高齢者の健康、体力、筋力、精神状態 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

朝起きて朝食をとったあと、体の調子が思わしくない時がある。特に胃の調子や腸の調子が悪いと体全体の調子がおかしくなる。胃や腸は栄養を取り入れる場所なので体への影響が強いのかもしれない。そんな状態の時、何かをやろうとしようとしてもやる気が強まらない。 

シニアは年齢で体が弱くなる・・・何時までも若くない!

歩いているときに時々つまづく時がある。つまづいて転びそうになる場合もある。誰にでも起きそうな事だが、高齢者がつまづくとケガをする場合が多い。つまづいて体がよろけるとよろけた体を元に戻せずそのまま地面に倒れてしまう。その時に腕を骨折してしまう場合が多い。

腸腰筋の衰えから来るつまづきによる転倒!

腸腰筋を鍛える事で「ずり足を予防」

furahagi massage

ふくらはぎを鍛えると健康になると言われる。ふくらはぎは下半身の心臓だ。第二の心臓とも言われている。重力で血液が下半身に溜まりやすい。溜まった血液を上半身に上げるポンプの役割をふくらはぎがしている。体の健康は、新鮮な血液が支障なく循環しているか、していないかで変わる。高齢者は特に血液の流れが悪くなる。運動不足になるからだ。

ふくらはぎの運動後に行うマッサージは重要だ!

脚力が衰えてくる老人は、第二の心臓の力も衰えていく。歩く事で第二の心臓が血液を体全体に行き渡らせる事が出来るからだ。長い間歩いたり、長距離を歩いたりするとふくらはぎが疲れてくる。このふくらはぎを鍛えると足の疲れを軽減する効果があり、同時に血液の循環をよくする。 

シニアはふくらはぎを意識して鍛える必要がある!

ラブホテルが高齢者で満室になるなんて時代が到来するかもしれない。シニアの人口が増加しているためラブホテル側もそのニーズを当てにしている。シニア同士から若い女性、男性とシニアのカップルまで幅広くニーズを拾い始めている。

シニア同士の一時お休み処ホテル体験は老人を若い気持ちにさせるのでは?

Colonoscopy

大腸内視鏡検査を終えて今日診察結果を聞いた。良性ポリープ(線種)が2つ見つかった。内視鏡検査の時に細胞の一部を切り取って調べると言うことがなかったので多分大丈夫だろうと思っていた。私は、それよりも大腸内視鏡検査は検査後の腹痛のことを一番心配していた。

大腸内視鏡検査よりも検査後のお腹に入った空気が問題だ!

私はお風呂に入る前と朝起きた時に自分の体重を計る。61歳、180センチの身長、体重76キロである。夜は、1キログラム増加して、朝は1キロぐらい体重が減る。体の水分の量が変わるからだろう。人間ドックでは、適正体重が73キログラムと言ってきているが、自分の感覚では74キロ前後が最適だと感じている。

朝と夜では1キログラムの違いがあるから、理想の体重は、74.5キロぐらいかもしれない。

体重の増減は健康チェックの上で重要だ!

IMG 20160310 161042

今日は、横浜市立市民病院に行ってきた。大腸内視鏡検査の予約であるが、カプセル内視鏡検査に出来ないかという交渉をした。担当の医者は、なかなか良い返事をしてくれなかった。カプセル内視鏡検査を受けるには、胃カメラや通常の内視鏡検査をやっても分からない場合だけだそうだ。私の場合は、この対象にあたらないという。

大腸内視鏡検査を受けるための準備

colon cancer

大腸内視鏡検査は、2008年に一度受けた経験がある。2回の検便で1つが陽性になったからだ。初めての経験であった。結果は、綺麗な腸でしたという事で問題なし。疣痔を持っているため疣痔からの血液が混じっていたのだろう。

大腸ガンは早期発見が重要だそうだ。早期に発見できれば、問題なく治療できるガンだという。

大腸内視鏡検査は嫌だけど60歳を過ぎたら受けた方が良い!

会社を退職し、独立してから人間ドックは欠かしていない!体が資本であるからだ。

61歳になって自分の体の状況を知る機会が人間ドックにある。私は、1回4万円以上もする豪華な人間ドックは利用しない。内容を見て本当に必要な検査項目だけに絞っている。

60歳を過ぎると老化現象が顕著になる!

60歳、70歳、80歳でも筋肉は筋力トレーニングで増え続ける。筋肉を増やしたいと思っているシニアは、今から一寸づつ継続的に筋力トレーニングを始めるべきだ。

60歳の時に懸垂をやったら、3回しか出来なかった。懸垂を意識的に1年間やり続けたら、現時点で8回一度に懸垂ができるようになった。広背筋や脇のあたりの筋肉が肥大し始めている。筋力トレーニング(上半身のスクワットと言われる負荷が高い懸垂)をやるだけで効果を体感できる。

1年間、欺されたと思って懸垂をやり続けてみて下さい!

yubinkyoku mimamori R

年老いた両親から離れて生活をしている高齢者は、子供として両親のことが心配になる。自分の年齢が60歳を越えれば、そろそろ両親の介護のことを心配し始める時期である。年老いた両親が独立して生活していて、会いに行くにも時間がかかり、距離がある場合は十分目が行き届かない。

郵便局の見守りサービスのパンフレットを郵便局で見つけた!

近くのマンションビルを修繕している作業員を見ていたら、結構歳を食っている作業員が働いていた。どう見ても70歳を越えているように見える

でも、

表情と動きは、輝いていて機敏な動きをしていた。体をいつも動かしているからだろう。

自分の仕事がある人とない人では顔に輝きの違いがある!

歳を取れば取るほど健康寿命が一番重要になってくる。どんなにお金や資産があっても健康でなければお金を使って余生を楽しめない。介護施設で生きているだけの人生なんてつまらない!

シニアが求めるのは、健康な体である。 体が普通に機能して普通の生活が送れることだ。上の写真を見て、性欲を感じる感覚がある男性ならば正常だ。性欲を感じなかったら、性欲本能が低下してきている証拠である。若さは子孫を作れる力にある。

体が資本だ!

83歳の義母をAUショップまで連れて行った。歩きながら話をしたのだが、途中から義母が歩きながら足がぎこちなく感じると言い始めた。年末から正月まで自宅の中で動いていただけで外を歩くことがなかったという。今日が始めて歩いたという感覚だそうだ。

70歳から80歳を越えると足の筋肉が急激に衰える!!

20代から50代は、社会での競争で明け暮れる。相手は、その年代の人たちだ。会社ならば出世で競争。事業ならば、売り上げと利益で競争だ。絶えず、競争する相手がいる。それは、自分ではなく他人の場合が多い。他人との比較で強い、弱い、偉い、偉くない、金持ち、貧乏といった感じだ。

これが、60歳を過ぎると一変する!!

自分の寿命が見えてくると・・・

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。