シニアの仕事、機会、居場所、仲間、生活 - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

ある会社の若い社員とシニアのリソースの有効活用について話し合いを持った。

彼らにとってシニアの人たちは、理解できないという。20歳代、30歳代の若者が60歳代、70歳代のシニアを理解できないのは当たり前だろう。おじいちゃんと孫の年齢差がある。

だから、そこに新しいビジネスを生み出す機会がある。

ヤングとシニアを集めて一緒に仕事をするという単純な組織は上手く行かない。今求められているのは、ヤングもシニアもそれぞれのWork-styleで仕事が行われる新しい仕組みである。

Young and Old

60歳以降の生活

会社から給与を頂いて生きて来た会社員生活をリストラや定年退職で終わるとどのような生活(人生)が待っているのだろうかと思う人がほとんどである。人的なネットワークを有しているか問われる。

自営業の生活を続けている人たちにとっては、当たり前の生活であるが給与が自動的に会社から銀行口座に振り込まれる生活をしてきた元会社員にとっては大変な変化である。

老後の生活は誰もが心配する!

Never giveup

アクティブに社会の中で活動しているシニアは、少しづつ時代の変化に追い付いていこうと努力をしている。パソコン、タブレット、WiFi、ホームページ、ネットバンキングなど新しい時代の産物がシニアに理解されずに生まれてきている。

そんな時代の変化が大きくてもアクティブに社会の中で活動しているシニアは、新しい文明の利器を使いこなそうとしている。

アクティブシニア

現時点で年金を受給できているシニアは、団塊の世代の方々である。受給年金額が目ぼりしていない。なんとか年金だけで生活が維持できる人たちだろう。

現在、50歳代と60歳代の方々は、まだ、年金を受給できていない方が多いはず。受け取る年金額も目ぼりしている。この年金額の現象は、若い人に不公平を与えるのだが今のシステムではどうしようも出来ない。

私達シニア層が若い方々に出来る事は、彼らがシニアに成った時にシニアとしてちゃんと働ける仕事場を創出してあげることである。年金で不足している金額ぐらいはシニアのために創出された仕事場で稼げるようにして上げたい。

そのためには・・・

今月末から海外に製品やサービスを販売したい企業向けの海外ポータルサイトサービスが始まる!

海外ポータルサイトも構築が完了し、検索で指定キーワードでトップページに表示されヒットされている。サービス契約書の完成し、NPO会員が使う営業資料も用意出来ている。既に、数社このサービスを利用したいという申込が発生している。テストマーケティングである。

「海外への商品紹介支援サービス」

60歳を過ぎると会社で働く機会が少なくなる。働く内容も自分たちの経験や知識が生きない単純労働になりがちである。今までの経験や知識を活かして働く仕事場を探しているシニアが大勢増えてくる。start-day

しかし、

そのようなニーズを満たしてくれる仕事が民間企業からは生まれてこない。政府機関は、NPOでその受け皿を作ろうとしていたり、シニア起業を支援したりしているがそれだけでは受け皿に成らない。

どうしたら良いのか。誰もが悩んでいる。

NPOの運営には、どうしても運営資金が必要であり売上と利益が出ないとNPOを維持すると同時に成長させることが出来ない。

この事実を理解している人は多いが、本当に切実に感じている人たちは、NPOの会計と理事長である。他のメンバーは、NPOの運営資金について何も心配をしていない。そのため、NPOは儲けてはいけないと心底思っている。

現実は・・・

globe私が参加しているNPO団体でシニアのためのウエブポータルサービスビジネスを始められそうである。このポータルサービスは、中小企業が海外に向けて自社製品やサービスを英語で情報発信できる仕組みが有る。

各企業が自前で英語サイトを制作できれば良いが、そのような人材が社内にいない。そのような状態で海外に向けて英語サイトを作るのは、荷が重いのである。このNPO団体では、できるだけ負担が少ない金額で海外市場を開拓したい中小企業に英語での情報発信の「場」と「人材支援」をするサービスをポータルサイトで行う。

work60歳を越えているシニアが仕事を探すには、まず、自分が何をどうしたいのかを理解する必要がある。

自分の趣味(園芸、コーチング、プログラミング、ライターなど)の延長線上で見つけることが出来るかどうかインターネットで調べてみる。

正攻法で仕事を探すのではなく、専門学校経由で手に職というやり方もある。年齢を採用の基準にしないで職人の技術を見て採用するような職業を検討する。

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。