても多くはシニア層が占めている。シニアの奥様たちが井戸端会議で集まると、決まって話題になるのが老後の住まいをどうするかだ。

老後の住まいを決める上での要素は?

2018年1月1日施行された「休眠預金」に関する法律で注意することがある。この法律は、「10年間異動がなかった口座の預金は休眠預金に移管され、民間公益活動に活用される」と言うものだ。「異動」は残高が変わるような取引を言う。つまり、入出金があれば良い。口座の残高照会や通帳への記帳などは残高が変わらないので行っても異動として認知されない。

銀行と郵便局では、「休眠預金」の取り扱い方が違う。郵便局にあるお金が20年2ヶ月間何も入出金の「異動」がなかったら、そのお金は国に没収されて権利を失う!

長年使っていない「休眠預金の口座」にお金を少しでも良いから引き出す、または、入金する

関東は昨日梅雨が開けた。7月になり、いつもの暑い夏がやってきている。若者たちとシニアの夏の過ごし方は違う。若者たちにとっての夏は、可愛い女の子との甘い出会いを期待する夏である。60歳を越えたシニアにとっては、この暑い夏を生きて快適に過ごせるかどうかだ。体が弱くなってきて、体温調整機能も衰えてきている。知らない内に老化が悪さをする。

プラザストアーに行くと、暑い夏の暑さを防ぐグッズが紹介されている。シニアは、特に首を冷やす冷却タオルが必要だ。水に濡らして絞り、一振り二振りして使う。

シニアは熱中症にやられやすい!

いつも思っている事はいつか現実のものとなる。そんな感じを受けている。「こんな生活をしたいなあ!」といつも思いながら仕事をしている。私の仕事は、「こんな生活をしたいなあ!」を実現させるためにある。

私が会社員であった40歳代の頃、カフェでコーヒーを飲みながら好きた場所、時間に仕事をしている自分の姿をイメージしていた。この数年、このイメージが現実のものになってきた。51歳で起業して仕事場をカフェのスタバにしていたが、絶えず、顧客の法人を意識して打ち合わせを持ったり、営業したりしていた。そのワークスタイルは、決して私がイメージしていたワークスタイルではなかった。近いが、違っていた。

還暦を迎えた時にビジネスモデルをシフトした。法人の顧客相手のビジネスはもうこれ以上追求しないで自分が作り出す市場で完結するビジネスモデルにビジネスを集中させる事にした。インターネットのビジネスは、収益を得るための大前提がある。サイトを集客サイトに育てることだ。アクセスが少ないホームページでは、ビジネスが生まれない。多くのユーザーがやってくるホームページを作り出さないと現実の社会の中で足でお客さんを捕まえるしかない。

いつも思い続け、求め続けている生活は必ず現実のものになる!

NHKテレビ放送受信料を毎年支払っている。どうも、NHKテレビ受信料は税金みたいだ。昔は、支払うのが嫌で拒んでいたが、この数十年支払い続けている。民放の番組と比較すると確かに広告がないだけ良い番組が多い。NHKスペシャルの番組、大河ドラマ、特集番組、ドキュメント72時間、鶴瓶の家族で一杯など見て価値を感じる番組がある。

ただ、

ネットでこんな噂、または、事実の話を知った。

「NHKテレビ放送の受信契約を解約しないと契約者が死亡しても支払いが続く」ということだ。 確かに一人住まいで生活していた人が死亡するとNHKテレビ放送の受信契約解約が出来ない。家族が気が付かない限り、契約者が他界しても支払い契約は続く。

一人住まいの自宅に誰も住んでいなくても契約が解約されない限り、テレビを見ているとNHKは解釈する。一人住まいをしているシニアは、テレビ視聴が唯一の余暇になっているのでテレビを手放さないだろう。

家族は他界した親のNHKテレビ放送受信契約の解約を忘れないことだ!忘れると請求書が解約されるまで追ってくる。

10年先の世界は、還暦を過ぎたシニアが活躍する社会になっているだろう。

ただ、

活躍できるシニアと出来ないシニアが生まれる格差社会になる。この10年の内に若者を対象とした高等教育が崩れる。現在の大学の数は、少子高齢化社会を反映していない。人気が無い大学は倒産するか、教育対象者を若者からシニアに鞍替えするしかない。

問題は、

還暦を過ぎたシニアが求める知識を大学側が提供できるかどうかだ。シニアの仕事に密着した実利を得られるスキルを学べる大学でないとダメだろう。若者対象の純粋な教養と学問ではシニアのニーズを満足させない。

学び直しをしたいシニアには色々な選択がある!

シニアが未経験の仕事に挑戦しようと思った時、ただ単にお金が欲しいだけの動機では続かない。どうせ自分の時間と労力を投資するならば、自分の人生を楽しくする、有意義にする、後悔しない経験をする動機が無いと勤まらない。例えば、私が介護のパートをやろうとしても強い動機付けが無い。強い動機が無いと直ぐに辞めたくなる。

経済的に苦しんでいないシニアであればあるほど、自分で逃げ道を作っている。ただ単に暇な時間を有効に使いたいだけなのだ。経済的に余裕が無いシニアの場合、苦痛をお金に換える労働をする。生活するためのお金が必要=お金が稼げれば何でもするという動機だ。こんな方は、単価の高い誰もが嫌がる仕事をすることになる。

私には、逃げる選択が有り過ぎるので今敢えて新しい仕事(雇用される仕事)に自分の時間と労力を投資する必要が無い。もし、家内が許してくれるならば、筋トレ目的で大きなショッピングモールでショッピングカート収集作業をやって見たい。インターネットの仕事は、座って作業をする仕事がほとんどだ。1日中、ずっと、パソコンの画面とにらめっこなのだが、自分で働く時間を自由にコントロールすることできる。

午前中は、インターネットの仕事をして、午後1時から5時までショッピングカート収集の力仕事をするという感じだ。別にショッピングカート収集で稼ぐアルバイト代が欲しいのではない。体を動かして筋肉を毎日鍛えたいだけだショッピングカート収集の仕事は、足腰を鍛える。稼ぐアルバイト代よりも鍛える筋肉の方が価値がある。

シニアが未体験の仕事に手を出す時はお金以外に何を得るかをはっきりさせる事だ!