シニアの仕事、機会、居場所、仲間、生活 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

シニアの仕事

go for it

私は、緑内障をわずらって20年以上たつ。右目の上半分の範囲が白くなってものが見えていない。左目の一部も緑内障になっているが右目ほどひどくない。仕事をする上では、まだ、支障はないがこの状況が悪くなれば今の仕事が継続できなくなることは明らかである。

シニアの健康問題は起業する上でリスクがお客側に生まれる。75歳を過ぎてビジネスを始めるのは、命が短いというリスクが生まれる。シニアが起業する時は、できるだけお客側にリスクが生まれない方法を考えるべきである。

お客側にリスクが発生しないビジネス

change your mind

65歳になると年金受給が始まる。多くて月額年金支給額が22万円ぐらいかもしれない。大多数は、17万円ぐらいだろう。企業年金が多く頂ける人は余裕ある年金生活が送られる。

だが、

多くの高齢者は、年金だけでは暮らせないというのが現実である。そして、余裕あるシニア生活をするには、お金を稼ぐ暮らしを続ける必要性がある。

これが大多数に高齢者の現実である。できるならば先行投資をしないでお金を稼ぎたいものである。それができる方法がある。お金はあまりかけないが自分の時間と新しいことを学ぶ苦労はある。お金は簡単には稼げられない。何をやるにしても苦労は付きものである。

お金を投資せず稼ぐ方法は・・・

internetbiz.jpg

65歳過ぎのシニアは生活困窮者にならないためにも時間を味方にした独自ビジネスを今から考えて実行した方が良いだろう。初期投資もあまり発生せずに自分のビジネスを行うには、インターネットを活用したビジネスが一番良い。

気軽に参入できるインターネットビジネスだが、それだけ競争が激しいのも事実である。

でも、シニアの強みを最大限に活用すれば時間を味方に出来る。シニアの強みとは何であろうか。

起業する上でのシニアの強みは年金収入と自由になる時間である!

future

60歳を越えて起業するとこんなリスクも考慮しなくてはならない。

突然の不幸というのは誰にでもやって来る。加齢による体調不良や病気などでお客さんに迷惑をかけない仕事でシニア起業を考えることだ。

シニア起業には色々なリスクがある。多くのシニア起業家は、一人でビジネスを始める場合が多い。一人社長のビジネスは、体が資本になる。健康で元気な体をどう維持していくかが問われる。

シニア起業の一番のリスクは、本人の健康である。健康を害したら、迷惑が行くのはお客様である。迷惑が行かないような仕事で始めることを考えると安心して仕事に専念できる。

どんな仕事であれば、シニア起業家にとってリスク対策になるのか?

自己完結型の仕事で起業するならば、GoogleのAdsense(広告クリック収益)!

自宅から出て友を作る場所に行く

仮に65歳まで継続雇用されたとしてもその後はどうなるのか。60歳定年の時に悩んだ事が再来する。年齢だけが加算されて直面する問題は変らない。

多くの定年退職者や再雇用を終えたシニアは、必ず、この問題に直面する。65歳以降に好きな仕事で働くにはどうしたら良いか?

年金の額を見て老後の生活に不安を感じるシニア・・・仕事を探し始める

高齢者が仕事を探すには

64歳の私が雇用先を探そうとしても今の社会はそれが簡単にできない。健康で体力もやる気もあるのに社会は働く機会を閉ざしている。64歳という年齢が障壁となっているからだ。年齢という問題は、64歳を過ぎたシニアについて回る。仮に60歳で新しい仕事にありつけても、65歳で雇用解除になる。年齢が理由だ。

年齢がシニアに仕事を与えない。心配事は、「年齢で仕事が見つからない、出来なくなったらどのようにしてお金を稼ぐのか?」である。

年齢が障害にならないインターネットの仕事に挑戦してみる!

余裕のある年金生活は月額30万円以上

朝日新聞の広告に雑誌の紹介があった。「70歳の暮らしと生活・・・」というタイトルで年金、相続、葬式、老人ホームなどをまとめていた。

この雑誌は、老後の生活で経済的に余裕がある高齢者をターゲットにしている雑誌であると思わざるを得なかった。多くの高齢者は、この雑誌で提供する情報を有効に活用できない経済状態にいる。

年金生活で足りなくなるお金を稼ぐビジネスの種を見つける雑誌であれば、多くの年金生活者が喜ぶ。これから年金生活に入るシニア、すでに入っている高齢者は年金で足りなくなる収入を得るビジネスの種を探す必要がある。

今、年金生活の高齢者が求める情報は年金収入にプラスするお金の稼ぎ方!

雇用は期待しないで自営を目指す事

再雇用で同じ会社に勤務している会社員も65歳で仕事をやめる運命にある。その後は、会社にもよるがアルバイト勤務で時間給の仕事になる場合がある。多くは、65歳で雇用されなくなる。

シニアが雇用されない年齢になったら何をすべきか?

いつか必ず雇用されない年齢になる。好きなだけ仕事つ続けられる会社がたくさんあれば良いのだが、そんな会社は稀である。雇用されなくなったシニアに残された道は、どんな道であるかを考えてみたい。

雇用されないシニアが働き続けるには?

60歳、65歳で定年退職したシニアは、仕事を探すのだがいつまで立っても新しい仕事が見つからない現実の壁にぶつかる。誰もが同じ壁にぶつかるわけではない。すぐに仕事を見つけるシニアもいる。新しい仕事を見つける目の付け所と気構えが違う。世間一般的な仕事の探し方ではいつまで立っても新しい仕事はやってこない。

新しいことに挑戦

シニアは、新しいことに対して積極性に欠ける。分からないことには、関わりたくない。新しいことを受け入れて追求するという姿勢のシニアは少ない。

新しい仕事を見つけるには、人材登録会社などに頼らないことだ。自分で働きたいという会社を見つけて直接その会社の社長にアプローチすることである。それを可能にする方法を考えて準備する。それが出来るシニアは、時間の問題で新しい仕事を見つけられる。

自分がやりたい事、それが出来る会社を探しアプローチし続ける

人生に迷う時が誰にでもある!

51歳で会社を退職して起業という道を私は選んだ。起業は、自分がやりたいことであった。起業して13年が終わろうとしている。この13年間に天国と地獄を味わう。私が勝手に天国、地獄と言っているだけであるかもしれないが、すべて新しい体験であるがゆえそう思うのである。

startup

会社を退職して独立するには何が必要なのかと誰もが考える。13年間の起業を振り返って考えると一番必要なことが頭に浮かんでくる。起業した人たち、それぞれ、違った事を浮かべるかもしれない。

独立して自分で生計を立てるには起業で1発勝負のギャンブルをしないことである

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。