老後の生活と楽しみ方 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

あるビジネス勉強会で生活に困っていない年金受給者のシニアがやってきた。大企業のOBであるため、企業年金、厚生年金、そして、基礎年金で生活が十分できている。別に仕事を探さなくても毎日好きな事をやって余生を過ごせるのだが、彼曰く、「遊ぶことに飽きてシニアのためのシニアの仕事作りに興味を持った!」ために今日ここに参加したという。

お金に困らなければ働く必要もないのだが、何かしていないと精神的にも肉体的にも良くないという事みたいだ。

老人は5歳児になって遊び続けられない!

終の棲家を探すシニアが増えているという。自分で購入した都内の分譲マンションや住宅を売って老後の生活費を賄うという。次に住む家を賃貸住宅にするか、格安中古リゾートマンションにするかで老後の生活は変わる。

数十万円で買える格安中古リゾートマンションがシニアの目に留まり、購入した場合にどんなリスクが生まれるのだろうか。

不動産会社が安売りに走る理由がある!

日本の労働者の働き方改革が始まろうとしている。従来型の働き方、午前9時から午後5時30分、会社に通勤して残業。そんな働き方からリモートワーク、自由な仕事場、労働時間よりも労働生産性。さらに、副業解禁、他社での兼業や社内での兼業が出来る労働環境が生まれてきている。

政府は、シニアの労働力をもっと活用したいと思っている。定年を60歳から65歳に延長させたり、定年を廃止したりする選択が企業側で実行できるようになった。

しかし、

シニアの働き方で何か新しい動きがあるかはまだ分からない。

シニアが働きたいと思わせる労働条件と環境が必須だ!

シニアの余生を楽しませる自分だけの「ご褒美システム」を考える。「ご褒美システム」とは、何かの目標を決めて、それが達成されたら自分にご褒美をあげる仕組みだ。ご褒美は、事前に自分で決めておく。目標を決めて、ご褒美を決めて、Go!達成できれば、自分で自分のご褒美を頂く。単純な「ご褒美システム」である。

今、欲しいノートパソコンがある。サムソンがこの4月に米国で販売するChromebook Proと言うノートパソコンだ。$549する。米国のアマゾンで購入することになる。Windows OSではないノートパソコンだ。AppleのMacに乗っているiOSでもない。GoogleのChrome OSだ。ChromebookのOSは、マルウエアを寄せつかせないのでウイルスソフトが要らない。OSのバージョンアップで毎回再起動をさせない。電源を入れてから10秒以内にパソコンが使えるようになる

サムソンの新しいChromebook Proを「ご褒美システム」の餌にしてこれから達成したい目標に挑戦したい。

ご褒美システム」の目標は日単位、週単位、月単位、年単位、どれでも良い!

得意なことは作ることが出来る。初めてのことでもやっている内に好きになれば得意なことになって行く。今、自分に得意なことが無ければ、作れば良い。時間はあなたが他界するまである。そう思えば、やれることは沢山あるはずだ。言葉で文字で言うのは簡単かもしれないが、私は今の仕事を始めた時、得意でも好きでもなかった。

誰かが、「思考は現実化する」と言っていたことを思い出す。強い思いが脳裏に居座り続けると何故かその思考が現実化してくる。今、新しいビジネスとしてやっていることが売上として着実に現実化してきている。脳裏から離れていないでやり続けている。

「得意な事と好きな事」は続けられる!そこに夢を現実化させる秘密がある

春一番の風が吹き始めた。老人たちも自宅を出て公園に向かう。公園のベンチに陣取った老人たちがあちらこちらに見える。あるグループは、いつものゲートボール試合をしている。老人の男性たちは、グループでいるよりも一人ベンチで公園の風景を眺めている。

人生の終焉を待つだけの老人たちの目には、如何にして残りの人生を楽しむかという命題だけが残っている!

健康なうちに老人が楽しめる事!

政府は3日、民間の空き家を高齢者、子育て世帯向けの賃貸住宅として活用する制度の創設を盛り込んだ「住宅確保要配慮者賃貸住宅供給促進法改正案」を閣議決定した。新制度は空き家の持ち主に協力を呼び掛け、高齢者らの入居を拒まない物件を地方自治体に登録してもらい、自治体が提供する物件情報を基に入居希望者が物件を探す仕組み。(引用先:高齢者らに空き家賃貸=供給促進法改正案を閣議決定 jiji.com)

持ち家を持たない高齢者が大勢いる。新しい住処を探そうとしても大家から断られる。孤独死を恐れる大家が多い。孤独死をした部屋はクリーニングや改装費用で金銭的な負担が大家に行く。団塊の世代の高齢者が2020年に向かって増加する。その中には、きっと住む家が見つからないで困っている高齢者がいるはずだ

高齢者らに空き家賃貸=供給促進法改正案は、ひとり暮らしの高齢者に救いの手を差し出すサービスだ。

安心して生活が出来る住居が確保できないと高齢者は行き場を失う!

夢の中でお金を汗水たらして稼ぐ必要がなくなった自分を見る。生きて行く上で必要なお金を稼ぐ必要がない状態になった自分だ。働く必要もない。お金、お金といつも考える必要もない。お金を稼ぐという欲求、尻に火がついた精神状態、そんなストレスから開放された自分の姿を夢の中で見る。

お金が十分あれば、幸せなのか?答えは、私の夢の中にあった。

お金は墓場まで持って行って使えない!

51歳の時に起業をした。それから早10年が経過した。自営業として生活は成り立っている。61歳の時に厚生年金と企業年金の支給が始まった。年金の有難みを感じた。過去に積み立てていた年金(給与から強制引き落とし)がやっと自分の懐に戻ってきた感じだ。

自営業の収益を第一の収入源として考えると年金収益は、第2の収入源だ。今、第3の収入源を構築している。安定した生活をするには、定期的に懐に入ってくる収入源が沢山あったほうが良いからだ。

100歳まで生きると仮定して62歳になった今年、ビジネスに生き甲斐を求めている。

自分の中に隠れている潜在能力を開花させたい!

若い時と違って60歳を過ぎると身体の老化と寿命から来るリスクを肌で感じ始める。若い頃は何も気にしていなかったことが急に不安になり始める。昨日も家内からこんなことを言われた。

「早食いと大食いはシニアの寿命を短くするよ!」

確かに、私は大食いで早食いである。今は、腹八分目を目標に食べる量を意識して制限している。昨日から食事に20分以上時間をかける努力をしている。

大食いを止めるには食事に20分以上時間をかける事だ!

老夫婦の生活を考えると生活は日増しに不自由になる。90歳の義父と85歳の義母は、自分たちだけで今の生活を維持していく限界に来ている。普通の生活の基本として炊事、洗濯、家事、掃除が自分たちで出来なくなったら第三者の支援を求める時期になる。

自立した生活を維持させるようにするにはどのようなことを支援すれば良いのだろうか?

老夫婦の自立を優先した生活支援プラン

自宅から最寄りの駅まで20分ぐらい歩く。途中で何人かの老人が赤信号無視で左右の確認をせず道路を渡っているのを目撃する。ほとんど毎日そんな赤信号無視の老人を見かけている。70才代から80歳代の老人が多い。特に足が達者なシニア女性が赤信号無視で道路を渡っている。

いつも、思う!なぜ、老人は信号無視で道路を渡るのだろうかと。

目の前が安全ならば・・・

昨年から機会があれば買いたいと思ってタイミングを待っている製品がある。ChromebookというChrome OS搭載のパソコンだ。Chromebookの良さは、10秒以内に起動してすぐに使える事、ウイルスソフトなどはいらない事、そして、OSのアップデートはWindowsOSよりもシームレスに軽くやってくれることである。最後に価格が安価である点だ。

日本では古いChromebookしか販売されていないので米国のアマゾンからの個人輸入になる。円安であるので円高になる時期を見ているのが現状だ。それと、2017年1月中に発表される新しいChromebookも購入対象にしているので2017年中に購入できれば良いと思っている。

どんな用途にChromebookパソコンは便利か?

今日は2017年12月28日だ。あと、3日で2016年が終わる。2017年は直ぐにやってくる。12月は、突然訪れた家内の母親の介護で明け暮れた。幸運にも容体は回復し始めたが、誰かが見守る状態でいる。来年は、介護ベッドで筋力が落ちた足をリハビリさせることになる。

年末から正月三ヶ日は、家内の実家で生活を続けることになる。

来年からのワークスタイルをどうするか?

ファミリーマートやその他コンビニで男女の下着が販売されている。価格も手頃で品質も悪くない。あるスポーツジムの知人から面白い知恵を頂いた。ワークアウトで使う男の局部をサポートする下着にファミリーマートの女性用ショーツが最適であると。以前、サッカー選手がサポート下着として女性用ショーツを使っていると聞いたことがあった。

物は試しでファミリーマートに行って女性用ショーツを買ってきた。

女性用ショーツはジムのワークアウトで使うサポーターで役に立つ!

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。