Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

仕事場のスターバックスに向かう途中にマクドナルド店がある。今日もそのお店を横切った。お店の中を眺めながらいつも思うことがある。

「なぜ、シニアの男性が平日午前中のマクドナルド店に多いのか?」

シニアの女性が少ないのが目立つ。色々な事情があるのだろう。8月の終わりであるので学校は始まっているのだろう。学生がマクドナルド店に宿題を抱えて席を独占していない。

マクドナルド店の中でシニア男性は何をしているのか。

静かな時間を過ごすシニア男性

現在、年金支給年齢が65歳となっている。これが70歳を越えて75歳になるのではという記事が週刊誌に出ている。直ぐにはこんな変化は起きないだろうが、法律でそのように決められたら困るのはこれからシニアになる人達だ。こんな記事が出てくるということは、75歳年金支給という案が政府内の何処かで生まれているということだ。

年金の恩恵を最大限に享受するには、長生きをして年金を受け取り続けることしかない。年金受給前に死んでしまうと喜ぶのは政府である。年金受給年齢を伸ばせば、他界する人が増えてくる。

75歳まで働けるシニアはどれだけいるのだろうか?

夜暑くて寝れない。そんな問題に直面した時、冷房を使うのだが重い、冷たい冷風がますます寝難くする。室温が27度以下であれば、冷房などを使わないでそのまま寝れる。この2つ日間、室温が29度ぐらいで湿度が絶えられないほど高かった。

私は温度よりも湿度がいつも気になっている。温度が高くても湿度が50度以下ならばすごく過ごしやすい。この夏は、湿度が1日中65度以上だ。

夜寝るときに温度と湿度が睡眠を邪魔する。

冷房の使い方を工夫して問題解決!

建設現場の交通整理や監視をしているシニア労働者を見かけることが多い。暑い日に朝から晩までトラックの出入りや出入り口の監視の仕事をしている。1日中立っているだけでも疲れるはずだ。私は考えただけで2,3日はやれるがそれ以上はやれないだろう。

1日中立って行う仕事は、60歳以上のシニアが継続して行う仕事ではない。体力的に無理がある。数日はできても長期間は働けない。事務系の仕事であれば、椅子に座っていられる。営業の仕事でも自分で休む時間を作れる。介護の仕事でも休む時間がある。

外で行うガッテン系の肉体労働はその業界経験者でないと続けられない。今、建設ラッシュで建築現場の交通整理や監視の労働者が足りない。

仕事はあるがシニア向きではない仕事が多い!

埼玉県内に住んでいるシニア60歳以上(55歳早期退職者参加可能)という地域限定のシニアインターンシップ募集が始まっている。参加費無料。400名募集中。再就職先を探しているシニアに企業との出会いの場が提供される。人材紹介会社で興味のある会社の応募しても書類選考を越えられないシニアにとってチャンスである。

実際の会社で就業体験をしてお互いが気に入れば、再就職が可能になる。プログラム内容はこれだ。

再就職の機会を逃さない(埼玉県民の再就職希望シニア)

保土谷スポーツセンターのジムで筋トレをやってきた。高齢者が大勢いた。彼らの足を見たら、細い。老人の足はあんなに細くなってしまうものなのか。筋トレを長年やっている老人の足は、筋肉で力強い。この差はどこから来るのだろうか。

アクティブに動き回る人の体は、シニアであっても使う筋肉は維持される。筋トレをしているシニアは、普通の使い方以上に筋肉を使うので筋肉は成長して大きくなる。筋トレで頑張っているシニアの体は、長年筋肉を傷めつけては回復させ筋肉を大きくさせて来ている。

使わなくなった筋肉が多くなればあなたの体は枯れてくる!

「風邪、や〜ね!」という昔のCMを思い出すときがある。先程、くしゃみが続けて3回出た。風邪の引き始めだ。こんな時、このくしゃみを風邪の引き始めだと判断しないシニアは、あとで風邪で苦しめられる。シニアは自分で思っているほど免疫力と体力がない。

8月であるのにまるで梅雨の再来だ。気温も33度ぐらいから25度ぐらいまで下がった。気温の上がり下がりが急激であると体がついていけない。特に体が疲れているときは、風邪にやられやすい。

51歳の起業時から今日(62歳)まで1度も風邪を引かなかった!

我が家は、夕食後にデザートを食べる習慣がある。デザートは、ヨーグルト、チョコレート、果物、せんべい、ケーキ、または、串団子である。

先日、串団子をデザートとして食べたら、翌朝、妻から苦情が出た。もう、串団子をデザートとして買ってくるのを止めて!と。一瞬、何故なんだろうかと思った。納得がいかないので昨夜串団子を食べてみた。妻が文句を言ったことが体験して分かった。

串団子はお昼のおやつに最適だが、夕食後のデザートには向かない!

会社員ならば、定年退職が必ずやってくる。もし、定年まで働き続けられればの話だが。

今、59歳の会社員の心の中はどんな感じだろうか。定年退職まで後1年。定年後の生活をどのように過ごせば良いか考えざるをえない。多くの定年退職予備軍の社員は、心定まらずで何をしたら良いか戸惑っている。やりたい事がある社員は、それをやるための下準備を既に始めているはずだ。多くの59歳社員たちは何も出来ていない。

隣百姓のように同期の仲間がどのような老後の生活を送るのか参考にしようとしている。Aさんは、起業のするそうだ。Bさんは、知人の会社に再就職するようだとか。自分はどうなのか。自分には、やりたい事も再就職のツテもない。

時間だけが過ぎて行く感じだ。 

59歳のあなたには第二のキャリアを考える時間が与えられているはずだ!

世田谷区上北沢駅近くにあるファミリーマートのコンビニ店はスーパーマーケットよりも安い果物や野菜で近くの住民を引き寄せている。先日も大玉のスイカ(山形産)を1580円で買った。スーパーで買えば3500円以上もする。メロンも桃も安い。

このファミリーマートは、近隣の高齢者住民に人気がある。スーパーは線路をまたいでいかねばならないし、開店が午前10時だ。コンビニは朝早くオープンし、線路を渡らないでも安い果物や野菜が買える。この利便性を上手く使って高齢者が多い住民をお店に引き寄せている。

スーパーマーケットよりも近くのコンビニのほうが利便性が高いと老人は言う!

筋トレをやっている若者が小便をすると泡が出ると気にしていた。タンパク質尿であると腎臓障害が疑われるからだ。筋トレをやり続けていると筋肉細胞が傷ついてタンパク質を含む老廃物として体外に排出される。小便にその老廃物も一緒に排出されるので泡が出ると聞いている。これが事実なのか、どうなのか私はまだ確信を持てないのだが不安である。

一般的に腎臓病は、糖尿病、肥満になっている人たちが成りやすい。筋トレをやっている若者は、この分類に当てはまらない。筋トレを週二回やっている私にとって気になる病気だ。トイレで小便をする時に泡が出る時と出ない時がある。これも良く分からない。

タンパク尿で泡が出る、普通の尿で泡が出るの違い

義母の老健への入居後、一人で生活をしている義父のお世話(様子見)で家内の実家に1泊2日でやってきた。義父は元気に独身生活を楽しんでいるようだった。大きなスイカをコンビニで買って毎日食べて水分を取っているという。もうすぐ、92歳だ。実家の庭を見たら、連日の雨で雑草が伸び放題。まるで夏祭りをやっているかのようににぎやかだ

一度、庭の雑草の大部分を半日かけて綺麗に摘み取ったのだが、雑草は強い。あっという間に蘇ってしまう。人間は、雑草のように強く生きねばならないと感心した。

雑草の夏祭りで目立っている草木を取り除く

世の中は、「お金」だと思って生活をしている人達が多い。生活に困ると「お金」が無いからということになる。「お金」がたくさんあれば、こんなに苦労しないのに!「お金」があれば、食べたい料理が価格を気にせずに食べられるのに!「お金」が有ればで続く言葉がたくさん出てくる。生活の不都合が全てお金がないからという説明で解決しようとする。

確かに「お金」はないよりもある方が便利で、都合が良い。「お金」に対する欲求が強すぎるとお金第一主義に陥る。他人の目から見て十分お金を稼いでいるのにまだお金が足りないと思い続けている人たちだ。

ある米国人はお金持ちかどうかを聞かれた時にこう答えている。

”I am NOT rich, but comfortable in living.” 金持ちではないが生活をする上で快適だ。

貧乏な生活の中にも平等に幸せがある

朝起きたら、お湯を沸かしてインスタントコーヒーを作る。ネスカフェゴールドブレンドに牛乳を入れて朝食のお供にしている。ここで1日の最初の珈琲になる。

スターバックス店に朝出勤してブラックのドリップコーヒー(ショート)を頼む。ここで2杯目になる。ランチを済ませた後、別のスターバックス店に行く。おかわりのドリップコーヒーを注文する。ここで1日の最後の珈琲になる。

スターバックスのドリップコーヒーショートサイズ1杯でカフェインは、大体180mg。それを2杯飲むのでスタバだけで360mgのカフェインが体に入っていく。朝のインスタントコーヒーのカフェイン量は、1杯60mg。合計で1日420mgのカフェインを私は取っていることになる。

安全な1日のカフェイン摂取量はあるのか?

年齢にあった生き方があると思っている。

60歳代は、過去に縛られず自分がやりたい事で生きる。これが70歳代になると体力の衰えで新しい事への挑戦に気力がついていけなくなるのではと感じている。80歳代になれば、不自由な生活環境内で喜びを見つける生活になるのではないか。

62歳である私は、まだ、生活費を稼ぐという生活を続けている。自分が出来ることで生活費を稼いでいるので仕事次第で稼げるお金が変わってくる。それが今の生き甲斐になっている。 

5年毎に年齢にあった生活を考える!

私達が生きてきた時代は、高度成長時代であり、生き方の路線を世間が示していた。その路線に沿って生きていけばある程度のライフスタイルを謳歌できた。それは、有名大学に入学、卒業、大企業に入社するという路線だ。この路線をはみ出すと社会から異端視される。

終身雇用制度が生活の安定を保証していた。その代わり雇用されている会社を自分の家のように思って一生懸命働かないといけなかった。個人の自由や家庭の都合よりも会社の仕事を優先した。この社会の仕組みで世の中が上手く回っていた。

あっという間に時代は、2017年だ。

多様な働き方と生き方が選べる時代(昔の常識が崩れていっている時代)