老後の生活と楽しみ方 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

63歳のシニア男性が70歳以降の生活を想像している。来年は64歳だ。実質、70歳になるまで6年ぐらいしかない。70歳になるまで生きているという大前提でどんな生活が待っているかを考えて見たい。

会社で働き続けているシニアが65歳を過ぎると雇用から解かれる事になる。年金をもらいながらアルバイトやパートをしながら小遣い稼ぎして空いた時間を今までやりたかった事に使っている。

ただ、

定職が無い生活に戸惑いを覚え始める。私が所属するNPO団体には、65歳を過ぎたシニアが入会してくる。多くは、暇な時間をもっと有効に使いたいという気持ちからだ。同時にどこかに定期的に行く理由を求めているからだ。70歳まで幸運にも働き続けられたシニアも何かを求めてNPO団体に入ってくる。

動機は様々だが、共通している事は暇な時間を何とかいしたい!自宅以外に定期的に行く場所が欲しい。

70歳なった時に仕事に左右されないライフスタイルを!

60歳で定年退職をして、65歳で雇用延長が終わり、完全に会社を卒業した65歳シニアは、毎日が日曜日という生活に突入する。毎朝、定時にスーツとネクタイを来て出勤するという習慣が突然消える。朝食を食べながらテレビを見る。家内は家事で忙しく動き回る。自分は新聞を読みながら何をしたら良いのだろうかと思いにふける。

会社という鳥籠から放された鳥は、空高く舞い上がったのは良いがランディングすべき場所が見つからない。そんな65歳シニアが大勢いるのではないだろうか。

会社時代は、日中の午前9時から夕方5時まで仕事で時間が使われていた。日中の8時間が65歳のシニアにとって悪夢になる。仕事をしていた時は、仕事がその8時間を埋めていた。今は、日中8時間を確実に埋めるものがない。読書をするにしても8時間ずっと本を読んではいられない。新しい生活のリズムを自分で作る必要がある。

仕事を失った65歳シニアの時間の使い方

今日の午後は、スポーツセンターに行って筋トレをする予定であった。自宅でランチを食べる前に時間があったのでNetflix配信中の”Good Witch”と言う米国テレビ番組シリーズを見ていた。見ていたら、あっという間に2時間が過ぎてしまった。筋トレに行くことを止めてスタバに直行し、仕事をしている。

Good Witch(グッド・ウイッチ)の番組を見ていると日本人にはない愛情表現がテレビドラマの中で見受ける。米国のテレビドラマだから当然といえば当然だ。このドラマをこの2ヶ月間ずっと続けて見ているが、見るたびに主人公のキャシーと恋人役のサムとの会話に見えない愛情を感じる。

見えない愛情が言葉のキャッチボールから生まれている。そんな見えない愛情が私たち夫婦の会話にもある。Good Witchのドラマを見てそれを発見した。会話がなくなったシニア夫婦が定年退職後に熟年離婚したとか、卒婚になったとかを聞く。

実は、私の妻は”魔女”。私は、彼女の魔法で虜になっている。子供の頃に見た”奥様は魔女”に出てきた旦那が私だ。家内には、不思議な力がある。磁石のように人を引きつける魅力だ。彼女はいつも多くの人に囲まれている。妻には人を引きつける魅力があるが、私にはそんな魅力がない。

この記事は長編になる。時間がある時にゆっくりと味わってくださいね!

熟年離婚や卒婚を避けるシニア夫婦の愛情の感じ方・伝え方

自宅にある自分のものを見てもう二度と使わない物が多くあるのに気がつく。多くは、過去の産物だ。自分の思い出として自宅のスペースを埋めてそのスペースを有効活用できなくしている。仕事柄、コンピューター関連の道具(パソコン、HDD、コード、バッテリー、DVD、記録メディアなど)があまり出番が無いのに置かれている。機器自体は、まだ、使えるのでいつか使うだろうと思ってそのままになっている。

現実の話、10年前に買ったノートブックパソコンが今の私の仕事で使えない。まだ動くが使わないノートブックパソコンが2台ほどある。もしも時に使えるだろうと残しているのだが、多分、もしもの時は来ない。

私の家には、まだ使える、万が一の時に便利、捨てたらもったいない、あったら便利、まだ着れる、昔の思い出、二度と読むことがない本などの理由で置かれている、使われない物がたくさんある。

まだ63歳で肉体的に若いので生活上で何も不自由はない。昔ほど物欲はなくなったが、仕事で使う物には絶えず目が行って買いたくなる。夫婦二人の生活なのだが、自宅には独立した子供のものが置かれている。長男はすでに子供ができた。完全に独立した家庭になった。私が65歳になる前に長男や次男のものを片付けようと思っている。

勝手に捨てると怒られるから事前に子どもたちに期限を切って知らせることにする。私が65歳になったら、子どもたちの所有物は自動的に捨てることになるから自分の住まいに持ち帰るようにと。

終活に都合が良いシンプルな暮らし

新卒者は、学生から社会人となるために会社組織で働き始める。定年退職者は、第2の人生を会社組織から離れて始める。新卒者は、社会生活をこれから学び、自分たちが夢見ている生き甲斐を探す。定年退職者は、自分を中心に人生を見直しこれからの新しい人生を試行錯誤しながら学ぶ。

新卒者には社会から羅針盤が与えられる。定年退職まで会社組織で生活すれば、65歳まで安心と安定した生活を得ることが出来るという社会常識という羅針盤だ。定年退職者は社会から人生のガイドになる羅針盤が与えられない。自分で自分の人生のための羅針盤を作らねばならない。

65歳という年齢で社会人としての節目を迎えて老後の人生を自分で描く立場になる。組織から離れてたった一人の人間として自分で生きる道を探す出発点に立つ。若者とは違い、65年という人生経験がある。その人生経験から自分が求める新しい人生を自分で見つける運命を授かる。

若者とシニアでは生き甲斐が違ってくる!

自宅をいつも午前9時頃に出る日が何度かある。そんな時に限って老人が私の前を歩いている。その姿が異様だ。野球帽、スーツ、そして、運動靴姿の老人だからだ。なぜ、こんなファッショになるかをいつも考えている。

その老人は、80歳を過ぎている感じがした。健康のために外出をしているのだなと思っている。70歳代の老人の外出時の姿は、ジャケット(または、ジャンバー)、リュック、運動靴が多い。スーツ姿を見つけるのは、稀だ。仕事をしている70歳代ならば、当然、ネクタイとスーツと革靴だ。

80歳を越えている老人はネクタイはしていない。仕事をしていない老人であることは確かだ。

野球帽(キャップ)、ネクタイ無しのスーツ姿、運動靴というファッション

年齢が80歳を過ぎるとどちらかが老健施設や老人ホームに入居する事になる。肉体の老化、認知症で自宅で生活が出来なくなる。家内の両親は、母親が老健施設でリハビリ生活を送り、父親が自宅で一人生活を送っている。私たち夫婦は、1週間毎に父親の生活支援で1泊2日で横浜から東京まで旅をする。

父親は、一人で老健施設に行けないため、私たち夫婦が自動車で父親と一緒に訪問面会をする。2時間ぐらいおしゃべりをして母親の状況を把握する。父親にとって週に1回の訪問は、妻に対する愛情表現の一部のようなものだ。どの夫婦でも長年連れ添って生活をしてくるとそれぞれの愛情表現が生まれる。 

人生の伴侶ほど身近な人はいない!

65歳まで1年余りだ。65歳になったら少し今とは違う生活をやって見たい。今は、日々の生活費を稼ぐインターネットの仕事に励んでいる。65歳になれば、年金という収入が死ぬまで入ってくる。この年金収入だけで本来は生活が出来るようにしなければいけないのだが、今の生活水準を急激には下げられない。

生涯現役を目指している私であるので働けなくなる体になるまでお金を稼ぐ仕事を継続し、作り出すつもりだ。年金収入は、働けなくなった時の保険金になる。

65歳からは、収入面で精神的に気が楽になる。気が楽になるので新しい事に挑戦したい。今の生活リズムを100%変えるつもりはない。余裕が出来た時間で今まで経験した事が無い事を始めたいだけだ。

刺激がある老後生活

私にはこんな感覚がある。70歳を過ぎると体の保証期間が切れて免疫力が弱くなり大きな病気になったり、体の不調が続いたり、運悪く他界したりする人が多いような感じがする。平均寿命が80歳以上であると言っても自分が確実に80歳以上まで生きられるというという確信は得られない。

私は、63歳であるが70歳に向けてちょっとづつ終活の準備を進めている。一番面倒なことは、デジタルデータである。

インターネット・パソコン・スマホを使っているシニアはデジタルデータを整理する必要あり!

シニアの孤独は避けられない。生まれたときも死ぬときも一人だ。これは運命だと諦めるしか無い。

ただ、

一人で生活を始める前までは、夫婦で一緒にいる時間を思う存分に愉しめば良いだけだ。遊び仲間がいれば、生活に潤いが生まれる。遊び仲間がいなくても一人遊びを見つけて愉しめば良い。何もくよくよする必要はない。

一人生活を始めても一人の生活を楽しむ方法を学べば孤独を癒やすことが出来る。孤独は、話す相手がいない時に強く感じる。夫婦二人で生活をしていれば、誰かが自宅にいるということだけで孤独は和らぐ。

孤独を意識しないでそのまま受け入れて生活するライフスタイルに慣れるしか無い。若い独身時代の生活を思い出してみる。独身時代はどんなひとり暮らしをしていたかを思い出してみると何かヒントが見つかるはずだ。

一人で孤独を楽しむ方法を探す!

嬉しい事が・・・初孫が今日の午前1時48分に生まれた。元気な男の子だ。長男夫婦の長男として生まれた。私も世間的におじいちゃんになってしまった。これで3世代が出来上がった。私たち夫婦の世代、長男夫婦の世代、孫の世代だ。私たち夫婦は、孫が何歳になるまでこの世に生きていられるかなあ!

孫が生まれるとこれから孫の世話を依頼される事になるだろう。同年代の知人や隣人を見ていると孫の世話で自分の時間が奪われているのが分かる。今まで暇な時間を過ごしていたシニア夫婦にとっては、嬉しい事だろう。面白い事に孫の世話を一切しないシニア夫婦もいる。これは家庭によって事情があるのだろう。

我が家はどうなるだろうか。

若さを保つならば、孫と友人関係を作るしかない!おじいちゃんと孫の関係ではだめだ!

シニアが意識すべき生活の質 QOL(Quality of Life)は4段階でやってくる。こんな段階だ。

  1. 自分の足で走れる生活
  2. 自分の足で歩ける生活
  3. 車椅子で動ける生活
  4. 自分で動けない生活

誰も長生きをすれば、この4つの生活の質QOL生活段階を体験する事になる。人生100年と見れば、自分の年齢が何歳になった時にどの生活の質QOL生活段階にいるかが分かる。足で走れる生活は、60歳代までだろう。70歳代は、足で歩ける生活だ。80歳代になれば、車いすでないと動けなくなる生活になる人が出てくる。90歳代になれば、自分で動けない生活になる。

自分の老後を楽しみたいならば、出来るだけ1と2の生活の質QOL生活段階を長くする方法を準備しなければならない。

走れる、歩ける生活を持続するためには・・・

60歳から75歳までの15年間は、まだ、体の自由が効き、普通の生活が出来る健康がある。この15年間のうちに心の奥底に隠していいた願望を実現できる。いつ、その願望を実現させるかはその人次第だ。ある人は、定年退職後すぐに1年間世界旅行をした。行ってみたいという国々を訪れて長年出来なかった欲求を満たした。

人それぞれの秘めた欲求がある。死ぬ前にできればその願望を実現したいと思うのは自然だ。定年退職後は、会社という縛りから解き放され、退職金を手にし、自由な時間を自分の思い通りに使える。

60歳を過ぎるとあと何年生きられるかと考え始める。平均年齢が80歳としたならば、運が良ければ20年ぐらいは人生を楽しむ時間があると考える。私が起業してあっという間に12年が過ぎてしまった。20年なんか "Time flies!(光陰矢の如し)"のように過ぎてしまう。

元気に動ける時間は思っているほど長くない!

92歳になる義父の親しい友人がまた他界したと老健施設に入居している義母に話していた。彼の友人で生存している人は、あと一人だけになった。それも認知症を患っているため話も普通にできないという状態だそうだ。長生きをしても友人、知人が先に他界していくと一人この世に取り残されたと考え始める。

彼はまだ私達の介護支援を受けながら一人で生活を自宅でしている。彼は彼なりに自分の余生を楽しもうとしているが、訃報の連絡があるとやはり気が落ちるようだ。どんなに仲の良い友人、知人がたくさんいても自分が長生きをしていくと徐々にこの世から消えていくと嘆いていた。

長生きを誰もが求めるが孤独を覚悟する必要がある!

政府は、年金受給年齢を65歳から70歳に上げるための準備をしている。誰もが予想できる政府の意向だ。年金財政が将来持たないという不安から来ているのだろう。今すぐというわけではないが、時間の問題でその方向に向かっているのは確かだ。

深刻な人手不足や社会保障費の増大から高齢者の定義を70歳に引き上げ、働き手の確保や医療・介護サービスの支給基準の見直し、また、保険料の負担を求めることなどを想定しているのではないかと推測される。つまり、リタイヤの年齢を引き上げ、現役として積極的に活用しようという意図があるのではないかと思われる。 (引用先:65歳は高齢者でなくなる?

元気な高齢者が働きたいと言っているのならば、働ける環境を政府は作ろうと「働き方改革」の啓蒙活動が今進んでいる。 

65歳から前期高齢者、75歳から後期高齢者!高齢者と呼ぶ年齢は65歳からだ!

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。