65歳からのシニアの人生 - 定年退職後の生き甲斐、働き方、起業、筋トレ、お金

63歳のシニア男性が70歳以降の生活を想像している。来年は64歳だ。実質、70歳になるまで6年ぐらいしかない。70歳になるまで生きているという大前提でどんな生活が待っているかを考えて見たい。

会社で働き続けているシニアが65歳を過ぎると雇用から解かれる事になる。年金をもらいながらアルバイトやパートをしながら小遣い稼ぎして空いた時間を今までやりたかった事に使っている。

ただ、

定職が無い生活に戸惑いを覚え始める。私が所属するNPO団体には、65歳を過ぎたシニアが入会してくる。多くは、暇な時間をもっと有効に使いたいという気持ちからだ。同時にどこかに定期的に行く理由を求めているからだ。70歳まで幸運にも働き続けられたシニアも何かを求めてNPO団体に入ってくる。

動機は様々だが、共通している事は暇な時間を何とかいしたい!自宅以外に定期的に行く場所が欲しい。

70歳なった時に仕事に左右されないライフスタイルを!

60歳で定年退職をして、65歳で雇用延長が終わり、完全に会社を卒業した65歳シニアは、毎日が日曜日という生活に突入する。毎朝、定時にスーツとネクタイを来て出勤するという習慣が突然消える。朝食を食べながらテレビを見る。家内は家事で忙しく動き回る。自分は新聞を読みながら何をしたら良いのだろうかと思いにふける。

会社という鳥籠から放された鳥は、空高く舞い上がったのは良いがランディングすべき場所が見つからない。そんな65歳シニアが大勢いるのではないだろうか。

会社時代は、日中の午前9時から夕方5時まで仕事で時間が使われていた。日中の8時間が65歳のシニアにとって悪夢になる。仕事をしていた時は、仕事がその8時間を埋めていた。今は、日中8時間を確実に埋めるものがない。読書をするにしても8時間ずっと本を読んではいられない。新しい生活のリズムを自分で作る必要がある。

仕事を失った65歳シニアの時間の使い方

定年退職をして70歳までアルバイトやパートをしながら好きな生活をしてきたシニアが自分の老化と死を感じ始めると自分の人生について考え始める。会社を卒業したら、もう、出世は人生の目的にはならない。生活をするためにお金を稼ぐ必要があるが、お金を貯めるだけが人生の目的ではないことに気付く。

老後の生活には、その人の思いが現れる。自分の人生は何だったんだろうか。このまま終着駅に向かって時間を過ごすだけで自分は満足するだろうか。そんな思いが頭を過るのではないだろうか。老後の生活と人生を充実させるには、人生の意味や目的を感じさせるものを見つける必要がある。

老後の価値観が変わる時に思うことは?

今日の午後は、スポーツセンターに行って筋トレをする予定であった。自宅でランチを食べる前に時間があったのでNetflix配信中の”Good Witch”と言う米国テレビ番組シリーズを見ていた。見ていたら、あっという間に2時間が過ぎてしまった。筋トレに行くことを止めてスタバに直行し、仕事をしている。

Good Witch(グッド・ウイッチ)の番組を見ていると日本人にはない愛情表現がテレビドラマの中で見受ける。米国のテレビドラマだから当然といえば当然だ。このドラマをこの2ヶ月間ずっと続けて見ているが、見るたびに主人公のキャシーと恋人役のサムとの会話に見えない愛情を感じる。

見えない愛情が言葉のキャッチボールから生まれている。そんな見えない愛情が私たち夫婦の会話にもある。Good Witchのドラマを見てそれを発見した。会話がなくなったシニア夫婦が定年退職後に熟年離婚したとか、卒婚になったとかを聞く。

実は、私の妻は”魔女”。私は、彼女の魔法で虜になっている。子供の頃に見た”奥様は魔女”に出てきた旦那が私だ。家内には、不思議な力がある。磁石のように人を引きつける魅力だ。彼女はいつも多くの人に囲まれている。妻には人を引きつける魅力があるが、私にはそんな魅力がない。

この記事は長編になる。時間がある時にゆっくりと味わってくださいね!

熟年離婚や卒婚を避けるシニア夫婦の愛情の感じ方・伝え方

自宅にある自分のものを見てもう二度と使わない物が多くあるのに気がつく。多くは、過去の産物だ。自分の思い出として自宅のスペースを埋めてそのスペースを有効活用できなくしている。仕事柄、コンピューター関連の道具(パソコン、HDD、コード、バッテリー、DVD、記録メディアなど)があまり出番が無いのに置かれている。機器自体は、まだ、使えるのでいつか使うだろうと思ってそのままになっている。

現実の話、10年前に買ったノートブックパソコンが今の私の仕事で使えない。まだ動くが使わないノートブックパソコンが2台ほどある。もしも時に使えるだろうと残しているのだが、多分、もしもの時は来ない。

私の家には、まだ使える、万が一の時に便利、捨てたらもったいない、あったら便利、まだ着れる、昔の思い出、二度と読むことがない本などの理由で置かれている、使われない物がたくさんある。

まだ63歳で肉体的に若いので生活上で何も不自由はない。昔ほど物欲はなくなったが、仕事で使う物には絶えず目が行って買いたくなる。夫婦二人の生活なのだが、自宅には独立した子供のものが置かれている。長男はすでに子供ができた。完全に独立した家庭になった。私が65歳になる前に長男や次男のものを片付けようと思っている。

勝手に捨てると怒られるから事前に子どもたちに期限を切って知らせることにする。私が65歳になったら、子どもたちの所有物は自動的に捨てることになるから自分の住まいに持ち帰るようにと。

終活に都合が良いシンプルな暮らし

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。