Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

昨夜は夏野菜カレーを家内が作ってくれた。すごく美味しかった。明日の朝もそのカレーが食べれるのが更に嬉しかった。夏のカレーは腐りやすい。そのことを家内に言ったら、腐らないように冷蔵庫で保存していますという答えが返って来た。

私の知識では、温かいカレーをゆっくりと室温で冷ますとウェルシュ菌が増殖しやすい。温かいカレーが入った鍋を水道で冷やすことでウエルシュ菌が増殖する最適温度30~40度前後を急激に下げることが出来る。カレーの温度が室温より下がり、冷蔵庫に入れても温度が上昇しない状態にする。

この知識を家内に話したら、「あなたは神経質過ぎる!!」とカンカンになって怒られた。

何故、家内に怒られなければならないの、私!

お盆休みになる。高速道路でドライブに行く。大渋滞で辛い思いをすることになる。いつも実家の墓参りはお盆休みを意図的に外していっている。大部分の会社は、お盆休みを社員に取らせるし、公共機関の施設も休みになる。実家に帰省しない社会人は、都会のカフェでゆっくりとした時間を過ごす。

そのため、

仕事場にしているスターバックス店はいつもよりも混雑する。お盆休みは、カフェで仕事をすることをやめて別の場所を探すことになる。または、仕事はしないで頭にインプットする読書とアウトプットするブログを書くことにしている。

お盆休みはあまり動かないで近場でじっとしているに限る。

仕事を忘れて読みたいと思っていた本を楽しむ

認知症という病気には勝てない。認知症になったら、自分が自分でなくなるからだ。これでは、残りの人生を楽しめない。認知症になっていないシニアならば、人生を楽しめる機会がオープンになっている。目の前にあるドアをノックして入るだけだ。

個人差はあるが、自分の人生への感じ方でどうにでもなるように感じる。貧乏人、お金持ちの区別なく人生の楽しみ方は個人によって違う。その意味合いで、感じ方次第で人生を楽しめる。

70歳のシニア男性を知っている。この方は、筋トレが楽しくて楽しくてたまらないシニアだ。

人生の楽しみ方は人それぞれであるから平等だ!

夜の7時から8時頃になるとマンションの郵便箱にチラシ投げ込みをする人達を見かけることが多い。面白い事に同じ人ではない。大規模な集合住宅であるので郵便箱も沢山ある。1枚のチラシ3円で1000枚以上投げ込まないと大した稼ぎに成らない。1時間に1000枚投げ込めば時給3000円になる。大規模集合住宅であれば効率がよく投げ込みが出来る。

私が住む集合住宅は、約550世帯ある。投げ込みチラシが2種類あれば、1000枚投げ込める。これを1時間でやってしまえば、稼ぎの良いアルバイトになる。

チラシ投げ込みの回数が週に2回1種類のチラシで月に合計8回になると1ヶ月のアルバイト代が2万4000円だ。これが1回2種類のチラシであれば、倍で4万8000円である。

どのような人たちがチラシの投げ込みをしているのか?

人手不足で倒産する中小企業が増えていると聞く。人手不足で人件費が高騰し、収益性が低下し、人材の確保が難しくなり、生産性が落ちる。大企業は、技術革新で機械化を進めて雇用調整が出来るが、中小企業はそんな技術も投資も出来ない。

自然と会社は主婦と定年退職者に目が行く。

問題は、主婦は家を長時間離れて仕事は出来ない。定年退職者は、体力を要求する3Kの仕事は敬遠する。一般労働者と同じ労働を主婦と定年退職者に求めると人材は集まらなくなる。

シニア人材にとって今が売り手市場!

毎朝、近くの銭湯に行く高齢者を出勤時に見かける。62歳の私は、朝銭湯に行ったことがないが夏は毎朝冷たいシャワーをあびることにしている。夜は熱いお風呂ではなくシャワーになる場合が多い。夏は、お風呂よりもシャワーのほうが簡単でスッキリする。

多分、

シニアだけでなく若者たちもお風呂よりもシャワーを浴びている回数が多いのではないだろうか。これが冬になると温かいお風呂になる。ゆっくりと温めたいという体からの要求ある。夏はその逆で素早くスッキリさせたいためシャワーを体が求める。

足の筋力が弱まると高齢者はお風呂よりもシャワーになる!

NHKドキュメント72時間「海が見える老人ホーム」の番組を見て自分の老後を考えた。この番組で紹介された巨大老人ホームは、油壷エデンの園という老人ホームである。運営事業者は、社会福祉法人 聖隷福祉事業団である。介護付き有料老人ホームの中では大規模な施設になる。驚いたのは、共同墓地まで用意されている事だ。

私も海が見える老人ホームで余生を楽しめるかどうか、月の利用料金と入居一時金がどれほどかを探してみた。

子供たちに余計な負担をかけたくないという老人たちが選んだ場所「エデンの園」

60歳定年退職の会社はまだ多い。55歳の頃から会社はあなたに第二の人生キャリアを考えるよう色々な研修を提供する。人によっては、極秘に会社から特別なオファーが人事部から提供される場合がある。通常は、60歳で退職して会社を離れるのだが、あなたはこの会社で65歳まで年間更新で働けますよと。こんなオファーを承諾するかどうかはその人の人生観次第だ。

殆どの会社員は、60歳で会社を後にする。60歳定年後の生活を楽しみにしている会社員もいる。やりたい事がある人達だ。やりたい事がある定年退職者は、定年前から色々と準備をしている。そんな会社員はどんな事をしているのだろうか。 

60歳定年退職後の生活を楽しむ人達

老後一人の生活になった時、自分で自分の世話が出来れば自由快適な老後の生活が送れる。年金で生活が不自由なく送れていればの話だが。どちらにせよ、誰もが最後は一人の生活に直面する。そして、自分の家で一人生活が出来なくなる時がやってくる。

認知症になる。転倒して骨折し、介護ベッド生活になる。足の衰えで身の回りの世話が出来なくなる。突き詰めれば、一人で自分の世話が出来なくなる時だ。個人差がある。家族環境の違いもある。経済的環境も違う。

選択と決断

道を歩く老人の姿を見る。80歳前後の高齢者に見えた。背中が丸く曲がり、頭が前に垂れながらゆっくりと杖を突きながら歩いている。

80歳になるとこんな姿になるのだろうか!そんなはずはないと直ぐに打ち消した。家内の父、91歳、は頭が前に垂れながら歩いてはいない。足は衰えてゆっくりと杖を突きながら歩くのだが、背中も丸くなっていない。

やはり、

個人差があるのだろう。

80歳になった時の自分の身体イメージ

経営の勉強会に集まる50歳代から60歳代のシニアにちょっとした流行が目立ち始めている。筋トレだ!

経営者は、「体が資本!」だから健康に気を使っている。健康予防として人間ドックでメタボと判断された人は、運動を強く進められる。健康への投資を生命保険や医療保険にするのではなく、スポーツジムの月額料金に使い始めている。パーソナルトレーニングがスポーツジムの売りになっている。

地区のスポーツセンターで1回3時間300円の筋トレ

東京 20日 ロイター] - 7月ロイター企業調査によると、今後定年を65歳以上に引き上げる可能性がある企業が52%と過半数を占めた。(引用先:ロイター通信

大手企業は、既に定年を延長しているが必ずしも従業員が好むような形での労働条件ではないという。それが現実だ。同じ労働をするのに何故賃下げが起きるのか理由が納得出来ない場合が多い。労働条件が同じで賃金が下がる。なぜ?と思うのが当たり前だろう。 

まだ11%の中堅、大企業しか定年退職年齢を65歳まで延期していない!

原因が分からない疲れを時々感じる。この時期は、暑さで水分と塩分が知らないうちに汗と一緒に出ていっている。それが原因で疲れを感じやすくなっているのでは・・・夏バテなのかなあ?

朝起きた時に疲れが残る。熟睡が出来ていない感じもある。夜は熱帯夜、朝は日の出が早いためか目が醒めるのが早い。こんな事が繋がって体に疲れを感じさせているのかもしれない。

夏、疲れを感じたら何をしたら良いのか?

高齢者は年齢を追う毎に軽い靴に買い換えて行く。足の筋力、特に足を上げる筋力(腸腰筋)が衰えていく。この腸腰筋が衰えるとつまずき、転倒しやすくなる。それ故、高齢者は軽い履きやすい運動靴を常用し始める。

しかし、問題は解決しないで残る。

脚力を鍛えることをやらない限り、歩行でつまずき易くなる。根本的な問題解決をやらない限り問題はさらに大きくなる。私はこんな方法で意識的に足を上げる筋力を鍛えている。この方法を継続すると知らないうちに腸腰筋が刺激される。誰でも出来るのだが、辛抱して続けられるか、られないかで成果は違う。

誰でも簡単にできる私の腸腰筋の鍛え方

今日から連休が始まる。私にとってはあまり意味が無いが、会社勤めをしている若い息子たちには待ちに待った連休だ。連日の真夏日が続いているが、朝早く起きるとまだ気温が高くなっていない。窓から新鮮な空気が入ってくる。コーヒーの香りと味を楽しみながら今日もブログを書いている。

今日の日の出は午前4時37分であった。私が目覚めたのは、午前5時頃ではないかと思っている。寝室のカーテンから日差しを感じた。静まり返った朝は虫の声しか聞こえない。虫の声を聞きながらコーヒーを飲む。頭の中には何も無い空の状態だ。

私と同じようなことをしているシニア男性がいるに違いない。コーヒー好きのシニアだ。

コーヒーは健康に良い?

小規模マンションの管理人不在のためマンションの住民が生活で困るという問題が多くニュースとして取り上げられている。特にゴミや清掃の面で問題が多い。朝日新聞の朝刊に人材募集欄がある。時々、どんな人材を募集しているか様子を見るのだが、いつも目に付くのはマンション管理人募集広告だ。

マンションを購入する時に周りから言われたことがある。

30年先のマンション管理が見えているかどうか!