高齢者の健康、体力、筋力、精神状態 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

横浜ジョイナスの地下街を歩いていたら、前を歩いていた老夫婦が見えた。足下を見たら、奥さんらしきおばあさんの靴がハイヒールであった。 

おばあさんでも若い女性が履くハイヒールを履くんだ!

 老人は運動をしても筋肉が増えないという話がある。これは、真っ赤な嘘である。 私はもうすぐ61歳に成る。毎週1回近くのスポーツセンターに行ってウエイトトレーニングをしている。おかげで人間ドックで推奨された標準体重近くまで体重を落とすことが出来た。

さらに、

懸垂を始めたおかげで広背筋の筋肉が増えた。両腕脇にある筋肉をカラダを引き上げる時に使うのでその部分が筋肉で盛り上がってきた。懸垂は、非常に負担が多い上半身の筋肉運動であるため効果が出やすい。60歳代でも私のように筋肉を増やすことが出来る。

老人は運動しても筋肉が増えないというのは真っ赤な嘘である!

筋肉を増やすには筋肉運動の習慣化とタンパク質の食事を取ることだ!

見えない病が精神面からやって来る。孤独である。色々な事情から独りで生活をしなければならなくなった高齢者。独りの生活でも孤独にならない老人、孤独に悩まされる老人がいる。 夫婦で生活をしている時は、まだ、幸せな時期である。どちらかが、普通の生活が出来なくなる、又は、他界すると孤独の世界が襲ってくる。

孤独をどう楽しむか?その方法を探す!

路上でアルバイト女性が広告宣伝のためにチラシを配っていた。近くを通る老人にチラシを手渡そうとしたら、「要らん!」と怒鳴られた。 普通の人の反応ができない老人が多い。吠えている犬を突然蹴る老人もいる。電車の中で大笑いしている学生に「静かにしろ!」と罵倒する老人。多くのシニアを外出先で見かける時代だ。

モンスター老人は、人生の老人として敬われる手本ではなく異常な反応をする老人を言う。

なぜなんだろうか?

平均年齢70歳のNPO団体のメンバーの多くは、いつも階段を使わずにエレベーターを使う。上がるのは大変な事は分かっているが降りていく階段ぐらいはと思うのだが・・・老人は言葉に出せない理由ある。

足が原因だ!

闘病をしたときにいつも思う事がある。普通の生活が出来る事がどんなに幸せであるかを!病気で普通の行動が制限されると自由が束縛される。今までの生活がどんなに幸せであるかをその事が思い知らせてくれる。

幸せの感じ方は苦しんだときに分かる

この写真を見て何も感じないシニアの男性は、性を感じる機能が衰えている高齢者男性である。男の性欲は、若さのバロメーターと言われる。女性は更年期を過ぎると女性ホルモンが急激の衰えて性に対する欲求も減少する。男性の更年期という物があるのか、無いのか分からないが、性に対する欲求でそれが分かるのでは無いだろうか。

老いてくると体の変化に気がつき始める

pull up senior

60歳でも懸垂が出来るようになるか?答えは、「はい!」である。私は、今年の3月頃から懸垂のトレーニングを始めた。身長が181センチ、体重が76キロ。週1回ジムでウエイトトレーニングをしていたが、懸垂はやっていなかった。中学生の頃、10回ぐらい出来た記憶がある。

ジムで試しに何回できるかやってみた!

60歳になっても練習すれば懸垂は出来るようになる!

NPO団体のグループ定例会に毎回参加している。60歳から80歳以上の人生の先輩たちが集まる。彼らの側面を見ながらシニア学を勉強している。一言で言って個人差がありすぎる。老いてくると頑固でわがままになると言われる。そんなシニア会員は確かにいる。一方で何事も柔軟に積極的に物事に対応しようとするシニアもいる。

その個人差が目立つ定例会は面白い!

言いたい事を言って何も自分でやらないシニアが多い!

いつも、スターバックスでパソコンを見ながらコーヒーを飲んでいるシニアを見かける若い人(会社員)は私の事をどう見ているのだろうか。朝は、会社が始まる午前9時前にスターバックスのテラス席でコーヒーを飲んでいる。その前を通り過ぎる会社員たちが多い。

あの人、毎日何をしているのだろうか?

座骨神経痛という言葉を老人たちがしきりに言っていたことを思い出した。多くのケースは、椎間板ヘルニアから発生する場合が多いという。加齢から来る椎間板ヘルニアなのだろうか。左の腰から左足膝まである角度で動くとしびれを感じる。座って立つ時にもしびれを感じる。夜寝返りをする時にもちょっと痛いしびれを感じる。

椎間板ヘルニアは自然治癒する場合が多いという!

高齢者は、肉を食べることから離れる。肉から魚、そして、野菜と粗食になっていく。食欲が若い時ほどなくなってきているからだ。そばやうどんを好む傾向が強い。私自身も最近肉から魚に移ってきている。若い頃は、ステーキが好きであった。健康を気遣って牛から豚、そして、鳥に移ってきている。

60歳から筋肉が急激に衰えるので筋肉を作るタンパク質が必要だ!

熟睡が出来ているのだろうか?最近、熟睡が出来ていない感じがする。シニアになると睡眠が短くなると言われるが、私はどうだろうか。平均的に8時間は寝ている。特別に朝早く目が覚めると言うことはないが、午前3時頃、目が覚めることが時々ある。

熟睡する時は、必ず、ウエイトトレーニングをやった日だ。体の筋肉全体が疲れている。そのため、カラダが早く寝てくれと言っているからだ。

新陳代謝は寝ている時に活発になる!

老いてくると入れ歯をする人が多くなる。歯の手入れが不十分なため虫歯になったり、歯周病になったりして自分の歯が失われて行く。遺伝により歯が強い人とそうで無い人。生活習慣で健康な歯を台無しにしている高齢者もいる。

歯は、生きて行くために必要な食べ物をかみ砕く道具である。この道具がないと普通の食事が出来なくなる。それは、寿命を短くする第一歩である。

歯石を取る

介護の話題が新聞を賑わせている。両親の介護で会社を退職して介護に専念したら、老後破産状態になったという記事が多い。又は、親の介護をやり始めたら仕事が出来なくなったとか。介護の負担で自分も体調を崩して職を失ったとか。介護が原因で子供たちに余分な負担が行く。

介護の世話にならない体作り

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。