Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

2019年1月3日の朝になってしまいました。家内の実家で子どもたちと初孫を含めて豪華なおせちを食べて過ごした元旦があっという間に過ぎ去ってしまいました。気が付いてみれば、もう、3日である。

老健施設に入居している義母を1泊2日の自宅泊に連れ出した。自宅を離れて1年以上が過ぎた義母にとって住み慣れた自宅に帰れたのは精神的なストレスを一時的に開放したかのように感じる。おかげさまで老健施設での足腰のリハビリの効果が出てきたためか歩行器で自分の移動が出来るようになっていた。

1年ほど前は、ベッドの上で身動きが出来ていなかった状態であった。すごい回復だ。今年87歳になる。初期の痴呆症が進んでいるが、まだ、普通の会話と判断能力がある。同じことを繰り返して話したり、記憶力が落ちてこちらが話したことをすぐに忘れがちである。

2019年はどうなるのだろうかなあ!

1時間並んだ初詣、家内の実家、今年絶対やり続けたいこと!

Quora(くおら) にアクセスすると下記のような画面になる。 

 quora-top

初めての方は、こちらで登録する必要がある。登録後にMy Quoraのページで色々な質問と回答を参照できるようになる。質問があるときは、このページで質問をする。

シニアにとってQuoraは認知症予防になる

シニアの年末の挨拶「良いお年をお迎えください。もし、生きていたら来年もよろしく!」と挨拶をしている会話が聞こえてきた。今日は、私の筋トレ納めの日。スポーツジムは、明日の午後3時までオープンしているが、多くのシニア筋トレマニアは本日を筋トレ納めにしている感じだ。

80歳近い高齢者が帰りがけに70歳近いシニアに年末の挨拶をしてスポーツジムを出て行った。「良いお年をお迎えください。もし、生きていたら来年もよろしく!」という言葉が何故か頭に残っていた。

wife image

60歳を過ぎると自分の命が何時亡くなっても不思議ではない!

work with chromebook

11月に最新のHP製Chromebookを購入して毎日仕事で使っている。お金を稼ぐための道具だ。写真はサムソン製のChromebookだが写真が気に入っている。日本では、Windowsパソコンが主流であるが米国やヨーロッパはChromebookにシフトし始めている。

私の仕事は、いつも、ネットワークに接続されている環境でないと出来ない。Chromebookは、ネットワークに接続していないと効果を発揮しないパソコンである。私のニーズをChromebookが満たしている。

64歳になるシニアが知る人ぞ知るChromebookパソコンを使ってお金を稼いでいる。お金を稼ぐのに都合が良い道具としてChromebookがある。私は、2年ほど前からChromebookマニアになった。それほど、魅力を感じたからだ。Windowsパソコンにない利便性がたくさんある。

インターネットビジネスを続けるには、健康でなければならない。同時にお金を生むビジネスモデルを成長させたり、新しい種を育てたりしなければならない。継続雇用されているシニアは、会社勤めが後1年になる。私にはその時間的リミットがない。

64歳という年齢

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。