65歳からの人生 - お金、筋トレ、健康、仕事

60歳、70歳、80歳代になっても男性としての本能は元気に生きている。違うのは、思うように性的欲求を処理できなくなることだ。肉体的な刺激は年齢とともに衰えてくるが、精神的な欲求は変わらないのではないかと私は感じている。老人、高齢者のラベルが貼られる年齢になると体の機能が駄目になってくる。老化現象ではないか。

何歳になっても精子は作られる。これは本能であるので避けることが出来ない。作られた精子を体の外に出さないと体のメカニズム上で健康的でない。このメカニズムには個人差がある。体を鍛えている老人であるとテストステロンと言う男性ホルモンが分泌されて体を若くする。

新陳代謝を活発にする筋トレが若さを作り出す鍵!

定年退職を控えたシニアは、自分の武器の棚卸をすべきだ。

会社にぶら下がる人生はそう長くは続かない。どんなにこの会社で働きたくても会社の都合が優先される。60歳を過ぎれば、世の中の動きが分かるはずだ。最終的に自分で自分のビジネスを作り出すしか方法がない。

自分で自分を雇用する。ビジネスオナーになる。部長になるよりも社長になる方が簡単だったという事になる。

だが、

生計を立てる自分の武器は何だろうか。それを発見し試せるウエブサービスがある。

自分の得意をサービスにする

若いときと違って心がワクワクする時が少なくなっている。人間として経験すべきことはほとんど経験したためだろうか。子供は大人になって自分たちの人生を歩み出している。もうすぐ、世代が変わろうとする。孫が生まれれば、この世を去る順番が世代的に私達の年代だ。私達世代の両親は、他界している場合が多い。

後を継ぐ者たちがどんどん生まれてくる。

いつ、この世を旅立つときが来るか分からない。元気で健康ならば、死が近づいてくるのを待つよりも自分を楽しませることを考えて実行するほうが有意義だ。

興味を引く瞬間、欲しいものを買って使い始めた時、目が釘付けになる!心がワクワクしているときだ。

喉の炎症から始まった夏風邪。喉の炎症から鼻炎になり、いつもの自然治癒パターンに入ったが、完治するまで2週間かかった。週2回筋トレをする運動習慣が途切れた。筋トレの回数で4回、体を鍛える機会を損失した。夏風邪と筋トレのお休みで体の調子はあまり良くなかった。昨日は、完治した体で筋トレして、いっぱい汗をかいた。

案の定、今朝は体中筋肉痛である。シニアの筋肉は、若者よりも筋力の後退が激しい。ベンチプレス83kgがいつもの回数よりもできなかった。筋トレの習慣に乱れが生まれると筋肉が怠け始める。 

シニアの筋トレの基本は無理をしないこと。そして、継続することだ!

63歳になっても73歳になっても老化から逃げる事は出来ない。年々、気が付かないうちに以前出来た事が出来なくなっている自分の体。もう、若くないと言う事を気付かせる。老いて体は衰えるという自然の理に逆らえない。精神的には、まだ、30歳代と感じていても体は思っている以上に年寄りの体になっている。

63歳の私は、週2回スポーツセンターのジムで筋トレをしている。筋肉と体型は、63歳に見えないほど若く見える。

だが、

筋肉のように鍛えれば良くなる肉体ではない。内臓器官は鍛えようがない。視神経はもう神に任せるしかない。私が出来る事は、避ける事が出来ない老化を素直に受け入れてやれる範囲で老いて行く体を使い切るしかない。

シニアの誰もが若く成りたいと願っているが、年相応の生活をするしかないのが現実だ!

少子高齢化で労働者数が減り、働き方改革というスローガンだけが浮いている。長男夫婦は、共稼ぎをしている。もうすぐ、子供が生まれる。産休、育休期間の後に会社に復帰して働きたいと彼女は思っているのだが、赤ちゃんを預ける保育園が見つからないという。どこの保育園も受け入れが出来ないほど満員だ。都内に住んでいるため、そんな状況に陥っている。

65歳のシニアは、単純に年齢だけで書類選考から落ちる。自分の今までのスキルが生きる職がハローワークに無い。社員を雇用する側にも条件があるから無理もない。今の日本社会は、もっと労働力を求めているのだが、足元に労働力があるのに活用できていないでいる。

産休、育休を終えた女性は優秀な労働者だ!65歳シニアは元気でやる気満々!

どの分野でも美味しい仕事(面白くて遣り甲斐があり報酬が良い)は積極的に奪って行かないと手に入らない。誰もがそんな仕事を探して社内転職、社外転職をする。競争は激しい。激しい仕事の取り合いに65歳を過ぎたシニアが入れるだろうか。門前払いが最初の返答だろう。

人材不足とメディアは騒ぐが、不足している人材は誰もが積極的にやら多がらない3Kの仕事が多い。精神的、肉体的苦痛を伴う仕事が多い。ホワイトカラーの仕事を長年してきたシニアならば、ブルーカラー労働者の仕事を探さない。探す前から耐えられない事を知っているからだ。

単純に仕事を今求めたいと思っているシニアならば、確実に見つかる仕事がある。介護の仕事だ。絶対的にマンパワーが足りていない。猫の手も借りたいほど人が見つかっていない。私は介護の仕事をやりたいという強い動機がないので仕事探しのリストから外している。というか、自分の仕事があるのでその必要が無いのが現実だ。

介護の仕事は、強い動機付けが無いと続かない。取り扱うものが老人と言う人間だからだ。認知症を持つ老人であれば、普通に接する事が出来ない。

遣り甲斐のある仕事で老後の生活を送りたいならば、自分の専門分野で仕事にすることだ!

パソコンを一生懸命に学習しているシニアがいるが、時代はパソコンよりもスマートフォンに向かっている。1980年代にワープロがOA化の目玉であったがあっという間にパソコンに食べられてしまった。同じような現象がこれから起きるだろう。一般のユーザーがパソコンで行う作業は、すでにスマートフォンでも簡単にできるようになった。

画面が小さいという問題もスマートフォンをモニターにつなげれば解決する。それが出来るスマートフォンが販売されている。パソコン教室で教えているExcel、Word等のアプリケーションの操作は、企業で働く上で必須になっているが企業で働く機会を失った老人がパソコン教室で学ぶ意味は少ない。

むしろ、

自分の実生活で役に立つスマートフォンの操作を学び熟したほうが価値がある。

スマホを使うシニアが急増し、スマホがパソコン以上の仕事をする!

65歳で会社を卒業したシニアには、どんな人生の選択があるのだろうか。

  1. 再就職先を探して働く
  2. 引退生活を始める
  3. 派遣社員になって得意な分野で自分の都合にあった労働をする
  4. アルバイトやパートをして小遣いを稼ぎ、自由な生活を送る

会社勤めが長いシニアは、年齢に関係なく会社組織で働き続けたいという希望がある。多くの会社は、65歳という年齢だけで雇用差別をする。その結果、働ける体と気力があるのに働く機会が無いシニアが増えて、時間を持て余す生活を送っているシニアが増加する。

東京キャリア・トライアル65

「これまでの経験、ノウハウを活かしてまだまだ仕事をしたい」というシニアを、東京都がサポート。
「東京キャリア・トライアル65」は、シニアの就業機会拡大を目的として、65歳以上のシニアを企業に派遣する新たな取り組みです。(引用先:東京キャリア・トライアル65

東京都在住の65歳以上のシニアで仕事探しをしている人

最近知ったことで介護現場でセクハラが横行しているという。本能的欲求を抑えられない老人男性が介護ヘルパーの女性に性的な言動、依頼、タッチなどのセクハラ行為をしているケースが増えているという。介護が必要な老人が、なぜ、そんなに元気なのか?一瞬、驚いてしまう。

根本的な介護現場の問題

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。