老後の生活と楽しみ方 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

61歳で老人とみられる私からみる「高齢者が抱える問題」は、体験を通してしかわからない。幸運にも私はまだ本当の高齢者問題に直面していない。普通の生活が出来ているからだ。でも、少しずつ問題が近づいてきているのを感じる。

健康、お金、生きがい

61歳という年齢は、まだ、現役でいられる年齢だ。知人の方から子供の子守をしてくれないかと頼まれたが、その気になれない。心がそれを求めていないからだろう。

自分がやりたいことは何か!

60歳代のシニアは、まだ、やりたいことを追求できる体力、気力、情熱がある。

60歳代はやり残した夢や憧れを実現できる最後の年代!

私が住む集合マンションは、560世帯だ。建築されてもう22年が経過する。昨年から今月まで管理組合の監査をやっていた。理事のメンバーを見て、皆歳老いてきていると感じた。私がマンションを購入した年齢は39歳だった。マンションの価格が下げ止まりと言われていたが下げ続いた。

でも、タイミング的にその時しかなかった。多くのマンション購入者は30代後半から40代前半であった。今、私を含めて住民の年齢が60歳を越えている。これから住民の老齢化による問題が集合マンションで増えてくる。老化は、住民だけでなく集合マンションにも発生する。具体的にどんな問題が発生するのか?

住民もマンションも高齢化して老化問題が発生する

最近、楽しみにしていることがある。昨年の3月からスポーツセンターや公園の鉄棒で懸垂をしている。ちょうど、懸垂をやり始めて1年が経過した。懸垂の運動は、週1~2回程度で疲れたら止めるという運動だ。最初は、懸垂が3回しか出来なかった。1年後の今月は、8回まで出来るようになった。

ちょっとして懸垂の目標がやりがいになり、私の健康と筋力を強化してくれる。

懸垂がシニアの目標になる・・・年齢に合わない体力を身に付けると自然と若返る?

横浜駅界隈を歩いていると美人で出くわす確率が非常に多い。横浜には、美人が集まっているのではと思うときがある。若い女性と付き合う機会を失った老人たちには、遠くから美人を眺めるだけで元気と若さをもらう。自分たちが若い頃は、体型が純日本的であった。胴長だ。今の若者たちは、私の子供も含めて足長の体型をしている。

足が綺麗な若い女性を眺めながら目が後を追う。若ければ、1杯コーヒーでもいかが?と声をかけるのだが。

日本人女性の顔と体型は欧米並になって昔以上に美しくなっている!

60歳定年退職後は、思いっきりやりたいことが出来る。年金が支給される65歳までは、生活費を稼ぐ仕事を見つけて老後の資金を蓄える。60歳代はまだ体力もあり、健康な場合が多い。子供も親離れしてシニア夫婦二人の生活になる。両親の介護がなければ、60歳から70歳の間に「やりたいと思っている事」をやるべきだ!

60歳代シニア夫婦の生活で思うこと

雪深い津軽平野の田んぼのまん中に、わずか100円で入ることができる源泉かけ流しの銭湯「100円温泉」がある。ここでは、先に湯につかっている人に硬貨を見せて料金箱に入れるのがルール。 」(引用先

弘前から車で30分のところにある津軽の100円温泉だ。

温泉は老人の憩いの場所、旅行では温泉がある旅館を選ぶ

jet

高齢者になると年金だけの生活になる場合が大半だ。仕事をしなくても生活が出来るならば、時間をどのように使うかが一番の関心事になる。独り身の老人であればあるほど残った人生をどうしようかと迷う。

シニアの楽しみに旅行がある。国内旅行は、身近な物だが刺激という面で何かが欠ける。海外旅行となると今まで味わったことが無い体験が沢山出来る。シニア夫婦にとって海外でのロングステイが流行っている。タイなどは、生活水準がある程度確保され、日本人在住者や企業が多い。

タイでロングステイする方法!

暑い夏は、Tシャツか、ポロシャツを着る機会が多い。この夏は、オーガニックコットンのT-シャツとポロシャツを買った。今までは、Tシャツやポロシャツは、100%コットンの繊維に拘っていた。コットンは肌触りが良いからだ。コットン製品の中には、オーガニックコットンを使っている製品がある。今までオーガニックコットン製品を使ったことがなかった。

ちょうど、無印良品のサマーバーゲンでオーガニックコットン製のポロシャツとTシャツが50%割引で販売されていた。価格がすごく安くなっていたので試しに買ってみた。

オーガニックコットンは肌触りが決めて!気持ちが良くシニアの肌にあっている!

定年退職して起業でビジネスを始める。数年が経過すると自分の手で生活ができるという自信がつく。こうなるともう二度と会社組織で働きたいとは思えなくなる。数年の起業で失敗すると自営の怖さを知る。もう一度、会社で働きたくなる。会社にぶら下がった生活が如何に楽な生活であるかを再認識するからだ。

だが、

年齢が65歳になると会社組織で仕事ができなくなる。年齢で雇用されなくなるからだ。

雇用は65歳が限界、あとは自分のビジネスを始めるしかない!

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。